FAO賞 はインドネシアの宿題終了でない

FAO賞 はインドネシアの宿題終了でない
INDONESIA TODAY

飢餓の 総数を 減らすことに 成功したため、インドネシアは 2013年 6月16日( 日曜日 )にイタリアの ローマで 国連食糧農業機関(FAO)から FAO賞 を 受賞した。
この賞は、6月15日 から 22日まで ローマで 開かれた 第38回 FAO会議 “飢餓撲滅の 進捗状況と 最先端を 認識する”の特別イベントで、経済調整大臣 ハッタ・ラジャサが 受け取った。しかし、ラジャサ氏は その賞はインドネシアが 行うべき 宿題が終わったのではなく、国は 貧困、飢餓、栄養失調の 撲滅のため 責任を 持ち続ける と述べた。

“インドネシア政府は、この国の 貧困と 飢餓と 栄養失調の 撲滅を 支援する 良い環境を 創造するため 引き続き 取り組んでいく”と FAOから受賞した後に ラジャサ氏は 語った。彼によると、政府は 現在、農業分野と 村に住む 人々の エンパワーメントの開発に 注目している。その計画を 支援する 動きの中で、中小企業の ための 銀行融資設備の延長、貧困層への 社会的サービスの向上、食料不足の 可能性に 対処する取り組みとして 様々な食糧の 促進を行う。
FAOは、飢餓に 苦しむ 国民の数を 減らす努力と関連して、ミレニアム開発目標(MDGs)を果たす インドネシアの 成功のために、インドネシアに 賞を 用意した。FAO事務局長 ホセ·グラツィアーノ·ダ·シルバによると、インドネシアは 2012年に 8.6パーセント になり、1990年代の 10年間に 総人口 2億4千万人から 20パーセント 栄養失調を 減らした 成功を評価された 19カ国中の 1つである。

FAO賞

FAO賞FAOが与えた賞は、次の2つのカテゴリに基いている:最初のカテゴリは、1996年の世界食料サミット(WFS)やミレニアム開発目標(MDGs)を達成した国々に与えられる、傑出した結果。第二のカテゴリは、貧困削減の取り組みの観点からミレニアム開発目標を達成し成功した国々へ与えられる大切な結果。この機会にインドネシアは、賞に基づく2つのカテゴリに含まれた。歴史の中で、この賞は、1985年に米の自給の成功に関してインドネシアに最初の賞をFAOが与えて以来、2つ目の賞である。同年インドネシアは、大陸の干ばつの対処を援助するためアフリカの農夫への助成金700万ドルを延長した。

1949年にインドネシアは食糧農業機関と交流し、組織の仕事に積極的な参加者としてFAOの構造の変化を見ており、段階的に成長している。世界の食料安全保障への貢献として、インドネシアは様々な取り組みを行い、地域、二国間、多国間の国際協力の強化を含め、国家の包容力を促進する指導をする。インドネシアは、効果的に、資格のある、信頼の置けるグローバルな食糧管理方により貧困と食料不足の削減をグローバルに取り組み強化することを約束する。この事はまた、世界の食料安全保障の課題に応じて指導するコンポーネント機関としてのFAOの重要な役割を強化するべく懸命に働くことだ。

FAO賞“それで、FAOは、飢餓が世界らか無くなるという共通のビジョンの達成のため先進国や発展途上国すべての加盟国と働くことを誇らしく思う”とFAO事務局長ジェンドゥラル・ヨスグラツィアーノ·ダ·シルバは述べた。局長ジェンドゥラルは2015年MDGの期限まで928日あると指摘したが、それを克服し、飢餓の完全撤廃の目標を持つように国々を勧めた。

“我々は、文明の誕生以来、人類を悩ませている飢餓を終わらせることができる最初の世代だ。このチャンスをつかもう”と述べた。

グラツィアーノ·ダ·シルバは、全国飢餓撲滅の取り組みを支援する強力な地域の誓約について述べた。また、様々な国で飢餓との戦いに成功し、規模の拡大開始を援助をする国際ドナー・コミュニティに感謝を述べた。FAOの主任も、発展途上の15カ国、アルゼンチン、バルバドス、ドミニカ、ブルネイ、エジプト、イラン、カザフスタン、レバノン、マレーシア、メキシコ、韓国、サウジアラビア、南アフリカ、チュニジア、アラブ首長国連邦は、少なくとも1990年に遡ると5パーセント以下の飢餓率持っていた事を示した。今月初めに発表した報告書の中で、FAOは世界の栄養失調と飢餓を根絶する断固たる努力を呼びかけた。

その報告書によると、14億人は肥満である中で、20億人は1つ以上の微量栄養素欠乏症に苦しんでいる。

この 報告書は、2010年 から 2012年に 飢えていた 人数は 約8億7千万人で、これは栄養失調により健康と幸福と生命が損なわれている数十億人のほんの一部であると強調した。また、5歳未満のすべての子供の26%が発育不全と31%がビタミンA欠乏症に苦しんでいることを指摘している。この団体は、社会的観点で、肥満関連の病気である心臓病や糖尿病が何百万の人に影響を与える中、子どもと母親の栄養不良は幾百万人もの生活の質と人生の希望を低下させ続けていると指摘する。栄養失調撲滅の鍵は、健康的な食事と良い栄養であり、食と農から始めなければいけないとFAOは強調した。その報告書は、生産性を向上させるための適切な農業政策、投資と効果を増すための調査、毎年食用として生産されている食物の3分の1にあたる食品のロスと廃棄の減少、消費者が栄養の良い食品を選べるよう教育、情報、その他の手段を通じ援助することを含む幾つかのレポートを提出した。

バリ島ニュース – 2013年06月

FAO賞はインドネシアの宿題終了でない 6月28日
ハウスプレナリーは改訂予算法案を制定し法律にする 6月27日
インドネシアは飢餓克服に成功する 6月25日
インドネシアは潜水艦製造のインフラを構築する 6月21日
アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加 6月20日
インドネシアは森林と海洋保護の指導を期待される 6月19日
エアアジア・カーゴ エミレーツ航空、エティハド航空、バージン・アトランティック航空に勝利 6月18日
インドネシア ASEAN市場にて9部門の産業を優先する方針 6月17日
バリは40万人の中国人観光客を目標にする 6月12日
インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性 6月04日
オーストラリア APEC2013でインドネシアを支持 6月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.