インドネシアは森林と海洋保護の指導を期待される

インドネシアは 森林と海洋保護 の指導を期待される
INDONESIA TODAY

世界海洋デー が 観察される前に、スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は7日に ジャカルタの タンジュンプリオク港の グリーンピース船、虹の戦士Ⅲを 家族とともに 訪問し、幾人かの 人々を 驚かせた。
過去、2010年 10月に インドネシア海軍が レインボーウォリアーⅡに 護衛され 領海から 出る時など、インドネシアと グリーンピースの 間には “愛と憎しみの関係” があった。 しかし、2012年 6月に、グリーンピースインターナショナル事務局長 クミナイドウは、インドネシアの 温室効果ガス 26パーセント の 排出削減の 大統領の 誓約に関して NGOの 支持を 表明するため、ユドヨノ大統領と ジャカルタで 会った。昨年の サモシルでの 会合で、ユドヨノ氏は レインボーウォリアーを 訪問するための NGO指導者からの 招待を 受け入れていた。そして先週、約束通り 2013年 6月9日 から 10日まで インドネシアに 停泊していた “東南アジアの オーシャンディフェンダーツアー” 中の レインボーウォリアーⅢを 訪問した。
“グリーンピースは レインボーウォリアーの ボードで 大統領を 歓迎し 敬意を示し、ボードへの出席は環境保護の象徴であり、インドネシアの 素晴らしい 自然遺産と 生き残るために それらに 依存している人々に、より 大きな 保護もたらすことを 希望する。”とナイドウ氏は 語る。

インドネシア大統領、グリーンピースに感謝

インドネシア大統領, スシロ・バンバン・ユドヨノユドヨノ氏は 再度、クミナイドウ氏と 会う喜びを 表明し、世界と インドネシアの 環境保護支援のため 努力した グリーンピースに 感謝した。

“発展途上国として インドネシアは 経済発展を 必要としているが、もちろん 環境に やさしくないと いけない。たとえ 幾つかの 課題に 直面しても、両方の 問題に 取り組んでいく 約束をする。将来の 清潔で 静かな 環境を 孫に 保証したい。”と大統領は 付け加えた。インドネシアの 指導者は、グリーンピースの ‘ パートナー’ と呼ばれる 機会に、環境保護のために 国内で 努力する。
“国が改善しなければならない事柄や、どのように 環境保全するか 教えて下さい。もし インドネシが 良いことをした場合、インドネシアは 環境保護への 強い誓約を 持っていると、世界に伝えることを 忘れないで下さい。インドネシアの 批判を(どうぞ行なって下さい)”とユドヨノ氏は 語る。

森林保護, インドネシアそれに応答して ナイドウ氏は、大統領は 森林保護 をした 政府の 進歩に関して、賛辞を 述べられるべきだ と言った。“行うべき 大切な仕事は まだあるが、我々は グリーンピースで、森林伐採 ゼロへの 大統領の 誓約を 支持するために 我々が出来る事は 何でも行うと、大統領に 信頼してもらった”と加えて語った。
2013年 5月に インドネシア政府は、ガス排出率と 森林伐採を減らすために、2年間の 森林の モラトリアムの 延長を 発表した。
長引く モラトリアム政策に応じて、グリーンピースの 森林活動家 ユユン・インドラディは、“森林伐採は、最大の カーボンエミッタの 世界の 列の中へ インドネシアを 押したが、ユドヨノ大統領の モラトリアム延長 のおかげで、この事に 関して おそらく 道の途中にいる”と述べた。
インドネシア森林保護, グリーンピースインドラディ氏は、絶滅寸前の オラウータンや スマトラ虎やサイなどが 生息する 全ての 泥炭地や 森林などの 閉鎖のため、モラトリアム強化を 政府に 期待している。森林と 同様に、インドネシアの海も、海岸の 生息地と 最も 多様な 海洋との間で 存在している。しかし、専門家は 国の サンゴ礁を、乱獲、汚染、気候変動の 危険により、最も 脅かされながら生きる、世界の 生物 多様性の ホットスポットの 一つに 特定している。

インドネシアは また、フィリピン、マレーシア、パプアニューギニア、東ティモール、ソロモン諸島 を含む6カ国を 網羅する地域の 一部である コーラル·トライアングル·イニシアティブ(CTI)の 加盟国 である。この地域は、世界中の サンゴ礁の 合計の 約75パーセント に 相当する 600種類の 珊瑚のに とって家となっており、こうして、多種多様な 生物が 生息するサンゴ礁の 面積は、世界で 最も 高くなっている。コー​​ラル·トライアングルは しばしば 海底の アマゾン熱帯林 と 呼ばれている。

残 っている 森林や 海を 守るための、インドネシアの 重要な 役割を 考えると、グリーンピース東南アジアのフィリピンプログラムマネージャーのボー・バコングイス氏は、“インドネシアやフィリピンなど生物が豊富な東南アジア諸国は、その地域の 森林と海洋の保護 において 道を 指導しなくてはならない”と語った。 そして、それは ユドヨノ 大統領の 指導のもとで、インドネシア政府が 過去 数年間に 挑戦してきた ことである。  森林と海洋保護 は永遠の 課題 なのかもしれない。

バリ島ニュース – 2013年06月

FAO賞はインドネシアの宿題終了でない 6月28日
ハウスプレナリーは改訂予算法案を制定し法律にする 6月27日
インドネシアは飢餓克服に成功する 6月25日
インドネシアは潜水艦製造のインフラを構築する 6月21日
アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加 6月20日
インドネシアは森林と海洋保護の指導を期待される 6月19日
エアアジア・カーゴ エミレーツ航空、エティハド航空、バージン・アトランティック航空に勝利 6月18日
インドネシア ASEAN市場にて9部門の産業を優先する方針 6月17日
バリは40万人の中国人観光客を目標にする 6月12日
インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性 6月04日
オーストラリア APEC2013でインドネシアを支持 6月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.