米国フランチャイズ10店はインドネシアの新フランチャイズ規制に入る

米国フランチャイズ10店 はインドネシアの新フランチャイズ規制に入る
INDONESIA TODAY

2013年に 米国フランチャイズ1 0店 が インドネシア市場への 参入を 計画している。主に 食品や 飲料(F&B)分野と 教育分野の 米国10店フランチャイズ であり、今年 インドネシへ 参入する。その10店は 2013年の 店舗数制限、通商規則第7に基づいて、最大250店舗の 支店 をインドネシアで 展開するだろう。この フランチャイズ企業 は面倒なことは したくない。彼らは 250店舗を 展開し、それで 終了する。その 最大 250店舗の フランチャイズ制限の 規則は、未だ 地元企業を 保護することが 出来ていない。なぜなら、1990年以降 参入の マクドナルドを 比較しても、インドネシアで 250店舗 と言うかなり 大きな数に 達していない。貿易省は 中小企業の 前進を 後押しし、フランチャイズ店の 制限は インドネシアの 州に基づいて 行われる必要があると 考えている。州ごとに 店舗展開の 機会が 与えられ、資本提供か 1店舗以上 フランチャイズされなければならない。

貿易省は、飲食店関連の フランチャイズセクター開発パートナーシップ 2013年 通商規則 第7 を発行した。この規則は、店舗所有権について 規定している。もし 企業の 経営者が すでに 250店舗を 所有している場合、その所有者は、その資本を 他の事業者、もしくは フランチャイズビジネスに 使用しなければなりません。政府は、彼らが 第三者を誘い、協力関係を結び、資本所有を 少しずつ 手放すようにしたい。その方向性で、その規則を 説明し、成長と パートナーシップを その確立された 企業と結ぶために 極小企業、中小企業に 機会を与えるだろう。ある企業が その資本提供を 選択した場合、100億ルピア 以下の 投資の 40パーセント を第三者に対して 資本提供する 義務が 課される。一方、100億ルピア 以上の 投資であれば、その 所有企業は 第三者へ3 0パーセント の 資本提供を しなければならない。

米国フランチャイズ10店

米国フランチャイズ10店さらに、現代ビジネス業界 フランチャイズについての 貿易大臣 NO68/M-DAG/PER/10/規則 に基づいた 新たな 政府の 規則に関連して、ついに、一つの 所有企業に 対して、最大 150店舗 になるように 国内の 現代フランチャイズ店舗 所有権に 制限が 設けられた。このポリシーは、インドネシアでの企業間の パートナーシップ 促進のため である。政府は 特定の 雇用主によって ビジネスの 所有権の 支配を 防止したいと考えている。2012年 10月29日 以降の 大臣令 第68号の施行に 伴い、アルファマート、インドマレットのような幾つかの ミニマーケットを 運営する 小売企業家は、他の 企業と パートナーシップを 結ぶように 義務化され、その結果、所有企業は 最大 150店舗を 運営できる。パートナーシップを 結ぶことなく 小売企業家によって 所有できる 最大店舗数は 150だが、もし その企業が、店舗数を 拡大したい場合、追加の 店舗数の 最小 40パーセントを 第三者へ フランチャイズする 義務がある。一方、残りの 60パーセントは 所有企業によって 所有できる。その 規則は、過去 2年間、金融報告に 基づいた 収益を 得ていない 小売企業家、また フランチャイズ提供企業が フランチャイズされる 地方企業の 待遇を 取得していない 場合は 関係しない。フランチャイズ、インドネシア一方、規則が 公開される前に 起業していた 現代店舗企業は、店舗数調整と 最大 150店舗の 条件を 満たすために、5年間の 猶予が 与えられた。

その調整は1年毎に、企業主によってフランチャイズされる、または、フランチャイズされている少なくとも総店舗数20パーセントを手放すと言う方法によって行われなければならない。その貿易大臣によって規定された近代ストアのタイプは、ミニマーケット、スーパーマーケット、百貨店、大型スーパーや問屋などの、様々な商品を販売するセルフサービスシステムの小売形態だ。その新たなフランチャイズ店の義務は、近代型ミニマーケットの場合、広さおよそ400平方メートル、スーパーマーケットは、およそ1200平方メートル、百貨店や大型スーパーは、およそ2000平方メートルの条件が定められている。

バリ島ニュース – 2013年04月

海上高速道路、地下トンネル、空港プロジェクト 2013年6月に完成 4月30日
バリで海草シンポジウム 50カ国が出席 4月29日
ジャカルタ観光 その2 4月27日
ジャカルタ観光 4月26日
アメリカとオーストラリア軍 バンドゥン製の弾薬を使用 4月25日
政府が3つのガソリン値上げ指針を準備 4月22日
インドネシアとデンマーク協力関係強化 4月19日
シティリンク ガルーダインドネシア傘下の格安航空 4月18日
日本からの投資簡易化 -日本はインドネシアにとって重要-4月17日
パリマラソンでインドネシア観光をアピール 4月16日
インドネシアの若い世代 外国語習得に意欲 4月15日
インドネシアはスペインの注目の的 4月11日
2014年のインドネシア経済成長目標は6,9% 4月10日
インドネシア中央銀行新総裁アグス・マルトワルドジョ 4月09日
米国フランチャイズ10店はインドネシアの新フランチャイズ規制に入る 4月08日
ハイレベル•パネル25から27バリ2013年3月 4月04日
バリ文化と観光は経済投資を促進する 4月03日
インドネシアのスマトラ島とカリマンタン島(ボルネオ島)における野生のオランウータン 4月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.