海洋観光のための保護区

海洋観光のための保護区
INDONESIA TODAY

バリに海洋保護区 を設けることは、継続的な観光 のための、また適当な 乱開発から島を 守るための解決策である、と最近のディスカッションで 専門家は述べた。このことは社会と 経済に益をもたらすことができる。そして漁業と 観光面で継続的なより 良い資源運営が 可能になる、と述べるのは ハサヌディン大学からの 専門家。海洋にゾーニングシステムを 建設、特定の区画が 保護され、また釣り禁止になる。一方他の区画は 観光のための区画になり、沿岸開発のために 壊された自然を 再び回復させるための エコシステムの時間が 与えられる。そして順番が来ると、海洋観光のために その区画が利用される。
このワークショップは ヌサドゥア・フェスタ2013での 5日間の環境プログラムの 一環である。バリ・ツーリズム開発 コーポレーション(BTDC)とヌサドゥア・ 岩礁基金により行われ、政策立案者、バリ海洋観光 ビジネス、海洋問題に 関心のあるLSM、アカデミー、そして地元の 代表者たちがが集められ、バリの継続的な観光持続のため 意見交換、約束をかわした。
観光と創造的な 経済相の資源開発長は、自然資源の 保護が観光を 魅力的にする鍵なのだと述べる。グリーンエコノミー、グリーンな観光、持続可能な 開発はユートピアではない。自然を 真剣い保護した結果、観光業を 成功させた国が いくつもあるからである。

海洋観光

バリ島ニュース, バリ島のツアー情報ブレレンでのこの計画は、観光や 地域の海洋保護生活に 合わせるようにバリ資源が 豊富な海は、長期的に 地域社会のための 食料安全保障と 海洋観光の焦 点のソースとして、島のための 重要な経済的資産と なっている。残念ながら、迅速かつ大幅に 調整されていない バリや沿岸地域の 開発は、島のための明確な 海の空間計画の 欠如とともに、バリ島の多くの海洋環境の重要な 損害を与えているのである。
この状況の 悪化は、バリの沿岸地域で 発生した経済 活動の長期的な 持続可能な 沿岸海洋とチャンネル浚渫建設、下水や ごみ処理からの 乱獲や破壊的な 沈降の組み合わせに よるものである。この脅威を認識し、政府は現在、持続可能な 経済活動に 優先順位を付け、互換性があり、かつ島の 周りに海洋保護区の 設計を含む 総合的なバリのための 長期的な発展戦略を 開発している。
バリ島, 海洋, アクティビティ, バリ島海洋アクティビティブレレンにある 研究所は、地区が正式に 規制の下で保護された 海洋区画を確立するプロセスにある と述べた。西ブレレン、東ブレレン、中央ブレレン、この地区は海洋生活支援の 地元の人々の可能性の 観点から3つの地区に分かれている。
西ブレレン岩礁の 回復に地域密着型の取り組みで 知られるプムトゥラン地区を カバーしている。東ブレレンの一部の地域は、海洋保護を推し進めた レス村、ボンダレム村と テジャクラ村、プヌクツカン村、そして他の3つの 村の人気の岩礁保全は シュノーケリングやダイビングのための魅力的な 場所となっていながら、観賞魚の 保護の成功で 有名なレス村。ロビナを含む中央 ブレレンは、1987年以来、観光客はイルカが 海で泳ぐのを見ることができるイルカの 名所で知られている。この領域で 見られるイルカは 8種類だ。
クルンクン県議会長は、海洋保護区がゾーニングシステムの適用によりヌサペニダで確立されていると述べた。漁業、観光、海藻養殖、ポートおよび宗教儀式のための神聖なゾーン:この領域は、7つのゾーン、それぞれが独自の特性や機能を有するに分かれている。ゾーニングが正式に開始されると、我々は資金調達メカニズムで動作させる。サンゴは296種、魚類576種、アイコンモーラを含む可能性のある海域の様々な特色がある。ローカルエリアは現在、年間20万の観光客を受け入れている。 岩礁保全、文化、精神的なアプローチ、技術​​と岩礁の回復を経て、環境災害から変容するのだ。2002年から今年までの期間、進歩を続け、ブレレンには現在水中庭園で有名いなるまでになった。そして昨年国連開発計画から赤道賞を受賞したのである。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.