保健省はH7N9 ウィルス を防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける

保健省はH7N9 ウィルス を防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける
INDONESIA TODAY

既に 周知のように、中国本土は H7N9 鳥インフルエンザの 症例が 確認されており、100人 以上が 感染している。致命的な 新型 インフルエンザの 最新のケースは 湖南省で 最初に 発見された 病気が 含まれる。世界保健機関(WHO)当局者は 今週、中国への 旅行を 締結し、中国政府は 致命的な 新型 インフルエンザを 制御するため 努力した後も、その症例は 上昇している。 消費者は、政府が 調理された 鶏肉は 安全である と言っているが、鶏による この ウィルス の 拡大に 警戒している。この病気は、最初に 発見された 中国東部の 地域から 広がり 続けている。台湾も 今週 初めて 症例を 報告した。中国は 台湾の 領有権を 主張し、中国本土の メディアは 台湾と 本土の H7N9 ウィルス の 数を 統合している。中国国家保険家族計画委員会はA型鳥インフルエンザ(H7N9)の症例の 増加が 確認されたと 世界保健機関(WHO)に知らせた。新たな 症例の 増加により、WHOは、現在 合計126の A型鳥インフルエンザ(H7N9)の 人間の 検査確定症例と 24名が 死亡に 至った ウィルスが確認されていると 述べた。

H7N9, ウイルス, h7n9ウイルス2つの 新たな 犠牲は、江蘇省から 以前に 報告された 陽性患者からの ものである。ウィルス 拡大防止のための 中国政府は 最大限の 努力しているが、インドネシア、特に バリ島は観光地として 世界中から 観光客が 集注するため、インドネシア政府は 保健大臣を 通じて H7N9ウィルス から 国と島を 守り、観光客の 入国の 安全を 確保したい。中国政府は、現在の 経済は 急激に 成長しており、国外への 旅行に 金銭を 費やしている と述べた。リゾート地として 世界で 有名な バリ島は、東南アジアを 訪問する 際の 主な 目的地で、2013年の 最初の 3ヶ月間で 103,997名の 中国人観光客が この島に 到着したと
報告された。

サーマルスキャナ, バリ空港、到着インドネシアの特定の空港で安全を制御するために、各観光客、特に中国大陸と台湾からの飛行機の乗客のスクリーニングの準備をした。保健省は、中国を襲った新たな鳥インフルエンザH7N9型の被害拡大を見越して、国際空港と港でサーマルスキャナを設置した。政府は調査を受け、全ての機器は準備ができている。しかしWHOと東南アジア諸国の間では、現時点で機器類を活用しないという契約がある。機器の活用は随時評価されており、インドネシア保健省は必要に応じて国際空港のチェックイン場所と港で準備をしている。サーマルスキャナの準備以外に、同省は港健康管理課(KKP)を割り当てられ、空港と港周辺に、健康喚起の横断幕やポスターを設置した。

その他に、すべての 地方の 保健事務所は その地域で、新種の H7N9 を 含 む鳥インフルエンザ症例が 発生する 可能性を 警告するよう 求​​められており、いくつかの 通達を送って 状況を 更新している。保健省 も、個人用保護具と 抗ウイルス薬の オセルタミビル などの 既存の 物流を 確認するように 求められている。H7N9ウィルスの症状の乗客は、国や島への入国が禁じられ、感染した人の帰国も拒否されている。感染症の乗客の移動時は他の乗客に感染しないように、またH7N9ウィルスのクリーン先から来る他の乗客との判断ミスを防ぐために隔離される。インドネシア政府は、旅行や仕事でこの国に到着するすべての人が安全と感じられるように、また島をどのように保護するか解決策を見つける。

バリ島ニュース – 2013年05月

グリーンピース「虹の戦士号」、インドネシアに再航行5月31日
インドネシア家具の輸出成長る5月29日

インドネシア経済は強さを維持する5月28日
セイル・コモドとその長期的利点5月27日

儀式と文化の中のバリダンス 5月24日

インドネシアの石油とガスは投資家にとって魅力的 5月21日

バリで2013ミス・ワールドのコンテスト 5月20日
バリ島観光旅行成功を陰で支えるバリの女性たち 5月17日
バリの知事選挙5月15日
BNIは山口フィナンシャルグループと提携を結ぶ 5月14日

ガルーダ・インドネシアは世界の航空会社ベストリストに入った 5月13日
インドネシアへの観光客が増加 5月09日
バリマラソンへの準備 5月08日
日本 災害教育協力をオファー 5月07日
保健省はH7N9ウイルスを防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける 5月06日
ロンドン・コーヒー・フェスティバルとルアックコーヒー市場発展におけるインドネシア 5月04日
 シティ・リンク2013年に乗客780万 5月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.