世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正

世界銀行 インドネシアの経済成長 目標を下降修正
INDONESIA TODAY

世界経済の状態が向上しなかったため 世界銀行 は インドネシアの経済成長 目標を6,2%から5,9%へと 修正した。世界銀行が5,9%に成長率を 修正したの は、世界的影響と投資の 減少が理由だ。インドネシアの大臣は 世界銀行の予測を満たすために 最善を尽くすことで、APBNが定めた 成長目標を満たし、政府は 目標達成に向け努力する 必要がある。
一方財 務省副大臣 マヘンドラ・シレガーは世界的な 景気減速に注意する必要が あるという、というのは、インドネシアの 貿易相手が未だ経済危機から 完全には回復して いないからだ。政府が 世界的圧力に対処する過程の中で 実行できる措置の一つに、世界状況が刻々 と変化する中での構造改革の 実施と予算方針改善である。政府 によって 行われた様々な 努力により国内経済は 6%以上の成長を遂げる ことができるという。

世界銀行 食料品価格不安定の下での栄養改善を支持

世界銀行, インドネシア経済, 世界銀行 インドネシア

世界銀行が 2013年の経済成長を 6,2%から5,9%に下降修正したのは、国内消費と 輸出の減少が要因だ。国内需要と 必需品、輸出収益の 遅延のため下半期 までは 未知数となっている。インドネシアは一四半期の 経済成長低迷による 量的金融緩和予定撤回のような 経済圧力により継続的な調整を 行い、マクロ経済の 安 定性を図る 必要がある。

世界銀行グループは 世界的な栄養改善プログラム 運動を支持しており、特にインドネシアの 貧困層へ、予想が困難な 潜在的食料品価格上昇を 予測することを 行っている。
世 界的に 見ると、5歳未満の 1億6500万人の子どもたちの 成長は、栄養失調により 妨げられている。これは貧困の結果だ。

インドネシア経済、世界銀行、ニュースそのため世界銀行グループは 発展途 上国で 母子死亡のための栄養プログラムに これまでの3倍の資金を 当てることにした。そしてその資金は 2011年から2012年の時点で 2億3000万ドル に達している。
この資金から 約90%が世界 銀行国際開発協会(IDA)の 子会社を通し、世界の貧困国に資金を 支払うために利用される。資金増加も 世界的な食料品価格の 不安定性を予測 してのもので あった。そのため世界銀行は 農業組合で行われている 活動である世界 農業食料安全保障 プログラム(GAFSP)を通して 活動している。
インドネシアは 様々な食糧 安全保障機関の 問題が、農業、海上、漁業に おいて解決されるなら 世界の表舞台に立つことが できる見込みがある と見られている。
2007年から 2011年における 魚介類の輸入率が 36,13%上昇した ことは、インドネシアが 未だ魚介類の 国内供給に大きな 問題を抱えていることを 物語っている。さらに、国内魚介類の 消費量は この5年間で 上昇を続けている。

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.