日本とインドネシアは珊瑚を移植する

日本とインドネシア は 珊瑚を移植する
INDONESIA TODAY

東京大学 と インドネシア は、北スラウェシ、サム・ラトゥランギ大学、マナド国立大学、海洋水産局の 地域開発計画庁(Bappeda)の代表となり、サンゴ礁の移植を行う。この 協力は、4年間 計画で、すでに 2年 続いており、日本政府は 予算を提供してきた。自然の 珊瑚 生息地域である2ヶ所は、リクパン海岸と ブナケン国立公園周辺の 水域だ。珊瑚礁 修復移植が 行われた データエクステントは 東京大学 にある。同様に、観測活動も 昨年から 行われてきた。
自然繁殖を 通した 珊瑚礁の 移植は、損傷した 珊瑚礁を 修復するために、日本とインドネシア で 活用されている 新技術の 一つである。これは 損傷した 珊瑚礁を 修復する 積極的な 努力だ。このような 協力が 継続されて、北スラウェシにある 数々の 水域や、他の インドネシア の 海岸でも 行われることを 願う。

状態の 良い 珊瑚礁は、魚の 孵化する 場所となり、魚の 生産が 減少しないように 保護するので、周辺の 漁師達にとって 食糧提供の 助けとなる。珊瑚の 覆いが 壊れた 状態の 時は、魚の 生産が 減少したため、漁師の 家計 収益も 減少した。
このため、漁獲の 作業は、長い 年数を かけ 回復する 珊瑚の 覆いを壊してしまう 爆弾など、破壊的な 方法は 使用しないようにする。

珊瑚の移植で 砂浜の劣化防止

環境保護, 珊瑚を移植する海洋水産科学博士号の プログラムからの 海洋研究者は、珊瑚礁の 移植を 通じて、海岸と 海洋水域周辺の 劣化を 絶対に 防ぐべきだ と述べた。珊瑚礁の 移植は、移植 技術により、ますます 劣化する 珊瑚礁の 保護と リハビリの 一つ である。移植の 目的は、損傷した 珊瑚の 再生を 加速させる 役割を 持つ 珊瑚礁 生態保全を 基盤 としている。その他、以前 には 無かった 新しい 珊瑚礁域を 作ることも 望んでいる。
この 活動の 目的は とても 重要で、タルサン海の 水域、南部沿岸 地域、西スマトラ で 移植活動( 珊瑚礁の 苗を 戻す移植方法で 植える)を 成功したと 評価 されている。移植は、2012年 10月 に タルサン海岸沿岸部の 住民と 学生を 巻き込んで、学生活動ユニット(UKM)ダイビング宣言者バン・ハッタ大学(UBH)により行われ、結果、珊瑚礁は 良い成長を 見せ始めている。

ニュース, 日本とインドネシアその 移植地域 での ダイビングは、珊瑚礁の 苗が 健康に 成長していることを 報告している。この 成功により 移植 活動は、地元の 人々の 誇り、また 幸福 となっているのは、この活動が その地域で 行われ、非常に 喜ばしい 結果として 海洋と 沿岸の 資源を 回復させたからだ。

珊瑚礁に 移植された、Pocillopra種の 珊瑚礁と、枝を持つ 珊瑚種(Seriatopora sp)は、接着部分の セメントの 鉢型の基盤と すでに 一体化して見えるが、この移植の 成果は、土砂に近づきはじめて 見えるように なった。 この 移植活動 の 中で、UKMダイビングUBH の ダイバー は、周辺住民や 学生と 一緒に、水深 5メートルの 海底に、鉄枠の 上に 4,000枚の コンクリート基盤を 植えた。 日本とインドネシア の努力は続く。

バリ島ニュース – 2013年07月

旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに 7月31日
政府が精錬所開発を支持する方針7月30日

日本とインドネシアは珊瑚を移植する 7月29日

アジア開発銀行 個人消費によるインドネシア成長を予想 7月25日

APECは大統領はバリでのAPEC首脳会議の準備と海上有料道路を確認7月23日

APECはインドネシアの優先事項を討議 7月22日

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ7月19日

財務部局と日本FSAが提携に合意 ト7月18日

政府は投資向上のためライセンス規定をカット7月17日

日本はインドネシア国民に対しビザ条件を緩和する 7月15日

燃料価格上昇 観光に影響懸念 7月12日

世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正 7月11日

航空輸送が国内観光の開発を促進 7月10日

燃料値上げに対し燃料消費量が増加する 7月04日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.