儀式と文化 の中のバリダンス

儀式と文化 の中のバリダンス
INDONESIA TODAY

儀式と文化 に溢れるバリは、ガムラン音楽無しの日常は無く、神々の島と名付けられた社会に見られる儀式活動と、独特な雰囲気とダンスに随行している。バリに力を与えているその音楽とダンス儀式は、その魅力と、バリへ休暇を楽しむために訪れる観光客を含め、全ての市民に爽やかさを与えている。バリの伝統、文化、宗教は、お互いを補う一致を作り、神々の島、ヒンズー社会の宗教形態の中で益を与えている。プラ(崇拝場所の名前)での“ピオダラン”儀式に見られる事柄、例えば、文化、カラウィタン音楽、ダンス、聖歌、ジャヌールまたはバンテンと呼ばれる飾りや文化は、常に宗教活動や“パンチャ・ヤドゥヤ”と言う宗教活動に関連する行為に追随している。ダンスは宗教活動を後押しする社会活動と社会文化だ。

はじめに 芸術は、バクティとしての サンヤンウィディ、マハ・エサである 神へ 捧げられる 独創的な 創作として 成長してきた。ダンスは、宗教的価値観に 染み込ん だ文化創造の 一部だ。神聖な 芸術は、特定の時、つまり 宗教儀式に 関係のある日に開催される。

儀式と文化

レゴンダンス、バリニーズ儀式、文化踊りは、創造者へ、つまり 最高の 誉れを 帰するものとして神へ 捧げられる 芸術である。さらに、踊りも、ヒンズー教信仰によって 縁取られる 文化の 美的表現であり、その魅力ゆえに 多くの 外国人観光客が 訪れ、楽しんでいる。このように、宗教と バリの 伝統や 習慣は、間接的に 社会へ、特にガムラン音楽、ダンス、絵画、彫刻、装飾品に 深く浸 透している。

ヒンズー教の儀式
様々な 芸術が、一般的に 地域社会で 信仰されている 宗教儀式と 密接な 関わりを持ち、次世代へと 継承する バリ社会の独創性を 生み出している。そのため、パーカッション とダンス、礼拝と 伝統儀式、宗教儀式に 多くの 芸術が 関連している。バリは、国際的な 観光地として、エンターテイメントを 提供する、もしくは 表現の 自由を 通して 市民や 観光客を 癒し、舞台芸術を 育ててきた。芸術、また その成果は、ある人の 本能を 放出する 一つの 表現であり、その結果、クリエイター、俳優、楽しむ人としての 美的感覚を 引き起こす。芸術は、伝統への関心事、文化と宗教、魂を 精錬することを 基本としている。そのすべては、バリの 伝統的な 文化の 価値感、特に神々の島の文化、活発な 宗教活動の中の 様々な 芸術的な 捧げ物を 通して、美的感覚を 植え付けることを 目指している。
神聖なダンス哲学
バロンダンス, バリ文化神聖なダンスは、宗教活動の中で何でも神聖視し用いることはできませんが、特定のダンスが神聖なダンスになるいくつかの規則がある。以下の通り。

宗教儀式面。すべての活動は、仮面の木材を選ぶような、材料選びから始まり、ふさわしい儀式とふさわしい日を選ばなくてはならない。

ダンサー面。ある ダンスは、結婚しておらず 神聖であると考えられる人によって行われ、催されなければならない。

その開催される 日は、良い日が 選ばれる。

したがって、神々は 霊的肉的、大規模 小規模な 繁栄と言う祝福を与え、是認する。例えば、ピオダランの際、プラにある龍は、崇拝され、祀られ、踊られる。その行為は、神聖な事柄の一つである。神聖さ、その価値は 特定の儀式と 結びついている。神聖であっても無くても、ダンスと 舞台芸術は、娯楽実技 や宣伝として決して 雇われたり 貸されない 神聖なダンス のような、いくつかの 一般カテゴリーに 測られる。

バリ島ニュース – 2013年05月

グリーンピース「虹の戦士号」、インドネシアに再航行5月31日
インドネシア家具の輸出成長る5月29日

インドネシア経済は強さを維持する5月28日
セイル・コモドとその長期的利点5月27日

儀式と文化の中のバリダンス 5月24日

インドネシアの石油とガスは投資家にとって魅力的 5月21日

バリで2013ミス・ワールドのコンテスト 5月20日
バリ島観光旅行成功を陰で支えるバリの女性たち 5月17日
バリの知事選挙5月15日
BNIは山口フィナンシャルグループと提携を結ぶ 5月14日

ガルーダ・インドネシアは世界の航空会社ベストリストに入った 5月13日
インドネシアへの観光客が増加 5月09日
バリマラソンへの準備 5月08日
日本 災害教育協力をオファー 5月07日
保健省はH7N9ウイルスを防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける 5月06日
ロンドン・コーヒー・フェスティバルとルアックコーヒー市場発展におけるインドネシア 5月04日
 シティ・リンク2013年に乗客780万 5月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.