LOVEバリ: 観光村としてのサヌール復興

LOVEバリ : 観光村としてのサヌール復興
INDONESIA TODAY

LOVEバリ … インフラのない建築: サヌールでは 建設 ラッシュが 続いている。想像し難いだろうが、かつ てサヌールは バリ観光産業の きっかけ、美しい 天国のような この島で 一番の リゾート地 だった。そして 金持ちや 著名人が 休日を 過ごす場所 と なっていた。
サヌールには 数多くの スーパースターが 訪れていた。例えば 散歩と バー 巡りをしていた ミック・ジャガーだ。ホテルや レストランの 壁 には、時間が 過ぎ去ると 共に 失われていった 黄金時代の 思い出 として、何百もの スター達と 共に 写った モノクロ写真が 飾られてある。バリは 今もなお 著名人を 惹きつけているが、ヌサドゥア の豪華な ヴィラで 過ごす 傾向がある。それで、時間と 共に サヌールは 静かな 区域 と なってしまった のである。
混沌とした夜のスミニャックやクタと比較するならば、サヌールで暮らし、またそこで働く人々にとっては今の環境の方が幸せのようだ。このことは、サヌールに 来る観光客にとっても良いようだ。多くの観光客が、心を落ち着かせてくれる自然、せわしなくない道、相応の物価を気に入り再び訪れている。サヌールはここ 数年、図らずして治安の良い、観光客がそれほど多くないとはいえ良いリゾート地となっている。これはぼったくらないホテルやレストランが長続きしていると いうことからも見て取れる。

観光村としてのサヌール復興

サヌールビーチ、バリ観光、観光地, LOVEバリサヌールは他の 観光地とは違い、本当のバリを感じることができる場所であるため、落ち着いていて独特だ。ホテル、スパ、レストランのスタッフは大抵バリ人であり、地元出 身だ。将来的に、部外者からの影響が少ないというこのことが、バリ住民の日々の様々な点で結果として出てくるだろう。ビーチは宗教儀式やバリ建築に溢れた 散歩コースの中心地で、ほとんどの道には特産品を売る屋台があり、他の観光地にはないものとなっている。
今 のところサヌールビーチは良い環境を保っているとはいえ、復興プロジェクトがいくつか持ち上がっている。顕著なものはマルタサリビーチ・プロジェクトで、 販売所としてもはや適さなくなった屋台のような建物を、しっかりとした建物に建て直すというものだ。

バリのパレード、伝統文化住民も地域の清掃に参加することになっている。この結 果秩序が良くなり、清潔感も向上した。しかしサヌールも今や建造物で溢れかえっており、いくつかのホテルやヴィラは今も建設中である。
問 題は復興であって、これらの建造物や建設に携わる人間ではない。いくつかの条件を満たさなければならないとはいえ、インフラの欠点が疑問を起こさせるのだ という。おそらく近辺の住宅やビジネス区域、道、水道管、水と電気が飽和状態になるため損失を被らせかねないのだ。今ある道では交通量の増加に対応できな くなり、いずれ観光客が遠のいてしまうというリスクがある。今までより多くのホテルが水を必要とし、井戸水を使う結果になり、緊張状態になるという。

今 のところ復興と修繕は上手く受け入れられているが、将来的には地元経済、環境、値段、生活水準などに悪影響を与えることが予想されている。ホワイトビーチ と安全な海: ビーチの浸食を食い止める目的で日本の支援によって90年代に造設された防波堤はビーチ再生のために数千トンの砂も加えられた。
インフラなしの建造物: もし大勢の観光客が押し寄せて新しいホテルを満室にしてしまうならば、新たな問題が起こる。地価高騰はすでに起こっているが依然として値上がり、地元住民はやや強制的に立ち退きを迫られるだろう。

バリ島ニュース – 2013年09月

バリ島でユドヨノ大統領が正式に高速道路を開通9月30日
インフレ率上昇、バリ経済に影響9月27日
バリ島、15カ国の航空機を迎えるングラライ9月26日
国際線到着が新しいターミナルに移動9月25日
バリの自然保護 9月23日
観光のためホテル産業にてバリ文化紹介を義務付け 9月16日
APECのためにングラライ空港改装スピードアップ 9月13日
ミス・ワールド世界大会はインドネシア文化を紹介 9月12日

世界の指導者inバリ 9月10日

バリの低犯罪率 9月09日

バリは海外就労者にソフトローン提供 9月06日

カルマ・ビーチ・ホテル – 海辺の快楽詩 9月04日

バリの新名所 ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK) 9月02日
LOVEバリ: 観光村としてのサヌール復興 9月32日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.