政府の 精錬所開発 を支持

政府の 精錬所開発 を支持
INDONESIA TODAY

イ ンドネシアの ビジネスメーカーは、精錬所が 先端産業を 担うと見て 鉱物と 石炭精錬所の 数を 増やす 政府の 精錬所開発 方針を 支持する。政府は UU No.4/2013(鉱物、石炭 及び 地熱エネルギー に関して)、大統領命令 No.3/2013、そして エネルギーと 鉱物資源省規定No.7/2012に基 づき 精錬産業を 増やす 方針を 採用した。
政府は銅、金、アルミ、ニッケル、鉄、鉱物やその他の精錬所を建造する予定だ。というのはこの産業は家庭での下流部門のための 未精製材料を 生産するからである。インドネシアは すでに 家庭の 必需品として 未精製材料の 80% を 輸入に 頼っている。
カマル・ダガン・インドネシア (Kadin) は、精錬所の 数を 増やすことで 下流部門発展させようとする 政府の 経済エネルギーと鉱物資源産業省の 取り組みを 尊重。

精錬所開発, フリーポート、インドネシア精錬所建造は 加工製造される 金属鉱物の 種類によって 多種多様に なる。国立 ビジネスメーカー に とって 精錬所建造は難しいことではない。大切なのは 政府が 確固として、また一致して 精錬産業開発 方針を 支持していくことだろう。
政 府が確固とし、首尾一貫する必要があるのは精錬ビジネスが草分け産業であり多額の投資、先端技術、長期的で法的確実性と他の誘因が必至だからだ。インドネ シアは鉱物、石炭、地熱に恵まれており、4年から30年の間にインドネシアは鉱物製品の世界ニーズに応えることができる国に成長していなければならない。

インドネシア ASEAN産業の 中心地域になる可能性

精錬所開発, ニュースインドネシアは ASEAN 経済 コミュニティ 2015 (AEC-2015)実施後に 加工産業と 手工業 産業において 中心的 存在になる可能性が 大きい という。しかし この実現には インドネシアが インフラストラクチャ、 土地、 そして 熟練工を きちんと動かせるかに 大きく かかっている。

AEC-2015に 向けて 重要なことは、インドネシアが 社会的 要因、つまり AECを受け入れる 人々の 準備だ。インドネシアは ASEAN 経済 コミュニティの中で 競争しなければ ならない 中小企業 ( UMKM )に 準備させる点では、組織的でも なく 首尾一貫している わけでもない。

UMKM はAEC内で 自分の 役割を 果たさなければならない、というのも インドネシアは AECに 国内要素を 仲間入り させるために 多大な 努力が 依然として 必要だから だ。もし インドネシアが AEC-2015に 直面する 準備が できたとしても、それはもう 意味をなさない。というのは AEC 実施が すでに 目の前に あるからであ る。しかし 意味をなす 疑問として、インドネシアは AEC-2015 に直面するにおいて 必要な 具体的な 準備を したかどうかということだ。

バリ島ニュース – 2013年07月

旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに 7月31日
政府が精錬所開発を支持する方針7月30日

日本とインドネシアは珊瑚を移植する 7月29日

アジア開発銀行 個人消費によるインドネシア成長を予想 7月25日

APECは大統領はバリでのAPEC首脳会議の準備と海上有料道路を確認7月23日

APECはインドネシアの優先事項を討議 7月22日

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ7月19日

財務部局と日本FSAが提携に合意 ト7月18日

政府は投資向上のためライセンス規定をカット7月17日

日本はインドネシア国民に対しビザ条件を緩和する 7月15日

燃料価格上昇 観光に影響懸念 7月12日

世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正 7月11日

航空輸送が国内観光の開発を促進 7月10日

燃料値上げに対し燃料消費量が増加する 7月04日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.