ユネスコはバリの’スバック’保存を要請

ユネスコ はバリの’スバック’保存を要請
INDONESIA TODAY

ユネスコ はバリ州地方政府に、至急世界遺産として 登録されている伝統農業地区 バリスバック の保存を 具体的な行動に移すよう 要請した。バリ文化庁長は政府に 送られた手紙の中で、2012年6月に 国連機関がその 状態を宣言して以来、スバックの 保存の重要性とそのプログラムに ユネスコは疑問を 呈したことをバリへ 警告したと語った。それは私たち (バリ管理)をスバック保存に 対して真剣に取り組むように 奨励し動機づける 手紙となった。2012年6月、ユネスコは 正式に、ロシアのサンクトペテルブルクでの 組織年次総会の時、文化的 景観としての棚田と 水の寺院と バリの伝統的なスバック農業システムを 世界遺産リストに載せ、それを 承認した。
スバックは人間界と 自然界の霊の 領域を一つにすると言うトゥリヒタカラナの 哲学的概念を反映している。民主主義と 平等主義農業実践の スバックシステムは、密集人口を 支えるという課題にも 関わらず、インドネシア群島の中で 最も産出的なコメ農家になる ことを可能にした。

合計1万9500ヘクタールを覆う、バドゥンのプラタマンアユンの18世紀の王室寺院、タバナンのバトゥカル予備山、ギャニャールのパクリサン川とバンリのバトゥール湖流域は、ユネスコに承認された景観の中に含まれる。バリのスバックと他の地域の承認に続き、ユネスコは保存プログラム実施を州政府に義務付けた。当初、州政府は遺産を監視管理する理事会を設けるように計画した。その理事会は多くの機関、市民ベースの組織、学者、農家や他の個人で構成される必要がある。大切な他の要素は、空間計画と世界遺産のゾーニングに関連する規制強化を実施することである。

スバック – バリ島世界遺産

スバック, バリ世界遺産, サックバリバリ政府は 来年最初に行うべきことは、空間計画と 世界遺産のゾーニング規制を 発令することだろうと 述べた。焦点は 農家の生活状況と 土地保存の改善である。ウダヤナ大学 農業専門教授、スバック研究 センター長は、政府は スバックと農業サイト を 維持するための政治意欲に 欠けていると語った。

教授はユネスコのスバック 登録により、バリは国際的に 脚光を浴びたと 語った。バリ政府と 観光業界は、ユネスコの承認から 利益を受けている。これは、世界にバリを プロモーションする強力な ツールとなっている。一方農家は 依然として貧困生活をしている。もしその 保持者が重要な 保存プログラムに取り組むための 条件を満たすことに 失敗した場合、ユネスコはいつでも世界 遺産登録を 取り消すことが出来る。

バリ農業分野の事態

灌漑システム, サック、バリ世界遺産棚田と強力な 農業社会で有名なバリは 現在、農家の減少と新世代の 小さな農家は生活水準を 満たすための苦境に 面し農業分野を離れていると、最近バリ 統計局によって設けられた 農業センサスから 得られたデータは明らかにした。

現在、農家や 農業分野に対する注意不足が 不安につながっているのが 現実だ。政府は市場取引を 含め、収穫前後の 扱い、種と肥料の調達、流通に 至るまで農家を支援する 必要がある。食品価格、生活費、教育費の 急上昇は、他の仕事を 見つけるため職業を離れることを 余儀なくされ、農家は後に 他のビジネスや住宅街に 変えたいと思っている外部の 投資家へ彼らの土地を売っている。田んぼが 販売された場合、農家は彼らの 特性に関連した儀式を 行うことを止める。これは永遠にこの伝統が潰えることを意味する。

バリの農業社会では、農家はその栽培過程の各段階で儀式を行うよう要求されている。種をまく際、特定の儀式で始めなければならない。収穫時期、儀式はより複雑である。タバナンとギャニャールのような有名な地域では、島の米のバスケットのように、農業部門で喜んで働く人は大幅に減少している。

バリ島ニュース – 2013年10月

アートセンターバリ展示会はバリと日本の文化関係強化が目的 10月30日
保全地域に含まれるサーフポイント 10月29日
バリ島ホテルと観光情報10月28日
ウミガメ保護教育センター(TCEC) バリのウミガメを保護10月25日
バリ伝統アートと文化10月22日
バリヒンドゥー教 ガルンガンの儀式を祝う10月21日
バリ世界の会合の場10月18日
バリ観光の影響 10月17日
インターコンチネンタルがファミリーリゾートとしてトップ10入り 10月14日
ユネスコはバリのスバック保存を要請 10月11日
バリAPEC首脳会議で七つの合意に成功 10月10日
APEC開催中のためバリの観光客はギリ島へ移動 10月08日
オバマ大統領バリ訪問をキャンセル10月07日
リゾート地としてのロビナビーチ 10月04日
バリ新空港はAPEC代表者を歓迎 10月03日
ミス・ワールド2013はフィリピンのミーガン・ヤングさん 10月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.