国際海藻シンポジウム -バリ島のヌサドゥアで大きな会合

国際海藻シンポジウム -バリ島のヌサドゥアで大きな会合
INDONESIA TODAY

国際海藻協会(ISA)は、20年近く 待った後、2013年 4月21日~26日に バリ島の リゾート地、ヌサドゥアコンベンションセンターで 開かれる 第21回 国際海藻シンポジウム (ISS)の 主催役に インドネシア を選び、ついに、インドネシアの パラダイスリゾート、コンベンションセンター で、ISS21 は開催される。サファリ(Safari)氏は インドネシアの 海藻協会 会長を 兼任し、海藻は およそ 30年前に インドネシアで 始まっ た広範な 商業海藻を 養殖して 経済を 向上させ、沿岸の 市民と バリの ヌサペニダ島 にいる人々の 主要な 資源である。それ以来、海藻の 養殖と 加工は 全国沿岸地域で 何万人 もの人々にとって、収入を 提供する 重要な 産業となっている。現在、インドネシアの 海藻産業は、主に カラギーナン や 寒天 の原料となる 海藻に 基盤になっている。広大な  自然、地理的 また 人的資源 により、インドネシの 海藻ビジネス産業の 拡大と 多様化 のための、とても 大きな 機会がある。それを 実現させる 計画の中で、前進し 繁栄するために 海藻科学者を 動員する 必要があり、それは、第21回 国際海藻シンポジウム のテーマである。政府は、海藻産業化計画を 実現するよう 努力している 政府と 共に 調整や 良い コミュニケーションを 持ちたいと 望んでおり、沿岸地域や 小さな島々で、観光地と 海藻栽培地との 調和が まもなく具体化 することを 期待している。

国際海藻協会会長 イアン・C・ネイサは、ISSは海藻の研究と利用に関わる個人や組織にとって最も重要な国際的なシンポジウムであったと述べた。また、ISSは科学者、技術者、ビジネスマンや最新の研究成果を提示するための資源管理者、アイディアの交換、協同効果の建設のためにフォーラムを提供している。このシンポジウムは、インドネシアの海藻科学と利用に従事している学者や民間、私立組織からのビジネスマンと一流の科学者で構成させているインドネシア国家組織委員会により開催される。

国際海藻シンポジウム

国際海藻シンポジウム, 海藻インドネシアこれは、海洋水産部、 未開発地域の開発省、 観光経済産業省、インドネシア商工会議所、 バリ商工会議所、バリ州政府、バンドゥン地方政府、 バクリエ大学、インドネシア海藻協会(ARLI)、インドネシア海藻農家 と 栽培管理協会(ASPPERLI)インドネシア海藻協会 によって 支持される。海洋水産大臣 シャリフ・C・スタルジョは、インドネシアは、コー​​ラル·トライアングルゾーンの中心に戦略的な地理位置を持っている と述べた。熱帯地域として インドネシア海域は、オゴノリ 、テングサ、 キリンサイ、 ハピネア、 ホワンダラ、ツゥルビナリア などの 555種類 以上の 海藻の 生殖質資源を 持っている。1,110,900クタール に 達すると 推定される 海藻の 栽培地域を含め、インドネシアでの 養殖の 可能性は とても 高いので、海藻の 生産と 産業の 発展の 機会は とても 大きい。インドネシア政府は 海藻産業化 と呼ばれる 政策の 枠組みで、2014年 には 最大 100万トン、海藻栽培の 生産を 増加させる 政策を 通じて 海藻産業の 発展に 支援していく。ヌサドゥア、バリ、海草海草産業化は、栽培、種子の 準備、社会経済、収穫後の管理、市場の 資本管理の 間で 統合された 活動である。

さらに この事は、政府と 民間の 両方の、多くの人々を 含むことが 出来るように、付加的価値と 効率性と 競争力のある生産規模を 拡大する 産業に 基づいて、統合的に 組織された。政策の 目的は、外国為替を 高めるだけではなく、海草農業へ 仕事を 提供し 繁栄させ、中小企業や より小さな 海草養殖企業を 促進させるため である。これは 国際海藻会議シンポジウム の主催役に なるため インドネシアにとって 一つの名誉 であり、それで 政府は すべての 参加者が 情報、アイディア、提案、 海藻についての アドバイスを 共有できるように 期待している。海藻が 益々 人気になっている 主な 理由は、その栄養価と 低カロリーによる。また 海苔は、食物分解から 作られる フリーラジカルを 減らし、細胞の 損傷を 防ぎ、骨粗しょう症を 防ぐ ビタミンKが 豊富なためだ。また、人間の 生活に 欠かせない、ヨウ素、マグネシウム を 豊富 含んでいる。それがなければ、人間の 体は 代謝を 調節したり、多くの 身体機能に 役割を 果た す甲状腺ホルモンを 合成 することはできない。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.