電気料金の値上げと、国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する

電気料金 の値上げと、国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する
INDONESIA TODAY

国電(PLN)と呼ばれる 国営電力会社 は、現在、リアウ諸島州バタム島 と ビンタン島の 近隣で、海底電気ケーブルを 建設している。この プロジェクトは、地電線が タンジュンピナンの 首都 まで 届く475億ルピア を含む、推定 4,310億ルピア の費用が かかるだろう。国電は、バタム島から ビンタン島へ 電力を 供給するための プロジェクト と 海底ケーブル取付 のために、日本の ヴィスカス株式会社(Viscas Corporation)とPTカルヤ・ミトラ・ヌガラハ(PT Karya Mitra Nugraha)と協働し、2014年 の半ば、もしくは、契約締結後 14ヶ月 で完了することを 期待している。ビンタン島の どこにおいても、必要とする電力は、日中と 夜間に ほんの少しで、わずか 43メガワット と、必要電力は 比較的 少ないため、海底ケーブルを 建設することは、ビンタン島に 独自の 発電所を 建設するより 効率的である。国電は、バタム島にある 子会社PLNバタム から 電気を 買い、シンガポール南側から わずか 数マイルの ビンタン島の タンジュンピナンへ 分配することになる。PLNバタム 社長 ダダン・クルニアディプラ(Dadan Kurniadipura)は、彼の会社は、ビンタン島へ電力を供給するために、タンジュングンチャンで廃された ガス火力発電所を 含む、120メガワット の容量を持つ 発電所と、タンジュンカサムに 石炭火力発電所を 建設するだろう。国電はシンガポールへ 電力を 輸出する 予定は まだないが、近隣諸国へ  電力を 輸出するための 予定と、海底ケーブルの 建設に 関わりはないと 述べた。また、輸出されることが あったとしても、それは 限られた 能力の バタム・ビンタンケーブルを 通してではないだろう。

電気料金の値上げ

インドネシアリアウ, PLNバタムマップインドネシアのインフラプロジェクトは、電気料金の値上げ予定の結果として持ち上がった。2013年1月から四半期ごとに電気料金が値上げされることを仮定すると、年間12兆ルピアの追加があるだろう。電気料金の上昇から予想される資金は、木曜日の政府議会により提案される国家予算、193兆8300億ルピアの設備投資にまだ含まれていない。電気エネルギー補助金削減計画は、まだ討議されておらず、衆議院を含む政府は、社会とインフラ費用を犠牲にして、補助金のために大型資金を取り分ける必要がある。政府は、今年2013年に15パーセントの電気料金値上げを予定しており、評価されるべきである。もし計画されている電気料金値上げが避けられない場合、政府は最初の段階を成し遂げた後、再吟味する必要があり、その他の物品の値段に対する心理的な影響を避ける目的で評価すべきだ。電気料金の値上げ, インドネシア、PLNバタム政府は、他の物品価格の上昇を刺激する心理的影響を避けるように願い、電気料金の値上げは、主要産業に影響を与えるだけではなく、小規模、中規模産業(UKM)にも影響を与えるだろう。また、電気料金の値上げは、中小企業にジレンマをもたらすだろう。なぜなら、市民の購買能力に大きな変化は無いため、自社製品の販売価格をすぐに引き上げる事が出来ないからだ。

政府は、2013年1月から、すべての部門で膨れ上がった補助金、2013年度316兆1千ルピアを削減するために4パーセントの自動電力利上げを課す。国電は、エネルギー鉱物資源省によって作成されたNo.30/2012の起草規則に調和した基本電気料金の引き上げを開始した。衆議院は来年の電力のため80兆9千ルピアの補助金を取り分ける政府国家予算の提案に賛成した。また、インドネシア労働組合総連盟(KSPI)の社長サイド・イクバル(Said Iqbal)は、ジャカルタで木曜日に、今月からの電気料金の値上げは市民の購買力減退になるだろうと述べた。値上げは彼らに影響を与える。物価上昇は、450-900VAの顧客に適用されることはないが、多くの人は1,300VA以上の家に住んでいる。電気料金の値上げに伴い、毎月およそ15万~25万ルピアの負担を負うだろう。これは、2013年度の約5パーセントの賃金引き上げには、利益が無いことを意味する。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.