リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンター

リッポ・チカランは 日本中小企業ビジネスセンター (Japanese SMEs Centre)を建設
INDONESIA TODAY

日本の 投資家は 株式会社 フォーバル を通じて PTリッポ・カラワチTbk の 子会社 PTリッポ・チカランTbk都市建設企業と 一緒に、インドネシアの 中小企業(UKM)開発を 推し進めるため、 日本中小企業ビジネスセンター ( Japanese SMEs Centre )を建設する。この協力は 停滞している 日本の 中小企業の 発展の 影響だ。日本の 投資家は、インドネシアで 中小企業の 成長を 目指すよう 期待されている。この ビジネスセンタービルは 、5,3 ヘクタールの 土地面積に、投資価値 600億 ルピア で ブカシの リッポ・チカラン地区に 建設される。この ビジネスセンター を通して、日本の 中小企業は リッポが所有する ビルを 賃借して ビジネスを 展開していく。家賃は 国際基準で、1平方メートル / 月 につき US $ 10 となる。5年間 賃借可能。

株式会社フォーバル 代表取締役会長 オオクボヒデオ は、既に7社が この 日本中小企業ビジネスセンタービルに 参入している と述べた。これにより、インドネシア経済が 段々 良くなる結果、投資の 流入が 益々増加すると 彼は 期待している。既に 参入している 7社は、PTサミット電磁鋼板加工インドネシア、切断工具メーカー&グラインドの業務 ( 金属加工機器 メーカー )のPTカツヤマセイキKKBインドネシア、ネジ取引の PTコバユ 取引インドネシア( 工業部品の 取引 )、ダイスメーカーの 事業分野で PTツジカワ・インドネシア( 産業用印刷機器の メーカー )、ダイヤモンド切削工具メーカーの PT日本派遣(ダイヤモンド工具メーカーの金属プロセスのメーカー)だ。その間、PTリッポ・チカランTbk総責任者メオー・チョン・ロー(Meow Chong Loh)は、リッポ・チカランの産業地域に面して投資の関心は、既に 地域経済の 成長にとって 良い影響を 与えた と語った。この日本中小企業センターの 存在は 一つの ビジネスチャンスと 継続的な 地区の投資、そして、インドネシアの マクロ経済にとって 十分 大きな貢献ができると 期待している。

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンター

リッポシカラン、日本中小企業ビジネスセンタ - リッポ・チカラン地区の 成長は、国外からの 投資の 流れによって定まる。そのためその面から既にこの成長のために、5,3ヘクタールの土地面積を提供した。彼はリッポ・チカラン地区で、800の製造業の中で、総数約32万人のビジネスマンを支えると述べた。最近、開発者はサウスタワー トリヴィアムテラスアパートのような新しい設備を追加する。賃借の選択は、中小企業の投資家は小規模に入るため土地の購入や自社工場建設の必要がない。もし土地を買うなら、その投資は大きすぎるので私たちは賃借を通して協力するので資本はそれほど大きくない。彼はこの中小企業専用ビルを満たすため、日本の投資家25人を引き寄せる事ができるよう目指している。情報として、日本中小企業センターはリッポ・チカランにある一つのビジネスセンターである。そのビジネスセンターは、インドネシアのリッポ・チカランで投資家を受け入れているフォーバル・インドネシアと協力してビジネスを拡大したい日本の中・小規模投資家にサービスを提供する。フォーバル・インドネシアは、日本の東京に拠点を置く一つのIT企業と国際コンサルタントであるフォーバルコーポレーションの代表として、ビジネスコンサルタントの分野で活動する企業である。

日本中小企業, インドネシア、リッポシカランこのことに関連して今年、リッポ・チカランは80ヘクタールの工業用地を提供した。PTリッポ・チカランTbkは、ブカシのリッポ・チカラン地区で、1平方メートルあたり180万ルピアの売値で、所有する80ヘクタールの工業地帯を売却するだろう。空き地の準備(ランド・バンク)株式会社は現在、合計3、000ヘクタールの株式会社所有のすべての土地から、700ヘクタール残っている。すべての土地の広さは3,000ヘクタール。700ヘクタールの未開発ランドバンクがある。私たちはこの土地を70~80ヘクタール販売する。メオー氏は資本調整庁(BKPM)の記載によると、2012年だけでインドネシアへ入ってくる国外からの投資はUS $ 222億に達したと述べた。これは、インドネシアはまだ国外投資家のターゲットになることを示している。それによると、リッポ・チカラン地区の成長は国外からの投資の流れと一致している。リッポ・チカランの工業地帯に対する投資の関心の向上は、既に地域経済にとって良い影響を与えた。この日本中小企業センターの存在はビジネスと継続的な地域投資にとって一つのチャンスだ。そして、インドネシアマクロ経済にとって十分に大きな貢献ができる。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.