日本FSAと財務部局が提携に合意

日本金融庁FSA と 財務部局が提携に合意
INDONESIA TODAY

財務部局(OJK)と インドネシアと日本金融庁 (Japan FSA)は2013年下半期初めより始まるディスカッションで、様々な分野での 提携に合意。OJK国際協力通信責任者ゴ ントル・R・アジスは、ジャカルタ 財務部局を訪問していた 日本金融庁代表 委員に声明を発表。
畑 中龍太郎金融庁 長官に率いられた 日本代表委員は、他に FSA国際関係職員 と在ジャカルタ日本大使館職員の 二名に付き添われる。日本代表委員の 訪問は、東京 にある 日本FSA局を OJK長官が訪問した ことへの返礼訪問である。投資情報サービス 部門の状態についての 情報交換の他に、二国間の セクター規制と 管理シ ステムについて、そして協力の 質向上の重要性を 話し合う。
組織協力の 質向上はOJKと日本FSA間での 文書交換(EOL)という形で 表される。この会合の中で 両組織は EOL内の条件を達成し、具体的な 成果を挙げなければならないことに 合意する。

この会合では また、EOL内に含まれる 以下の優先協力事項に ついても合意が なされる。金融複合企業の 管理、協力域における 品質改善監視の 統合化、協力域外での 調整管理向上である。 EOL署名は EOL範囲に基づいて 2段階でなされる。第一段階の 署名は銀行外 (資本市場、保険、金融会社と 他の金融機関)での 投資情報サービス 部門監督のため、第二段階の 署名は銀行部門監督の ためになされる。
EOL第一段階の 署名は2013年10月、第二段階の 署名は2014年1月初旬に なされる予定だ。

OJK 国立銀行が危機に耐えると評価

日本FSA, ojk, 金融サービス機構OJKOJKは国立銀行が 世界的な財政危機に 耐えることができるだろうと評価し、産業安定が 未だ保たれている 状態となっている。一般的に、インドネシアの 銀行はこの世 界的な 財政危機に耐えることができ、我々が 承知の通り未だ銀行は安定を 保っているわけである。インドネシアの 銀行の産業安定があるのは、銀行家の血の 滲む ような努力と現在起こっている 世界的な財政危機への 警戒のおかげだという。
2008年に起きた財政危機は様々な国に今後どう危機に対処するかという方針を与え、その際たるものは透明化である。具体的には、市場関係者は容易に十分な情報入手が可能、適切な危機管理を成し遂げる銀行能力である。
日本FSA, 財務部局しかしながら、以前に国内で起こった危機を乗り越えた成果を銀行産業参加者は期待している。同機会にインフォ銀行副主任は2012年において国立銀行産業は強化、財政的比率の良好な結果が出たことを付け加えた。
前回は複合判定基準をクリアした銀行に以下の賞が送られた。自己資本比率(CAR)、焦げつき融資(NPL)、資産利息手当(PPAP)、総資本利益率(ROA)、自己資金利益率(ROE)、金融(LDR)である。
賞の部門は中核的自己資本が1兆ルピア以下の中核的自己資本ビジネスグループ1、1兆ルピアの中核的自己資本による商業銀行ビジネスグループ2、5兆ルピアの中核的自己資本ビジネスグループ3、30兆ルピア以上の中核的自己資本ビジネスグループ4に分かれている。

バリ島ニュース – 2013年07月

旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに 7月31日
政府が精錬所開発を支持する方針7月30日

日本とインドネシアは珊瑚を移植する 7月29日

アジア開発銀行 個人消費によるインドネシア成長を予想 7月25日

APECは大統領はバリでのAPEC首脳会議の準備と海上有料道路を確認7月23日

APECはインドネシアの優先事項を討議 7月22日

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ7月19日

財務部局と日本FSAが提携に合意 ト7月18日

政府は投資向上のためライセンス規定をカット7月17日

日本はインドネシア国民に対しビザ条件を緩和する 7月15日

燃料価格上昇 観光に影響懸念 7月12日

世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正 7月11日

航空輸送が国内観光の開発を促進 7月10日

燃料値上げに対し燃料消費量が増加する 7月04日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.