レバラン期間のバリ島

レバラン期間のバリ島
INDONESIA TODAY

レバラン期間のため ングラライ空港は規制
国営空港営業会社 アンカサ・プラⅠは、大規模な 改装中の ングラライ空港の 新施設で 観光客が 迷うのを 避けるため、統合した 支援ポイントの どこでも、イドゥルフィットリーの 観光客支援 のため 特別な 支援を 形成した。新ターミナルに 到着する 乗客へ、最高の サービスの 提供のために、電車と 増加施設 を準備する。
イドゥルフィットリー 観光客の 観光期間の ピークは、イドゥルフィットリーの 4日前となり、2つある 場所は、国際線の 出発ターミナルに 位置し、もう一方は 国内線ターミナルだ。アンカサ・プラⅠ、トゥバン警察、ングラライ空港、医療提供者から約1,100名の人員は、イドゥルフィットリー祭日の間、1日 24時間体制で 乗客を 支援する準備が整う。

イドゥルフィットリーに向けて87本の航空便を増加

レバラン, エアポートバリ島レバラン期間のバリ島 ングラライ国際空港の 管理は、6つの 航空会社と共に、レバラン 期間中の 旅行者の 増加を 予想し、87本の 便を 追加する 計画だ。昨年よりも 52パーセント 増しの、臨時便 11,862席 を 増加する。この 増加便は、レバラン 帰省のため いつも混みあう ルートで 飛行する。
ナショナル フラッグキャリア ガルーダインドネシア は、6,300席の 総容量で、エアバスA330-200や ボーイングB737-800 などの 大型機 を 活動させ、ジャカルタ-バリのルートで 35便 を 増加する。スリウィジャヤ など 他の 国営航空会社も、合計 3,360席 となる 28の 臨時便を、バリ-ジャカルタ間で 就航させる。臨時便 から 恩恵を 受けるのは インドネシア 西部からの 便だけではなく、大スンバワ島、マウメラ、トミア島、ワカトビ、ビマなど インドネシア東部への 便を 求める旅行者も、増便から 恩恵を 受けれる。この ルートを 飛行する 航空会社は、スカイ航空、トランス・ヌサ、アヴィアスターで、合計 2,202席 となっている。
ングラライ, ングラライエアポート, レバノンの休日, エイド乗客の 安全保障と 安心のため、アンカサ・プラⅠ(PAPⅠ)と 空港管理 は、警察、空港健康課、航空会社、地上スタッフと協力して、より 集中した サービスを 提供するため、8月1日 から 16日 まで 24時間ブースを 開設する。メインブースは 国際線 出発ターミナルで、追加 スタンドは 国内線出発 ターミナルで 見つけることができる。
今年は、昨年と 比べて 30パーセント まで 乗客が増加し、出国の ピーク日は、祝日の 4日前と その後9日間だろうと 予想される。バリの 交通機関からの データ によると、空港業務は、去年の レバラン期間中に、3,088便 の出発・到着と、国際線からの 乗客 合計 365,917名 だった。
昨年は、2011年 と 比べると 乗客数は 16.71パーセント、便は 14.20パーセント 増加した。レバラン 時期に 国内の 乗客の 急増と、8月に バリに 訪れる 外国人 観光客の 休暇時期が 重なり、バリ・デンパサールの ングラライ空港の 状況は、どこも 非常に 混雑する。集中する 国内旅行者と 国際線を通じて 外国からの 旅行者は、ングラライ空港と イミグレーションの 迅速な サービスを 必要としている。

バリ島ニュース – 2013年08月

インドネシア 森林警備増員の必要 8月26日
バリはE-ツーリズムサミットのホストになる 8月23日

キンタマニ-バリ、地域密着型の観光 8月20日

バリ 不法入国の通過点と化す 8月19日

バリの小産業製品輸出量は12.69%増加 8月16日

バリの若者はウブドの田園に環境コンサートのため集合 8月14日

バリのギリマヌック港―帰省者と観光客で大混雑 8月13日

レバラン期間のバリ島 8月07日

バリ料理とガムラン伝統音楽 観光促進に期待8月06日

バリは帰省者へサービス、イドゥルフィットリー準備8月05日
APEC バリの経済成長を促進8月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.