出資者がサンゴ礁の保護を計画

出資者が バリのサンゴ礁 が保護を計画
INDONESIA TODAY

非政府組織(LSM)は、地球温暖化による 白化の影響を受け、地域社会と協力し バリのサンゴ礁 を回復する計画を 立てている。サンゴの白化に関する 最近のワークショップでは、2009年と2010年にサンゴの 白化の影響を議論し、近年の事例から 将来的に白化する 可能性を予想した。

アチェ、バリおよびロンボクからの 参加者のほかに、マレーシア、タイからの代表も サンゴの白化を扱う上での アイデアや経験をシェアするために 出席した。彼らはまた、事例が海洋観光に どのような影響を与えるかに ついて議論した。海水温度が大幅に 上昇し続けることで、サンゴの白化が、より深刻で頻繁になる 可能性があると予測されている、と米国海洋 大気庁(NOAA)のサンゴ礁海洋物理学者は 強調した。
参加者はまた、現行の規制、海洋公園や 漁業の保全と管理を 実施することの重要性についての 考えをシェアした。サンゴの白化は 特にダイビング観光のマイナスになる 可能性がある。そのためダイビング業者は、サンゴ礁 管理に関するトレーニングや能力 開発活動に関与すべきである、とインドネシアサンゴ監 視財団は説明する。

インドネシアのサンゴ礁

出資者がサンゴ礁の保護を計画, サンゴ礁バリとギリ島ではすでに、ダイビングのと シュノーケリングのガイドによる サンゴ白化などの経営的側面からの 訓練が行われている。シュノーケリングや ダイビングの際サンゴ礁が 破壊されないように、認定プログラムのコードを 適応していることを確認する ことが、ダイビング事業者、シュノーケルガイド、また観光事業にとって 重要になってくる。シュノーケルやダイバーのための 意識を高めるための アウトリーチ·プログラムもまた、具体的な 計画として含まれている。

海洋科学者たちは、大量白化は  2009年と2010年に列島を 中心にいくつかの 領域に記録された後、インドネシアの サンゴ礁は、今年白化の別の サイクルを経験する 可能性があると 警告している。研究では、大量白化の 結果異常に高いまたは 長期の夏の海水温度上昇が あったため、 2010年は東南アジアの サンゴ礁にとって良い年 ではなかったことを示している。
バリダイビング. サンゴ礁. バリニュース 1998年以来、大量白化は、東南アジアやインド洋の 広い範囲でサンゴ礁に影響を 与えている。白化はインドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、モルディブ、東アフリカの 一部で報告されている。 NOAAサンゴ礁監視 プログラムでは、白化が非常に 強く、多くのサンゴの死滅を 引き起こす恐れがあると述べている。世界のサンゴ礁の 推定16パーセントが1997年から 1998年の白化により死滅し、これはここ700年間で 最悪の数字となっている。 インドネシアに おいて白化はスマトラの アチェやパダン、ピラウスリブ国立公園と カリムンジャワ国立公園、バリ、ロンボクのギリ諸島 だけでなく、ワカトビとトミニ湾で 記録されており、スラウェシ、マルクと 西パプアでのラジャアンパットも例外ではない。
バリ島カランアサムのアメドに あるリパー港では40%が白化。 4月にはミドリイシや ハマサンゴの白化が 40%から60%を記録した。他の白化現象も 15%未満ではあるものの、バリのムンジャンガン島とチアガ湾において白化したサンゴがあることが報告された。ロビナ、トランベンのサンゴの10パーセント未満に白化が認められた。 ギリ島で6月にサンゴ礁調査がマンタトウを使用して調査され、その調査ではサンゴ礁領域で10から55%の白化が判明した。インドネシアでのサンゴ礁は、破壊や魚類乱獲、サンゴの採掘、汚染、沈降および沿岸開発に関連したサンゴ礁の埋め立てなどの脅威に晒されている。このような状況ではあるが、まだ回復のチャンスは残されている。

バリ島ニュース – 2014年01月

出資者がサンゴ礁の保護を計画 01月31日
バリは国内で世界の観光プロモーションを準備 01月29日
バリはカラフルな中国旧正月を準備 01月28日
バリ州知事、バリ住民のための健康保険をカバーするため誓約 01月27日
クタ・アート・クロマティックはローカルアーティストを結集 01月23日
ヌサペニダは海洋保全省を取得 01月22日
バリの観光地見本プロジェクトとして選ばれた地域 01月20日
バリの新地域で高級ホテルとヴィラがターゲット 01月17日
バリ観光地としての100の村 01月15日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.