中国系インドネシア市民

中国系インドネシア市民 は国を前進させる国家の一員として準備した
INDONESIA TODAY

スシロー・ユドヨノ(Susilo Yudhoyono)大統領 は日曜日、ユドヨノ夫人を 伴って ジャカルタの クマヨラン、ジャカルタフェアアリーナで開かれた 中国系インドネシア市民 が多く集まる cap go mehの 祝賀イベント に出席した。インドネシアの 中国社会は 中国の 新年 または 旧正月 イムレック(Imlek)の後 15日間 cap go meh を祝い、この 新年行事は 中国·インドネシア 合同フォーラム(FBIT)が 主催した。真実を維持し 全ての 関係者を 招待する モメンタムとして、国を愛し、大国家、重んじられる 国としての インドネシアの 評価を守るために、今年の テーマは 旧正月 イムレック 2,564 を認識する「 インドネシア の進歩 」とした。その レセプションの 中で 中国・インドネシア合同フォーラム 会長 ムルダヤ・ポー・W(Murdaya Poo W)は インドネシアの 華僑は インドネシア国家の 人種や 民族に 対する 差別を 失くす 2008年 NO.40 の律法に 順守して この国の 進歩のため、国民の 一部として 準備が できていると語った。

私達は 現在、インドネシア国民として 平安な インドネシアを 築くため 同じ 責任と 義務を 持っている。なぜなら、現在の 多様な Cap Go Mehの 一致した 国家原則は、国の 資産の一部 となっている。この催しは 国の 努力を イメージする テクノロジーと、交流と 文化との 面で 前進する 国民になるため インドネシアの 発展の 中の 役割を 演じる 旧正月 と言う主題で 40分の 音楽劇によって 認識された。ユドヨノ大統領 は 教育文化大臣 M・ヌー(M Nuh)、法律安全経済調整 大臣 ジョコ・スヤント(Djoko Suyanto)、東警察庁 チーフゼネラル プラドポ(Pradopo)、政治コミュニケーション大統領 特別補佐官 ダニエル・スパリンガ(Danier Sparringa)とジャカルタ 副知事 バスキ・プルナマ(Basuki Purnama)と 同行した。

中国系インドネシア市民

キャップ・ゴー・ミー、インドネシア、大統領グロドック地方のビジネスマンは、その地域の数千人の商人が出席したジャカルタのCap Go Mehは賑やかな集いになったと語った。商業大臣マリ・エカ・パンゲツ(Mari Elka Pangestu)はグロドックは国の経済を支えるカギを握る地方だと語った。このCap Go Meh祭はハルコグロドックの正反対の呼び名、またパンチョランマス地方として知られるパグユバンプダガンパンチョランとグロドック (P3G)によって開催された。ひしめき合う群衆は獅子と獅子舞のアトラクションを近くで見ようとし、担当者も華僑である商業大臣を守るために圧倒するほどであった。グロドック地方も彼らの製品は競争に負けないので、国内で国家経済を支えることができる。西インドネシア時間11時頃に始まった催しは大盛況だった。なぜなら大多数の商人がカンフーと呼ばれるアトラクションと中国の踊りを近くで見、この丑年に容易に福を得ることを希望し獅子へお年玉をあげたいと思ったからである。

パレードキャップGo Meh, キャップゴー・ミージャカルタとは違い多様な民族から成る数千人のジャンビ市民がコンフチュ民族によって開催されるCap Go Meh 2013のお祭りを見るために、タランジャウにあるチャイナタウンに詰めかけた。獅子舞と神々の儀式とコンフチュの教えの神の彫像を導く様々なアトラクションとその宗教儀式は彩りを添えた。その催しの中で超能力を持っていると信じられている幾人かの人によって、少なくとも10の神の彫像が導かれ、ある寺院から他の寺院へ巡り歩いた。寺院を巡るほかに、健康と福を得ることができるように、中国人の家々に入り、家の主人のために祈りを捧げた。その神の導き手のほかに、超能力を持っていると信じられている2、3人の人がいた。この2人は普通は霊にとりつかれているゆえに無意識の状態で歩き、彼らの祈りを通して親切を与えることができる、と言った。監督のもとで、この二人はおもりのような尖った鋭い武器と鎖づなを持ちます。時折彼は彼の背中に尖ったおもりをぶつけ、そのゆえ彼の背中の皮は剥がれてしまいます。また、もう一方の人は長い鉄の棒で彼の頬のを突き通し、反対側の頬も突き刺します。その突き通された鉄の端にバナナのような果物を刺します。その上時折彼らは、故意にその神の導き手を遮断する道の真中で燃える火を飛び越えます。この催しから私たちの種々の文化をジャンビで垣間見ることができた。またこれを共に継続するように見守るのはふさわしいことだ。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.