日本政府、「インドネシア経済開発加速拡大化マスタープラン」の推進を支持

日本政府、「インドネシア経済開発加速拡大化マスタープラン」の推進を支持
INDONESIA TODAY

インドネシア日本, インドネシア貿易大臣マリ・パンゲス卜ゥ 大臣 観光クリエイティブエコノミー 大臣がWTO事務局に 立候補。インドネシアプレスの 声明によると、2013年9月から 2017年8月までの 4年間の任期となるWTO(世界貿易機関)の時期事務局長に マリ・パンゲストゥ大臣が立候補した。現在 9カ国から9人の立候補者が 出ている。マリ氏は1月22日―26日に世界経済 フォーラム(ダボス会議)において、多国間貿易協定の 信頼性を確 率する 重要性とグローバルな 貿易システムについて 議論をしたと 述べた。

日本 政府、「 インドネシア経済開発 加速拡大 」

インドネシア日本、法人、両国昨年の 話題に はなるが、インドネシア共 和国観光創造経済 大臣のマリ・エルカ・パンゲストゥと 枝野経済産業 大臣は9月20日に 会議を持ち、その後10月9日に クリエイティブ 産業分野における双方の 協力を強化する 枠組みの元、2国は合意をした。グローバリゼーションにより インドネシアと日本 双方にとって 創造性と経済面、特にクリエイティブ 産業において世界及び 地域の課題に 対応する上でより 深く関係を持つ 機会が提供されて いる事を認識。
クリエイティブ 産業が映画、音楽、双方向性ゲームと演劇、ファッション、デザイン、工芸等の分野を含む ことを確認し、更にクリエイティブ 産業が 中小企業を 革新的、経済的に 競争力を高める 新しい機会を 提供し消費生活の 向上を求める。

クリエイティブ 産業が インドネシアと日本の重要且つ新しい 協力の柱となること を認識し、次の認識を共有する 事とした。
・財政的なインセンティブや 特区などの政策についての 意見交換を含むクリエイティブ産業協力を促進する。
・キャパシティ ビルディング、専門家の 人事交流、セミナー参加や ワークショップなど 内容及び ビジネスアレンジメントに おける 人材育成を 促進する。
・インドネシア クリエイティブウィーク、2002年から 始まったクールジャパンプロジェクトなど、クリエイティブ 産業における展示会、セミナーや共同などで ビジネス連携と共通認識の 醸成を強化する。

バリ島ニュース 2013年01月

日本 ・ インドネシア経済 開発加速拡 大化 マスタープラン「 2013年1月31日 」
インドネシア ・ ルピアデノミネーション「 2013年1月29日 」

ジャカルタ首都に 洪水「 2013年1月29日 」

インドネシア ニュース「2013年1月28日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.