投資調整庁 日本からの投資簡易化 -日本はインドネシアにとって重要

投資調整庁 日本からの投資簡易化 -日本はインドネシアにとって重要
INDONESIA TODAY

投資調整庁 (以下BKPM)長官は、BNI を橋渡しに 愛媛県の 企業家らへ 投資許可の 簡易化を 約束した。BKPM は日本からの投資がうまくいくことを確信させ るために、関係各省や各機関、地方自治体に投資アドバイザーとして促進と話し合いを行う予定だ。BKPMは、在インドネシア外国人企業家と投資家の問題点 が、あまりに長い官僚の障害が原因だとしている。在インドネシア企業家と投資家は、官僚関係のこととなると信心深くなる傾向があるようだ。書類を提出後は いつ許可が下りるか分からないため天に身を任せるのみ、という状態になる。しかしこれからはすべてBKPMが手順通りに進んでいるかを確認するため手続き が容易になるという。

投資調整庁BKPMは、中村時広 愛媛県知事と 省三商業産業室長 とを招いた バンクネガラインドネシア (BNI) 主催の パネルディスカッション において 重要会議を 行った。この機会において日 本の BKPM 長官は、膨大な 投資をするために インドネシアの友 という 位置づけとなっている。投資における 日本との関係は、2012年度 に日本からの 投資が 25億ドル に達したために 大いに 重要なもの となった。ついで BKPM によれば インドネシア は 日本との 協力や 投資関係に、単なる ビジネス以外のものも 求めて いるという。とはいえ、建設業の いっそうの 発展のため インドネシアを 日本が 援助することも求めているようだ。バンクネガラインドネシアは日本とインドネシ アの企業家間の架け橋を作るべく、愛媛県議会との共同関係を結んだ。最近14の企業で構成された愛媛県の代表団は、BNIお得意先の35のインドネシア企 業とインドネシア企業家連合(Apindo)所属の20の企業家と、インドネシアと日本との関係における共同関係強化のために会合を開いた。

日本の投資、投資調整庁愛 媛県企業家とBNIを架け橋としたインドネシアとの共同関係は新しい面であり、インドネシアにおける日本の投資が以前は大手の大企業だけが占めていたが、 現在では中企業が投資を行なっているのである。インドネシアでの投資を円滑にできるように、これら中企業には助け舟が必要で、BNIがその助け舟を、単な る資金や設備提供ではない助け舟を出すことを企業家たちは願っている。それに加えてこの愛媛県の企業は、インドネシア全土における労働者や税金、またビジ ネス設立の仕組を理解する必要がある。また中企業にとって金銭面での損失は大きな打撃となる、そのためこれらの企業はインドネシアの投資事業計画をあらか じめ教えてもらうことや、リスクをできるだけ抑えてもらうことも必要なのだ。インドネシアでの投資界という新しい面への変化によって、このインドネシアと 日本二国間の良好関係が築けるよう、またインドネシア国民のために仕事の場を創ることが願われている。他方、インドネシアでの投資が簡易化されたことで日 本の企業家がいっそう増加することであろう。

バリ島ニュース – 2013年04月

海上高速道路、地下トンネル、空港プロジェクト 2013年6月に完成 4月30日
バリで海草シンポジウム 50カ国が出席 4月29日
ジャカルタ観光 その2 4月27日
ジャカルタ観光 4月26日
アメリカとオーストラリア軍 バンドゥン製の弾薬を使用 4月25日
政府が3つのガソリン値上げ指針を準備 4月22日
インドネシアとデンマーク協力関係強化 4月19日
シティリンク ガルーダインドネシア傘下の格安航空 4月18日
日本からの投資簡易化 -日本はインドネシアにとって重要-4月17日
パリマラソンでインドネシア観光をアピール 4月16日
インドネシアの若い世代 外国語習得に意欲 4月15日
インドネシアはスペインの注目の的 4月11日
2014年のインドネシア経済成長目標は6,9% 4月10日
インドネシア中央銀行新総裁アグス・マルトワルドジョ 4月09日
米国フランチャイズ10店はインドネシアの新フランチャイズ規制に入る 4月08日
ハイレベル•パネル25から27バリ2013年3月 4月04日
バリ文化と観光は経済投資を促進する 4月03日
インドネシアのスマトラ島とカリマンタン島(ボルネオ島)における野生のオランウータン 4月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.