バリの新名所 ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK)

バリの新名所 ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK)
INDONESIA TODAY

ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ ( GWK ) で何百人もの ダンサーが 伝説の鳥 ガルーダを 捕らえる 火の蛇を演じて 舞台を 駆け回る、これがこけら落としとなった(BD / I Wayan Juniarta)。有名 ケチャダンサー達、伝説の ギタリスト デワ・ブジャナ、歌手トゥリエ・ウタミ、ダンサーのケニ・クルニアサリ、ハープ演奏者 マヤ・ハサンと 何百人もの 住民が バドゥンの ウンガサン で金曜の夜 に GWK像の下をくぐる 式典に 参加した。この パフォーマンスは ヒンドゥー教の ガルーダ物語から インスピレーション されたものだ。ドラゴンに 虜にされている 母を 解放する 身代金として 不死の効能を持つ アメルタ(聖水)を 探す鳥の 物語である。行く手を 阻むもの 全てを 倒していく ガルーダ は、悪魔から 神 をも 手に かける。ついに 母の解放と アメルタが 邪悪な者の 手に陥らないよう 助けようと ウィスヌ神は ガルーダに 持ちかけた。ガルーダは 聖水を 運ぶ 任務を 与えられ、ウィスヌ神の 乗り物に なることに 同意する。
この式典は 16年もの ブランクがある、その原因は 政権交代、全国的な 経済危機、内部の 縄張り争い と 献身的な 投資家の 不足だ。そもそも この像 が作られた目的 は、インドネシアで 一番高い 記念碑にすることと、バリの 新しい観光名所に するためである。これを 実現できたのは アラム・ストラ・リアルティ株式会社 (ASR)が 像や 60ヘクタールの敷地内にある その他の 施設のために4 500億ルピア(4000万ドル)を 資金提供することに 合意したためだ。 この式典は5時50分ちょうどにマデ・マンク・パスティカバリ知事と、アルゴ・マヌンガル・グループの創設者の億万長者ニン王、バドゥン市長、アグン・グ デ・アグンの子息、像作り職人ニョマン・ヌアルタの全員がスイッチに手を添え、サイレンが響き渡った。サイレンの合図に5台のミキサー車が像の足場となる 予定の大きな型にセメントを流し込んだ。 「完成に近づく像を目にして私はとても嬉しく思います。ついにバリの人々との約束を果たせるという喜びです」と語るのは像作り職人のプロのニョマン・ヌアルタ。
新しいGWKの像は20メートルあり、300メートルの間隔で難しい期間でヌアルタによって取り付けられた。
「私はとても嬉しく思いますし、同時に誇りに思います。このGWKが島と、島の住民に多くの益をもたらしてくれることを望んでいます」とマンク・パスティカ知事。

バリガルーダウィスヌ・ケンカナ – GWK

ガルーダ、ウィスヌ、ガルーダウィスヌーケンカナ、カルチャーパークヌ アルタによると像の完成までには約3年かかるという。銅と真鍮、ステンレスフレームからなる75メートルの像は西ジャワのバンドゥンのヌアルタの工房で現 在製作中だ。像の外側は22.000平方メートルにもなるステンレスの枠組みは700の部分に分けられてバリに送られる。そのためには400台のトラック が必要になる。
これらの部分は銅とセメントでできている像の足場に乗せる前、溶接される。足場自体は他の業者が作業に当たるという。
最後の作業としてGWK像は高さ75メートル、64メートルの翼を持つことになる。像は足場と併せると高さが126メートルになり、アメリカの自由の女神より30メートル以上高くなる。3000トンの重さを誇り、自由の女神の11倍だ。
gwkカルチャーパーク、gwkバリ、バリカルチャーパーク1880年後半芸術家ジャン・コトーは、1880年の終わりにフランスのグストー・エッフェルが反対にも関わらずエッフェル塔を建て、結果的には世界的に有名な建造物となり得た経験と今回のものが似ていると分析する。
「ヌ アルタは過去に縛られず、立ち向かう勇気を持ったバリ人故に批判されてきた。バリは伝統的な農耕中心の人々から近代的で都会的な人々に変化してきた。ここ に来てようやくバリは文化の象徴であったり創造的な言葉を必要としている。この観点からすれば、ヌアルタは先見の明がある人だ」とジャンは語る。
ジャンはまた、バリ人の、そしてインドネシア人、また国の特徴と文化を反映しているこの像には大きな意味があると評価。
「ウィ スヌ神は宇宙の調和とすべての命を維持する責任を持つ神。それでこの像はこの世のすべてのー人が地球を保護することにおいて役割を果たすということを表現 している。これは温暖化や自然災害が起こっている今に対しての警告でもある」と述べるのはGWK協会会長のグデ・アルディカ。
バ リ生まれのヌアルタは出身島への敬意を表するために像をバンドゥンで作り始めて25年だ。このコンセプトは観光省大臣、ヨープ通、鉱業省大臣IBスジャナ によって支援がなされている。ある計画が作られ、プロジェクトに積極的だったスハルト大統領に提出された。1997年に建設が着工されるがスハルト政権が 終わり、経済危機が訪れたため建設が停止したのだ。

バリ島ニュース – 2013年09月

バリ島でユドヨノ大統領が正式に高速道路を開通9月30日
インフレ率上昇、バリ経済に影響9月27日
バリ島、15カ国の航空機を迎えるングラライ9月26日
国際線到着が新しいターミナルに移動9月25日
バリの自然保護 9月23日
観光のためホテル産業にてバリ文化紹介を義務付け 9月16日
APECのためにングラライ空港改装スピードアップ 9月13日
ミス・ワールド世界大会はインドネシア文化を紹介 9月12日

世界の指導者inバリ 9月10日

バリの低犯罪率 9月09日

バリは海外就労者にソフトローン提供 9月06日

カルマ・ビーチ・ホテル – 海辺の快楽詩 9月04日

バリの新名所 ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK) 9月02日
LOVEバリ: 観光村としてのサヌール復興 9月32日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.