国内投資家 バリの不動産市場を刺激

国内投資家 バリの不動産市場を刺激
INDONESIA TODAY

バリ観光成功 を陰で支える原動力であり続けている。最近の報告によると、大手コンサルティンググループの ホーワスHTLとC9ホテルワークスで 最近リリースされたバリホテルやブランデッド・レジデンス・アップデートが インドネシアの購買力増加の影響です。もてなし主導の住宅市場にも 反映されているジャカルタ、バンドンやスラバヤの 投資家から大規模な 投資が行われている。

インドネシアの バイヤーは、バリの不動産取引市場の80%を 占めているが、販売ペースが 縮小している兆候があった。国内投資家は 最も支配的であり、続いて外国人 投資家と続くが、国内投資家は 引き続きジャカルタ、バンドンやスラバヤから、バリを推進して いる状態だ。バンドンは、バリの不動産では キープレーヤーであり、最大の買い手である。不動産市場の 強いプレーヤーの他に、新しい 宅地開発業者も多く 存在する。しかし、暗点として土地の 価格が天にも 届く程高騰しているために、宅地開発業者が プロ​​ジェクトを成功させる ことは非常に困難 だということだ。

バリ島不動産の適切な場所

バリニュース、バリ島不動産バリの土地の 高価格にもかかわらず、市場の積極的な 面を見たがために投資家は まだ島に建設投資しようとしている。そんな憶測や 不動産取引があるが、ホテル不動産の 取引が新しくバリに来た 国内買い手によって 未だ行われている。それは、他の市場に手を つけたくて、不動産取引のための適した 場所としてのバリを 見るために、である。報告書はまた、ホテルが建てられるやすぐさま オープンとなるため、収益性を 保護することがますます 独創的になるためには 宅地開発業者や ホテル経営者が必要になる、と説明している。年々6月の 数字を見てみると、今年は神々の 島のホテルの部屋の夜の 供給がさらに 増加し​​たことを示した。数値は、市場全体の 占有率がダウンして 数パーセントであった ことを示すが、今日のホテル 経営者は未だ新しく 不動産取引や購入ができるのである。
中央統計局からの データを引用すれば、その報告書は、国内線到着は初めて 600万を突破、前年比7%アップ、国際線到着は 300万に及ばず、前年同期 比わずか4%のアップであると 述べている。

国内投資家 バリの不動産市場を刺激, バリ島ニュース

国際線到着は ここ5年間で減少を続け、国内線到着との 割合はわずか30パーセントになっている。国内の 観光客数は4年間で倍増、海外の経済悪化を後目にここ5年間のより多くの国内消費の堅調な伸びや商品価格の上昇が強力なインドネシア経済を維持しているのだ。
2014年を見据え、バリは海外からの 観光客や新興市場からの ますますの到着が 期待されている。しかし需要ペースは 供給のさらなる大幅な 増加によって凌駕される可能性が高い。そのため現在金利に 堅調に推移し発展に アプローチするよりも、市場のギャップを埋めるために 新規供給を調整する ことが重要になる。
一方、市場の大きさを見るために 密接に関わっている不動産市場、一つの重要な セグメントは、チプトラのような 強力なインドネシアの 宅地開発業者に支えられ、市場に来ているような ローズウッド、ラッフルズ、フェアモント およびジュメイラなどのブランド力を 持つ高級ホテルヴィラの後を 追う形となる。これらの数百万ドルの不動産は、はたしてバリへ海外バイヤーを誘導することができるだろうか?去る10月APECが成功に終わり、島は現在GDP成長率が鈍化中、パフォーマンスを維持する使命を帯びながらも、観光業は通貨価値低下のために弱体化しているのである。

バリ島ニュース – 2013年12月

バリのホテルでの休日と年末祝祭 12月06日
インドネシア インセンティブ旅行を推進 12月05日
バリ・トランベンの難破船ダイビングスポット 12月04日
国内投資家 バリの不動産市場を刺激 12月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.