日本は インドネシア国民 に対しビザ条件を緩和する

日本は インドネシア国民 に対しビザ条件を緩和する
INDONESIA TODAY

日本政府は、ASEAN 諸国に 対し ビザ条件を 緩和する。マレーシア と タイ国民に 対しては 数次ビザを 免除し、インドネシア国民 に 対しては 複数回 入国できる ビザの 滞在期間を 延長したと、ジャカルタ 日本大使館員 カワイタカユキは 述べた。ビザ関連の 政策は2013年 7月1日 より 開始されます。 この 新しい 政策は、ASEAN 友好協力の 40周年 記念として 施行された。自国に 住んでいる インドネシア国民 で、複数回 入国できる 短期 滞在数次ビザと 通常パスポート 保持者 のために、滞在期間が 15日 間から 最大 30日間 に延長された。

日本ビザ取得, 日本ビザインドネシア国民日本インドネシア交流のさらなる発展は、複数回入国できるビザの滞在期間延長の結果、日本を訪れるインドネシアからの観光客の増加と、二国間のビジネス取引向上が期待されている。 一方、15日間以内の日本滞在を望む、通常IC旅券を所有しているタイ国民は、短期滞在ビザ条件が免除されることになる。 しかし、前述した以外の意図で日本に入国する場合、もしくは仕事目的などのために15日以上の滞在を望む人は、事前に ビザを 取得する 必要があります。さらに、この査証免除は、通常の IC旅券 保持者 にのみ 適用され、通常のIC旅券を 保持 していない タイ国民は ビザの 取得が必要である。

他の ASEAN 諸国、すなわち ベトナム や フィリピン国民、自国に 住んでいる フィリピン共和国民( 通常 旅券 所有者 )に対しては、短期 数次ビザが 与えられる。

入国ビザの 取得 簡易化の 新たな 規制によって、インドネシアの 若い世代が 日本の 学校や 大学で 勉強するための 大きな 機会が 開くだろう。また、日本の 幾つかの 主要都市で 働くことの出来る 能力ある インドネシア 国民のためにも、大きな チャンスとなるだろう。

バリ島ニュース – 2013年07月

旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに 7月31日
政府が精錬所開発を支持する方針7月30日

日本とインドネシアは珊瑚を移植する 7月29日

アジア開発銀行 個人消費によるインドネシア成長を予想 7月25日

APECは大統領はバリでのAPEC首脳会議の準備と海上有料道路を確認7月23日

APECはインドネシアの優先事項を討議 7月22日

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ7月19日

財務部局と日本FSAが提携に合意 ト7月18日

政府は投資向上のためライセンス規定をカット7月17日

日本はインドネシア国民に対しビザ条件を緩和する 7月15日

燃料価格上昇 観光に影響懸念 7月12日

世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正 7月11日

航空輸送が国内観光の開発を促進 7月10日

燃料値上げに対し燃料消費量が増加する 7月04日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.