APECは インドネシア の優先事項を討議

APECは インドネシア の優先事項を討議
INDONESIA TODAY

北スマトラの メダンで 開催された 第 3回 APEC 高官実務者協議 (the 3rd APEC Senior Officials’ Meeting/SOM3)で、APECの 高官は インドネシア の 優先事項を 討議した。 会議は スラバヤでの 会議以来、貿易と 投資を 超えた 開発問題と、2013年 10月 バリで 開催される APEC サミットの 準備について 討議した。その 会議の 中で インドネシア の最 優先事項は、APECと 協力関係を 促進し、平等の 精神と 公正、また 中小企業、若年起業家と 女性起業家に とって 特別の 機会、そして 遅れを 取り戻すための経済開発に 関心を 払うことだ。

apec 2013, APECはインドネシア, インドネシアまたその会議は、世界貿易機関(WTO)のドーハ・ラウンドの交渉完了を 促進するため APECの 歩みについて議論した。そのため インドネシアは、12月 バリで 開催予定の 第9回WTO閣僚会議で APECが 世界貿易の 約45パーセント を代表しているゆえ、ドーハの 交渉完了のため APECの 政治的弾みを得ようと 努力している。

第9回 WTO閣僚会議の 議長として インドネシアは、この会議が WTO の 下で 多角的 貿易体制の 優位性に 対して 世界の信頼を 回復するために 一つの 締結に 合意し、WTO加盟国 全て と協力する。
さらに、APEC 環境物品リスト の中で 高官実務者は、農村開発 と 貧困緩和、環境及び再生可能エネルギー だけでなく、貢献する製品を 検討し 議論するためにインドネシアの 提案を 議論することで 合意した。インドネシアはまた、CPO(原油パーム油)、ゴム、幾つかの 他の 非製造製品を 環境製品として プロモーションする。

APEC 経済学者はインドネシアの中小企業政策を支援

インドネシア経済, APECインドネシア経済APEC 経済学者は 、アジア太平洋地域の 自由化と 経済統合の ”悪影響” つまり 負の影響を 克服するために、中小企業(MSME)政策について インドネシアの 提案を 支援する。MSME政策は 特に 供給面で、アジア太平洋地域で 持続可能な 開発の 達成に 必要と考えられている。その提案は APECを 最大化するためだ。
自由化 と 持続性は 既に 必要に なっており 経済を 向上させているが、その 統合から 初心者を 含む 中小企業のような 特定の 事業界の 負の 影響を 考えなければならない。また、先進国と 発展途上国 間の ギャップを 考えることも 含まれる。したがって、経済統合は APEC 経済が 課題と 持続可能な 開発に 直面した 際より 強くあるため、悪影響を 克服するよう努力 しなければならない。課題に 直面し、持続可能な 開発を 創りだす 能力は、アジア 太平洋地域 だけでなく 世界経済 にも 利益を もたらす。
インドネシア は 大規模な 人口と 大きな 可能性がある 市場に なり得る 良好な 経済状況で あるため、APECは 生産拠点に なるだけでなく、消費拠点 にも なり得ると インドネシア 政府は 見ている。したがって、インドネシアは 輸入 ではなくインドネシア国内市場が 国産製品を 充填することが 出来るよう、供給面を 強化 する必要がある。

バリ島ニュース – 2013年07月

旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに 7月31日
政府が精錬所開発を支持する方針7月30日

日本とインドネシアは珊瑚を移植する 7月29日

アジア開発銀行 個人消費によるインドネシア成長を予想 7月25日

APECは大統領はバリでのAPEC首脳会議の準備と海上有料道路を確認7月23日

APECはインドネシアの優先事項を討議 7月22日

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ7月19日

財務部局と日本FSAが提携に合意 ト7月18日

政府は投資向上のためライセンス規定をカット7月17日

日本はインドネシア国民に対しビザ条件を緩和する 7月15日

燃料価格上昇 観光に影響懸念 7月12日

世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正 7月11日

航空輸送が国内観光の開発を促進 7月10日

燃料値上げに対し燃料消費量が増加する 7月04日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.