27カ国は ミレニアム開発目標 の修正をバリで討議する

27カ国は ミレニアム開発目標 の修正をバリで討議する
INDONESIA TODAY

世界の 27カ国の 代表者は、3月24日 ~ 27日 にバリ島に集まり、ハイレベル·パネル会議 で 2015ミレニアム開発目標 (MDG`s) のコンセプトを 考案する。スシロ・バンバン・ユドヨノ(Susilo Bambang Yudhoyono)大統領 は、その ポスト2015 ハイレベルパネル 会議の 会合で、会長代表 (co-chair) になり、リベリア大統領 と イギリスの 首相以外に この会議の 中で 重要な 役割を 担っている。このことは、”High Level Panel of Eminent Persons ( HLPEP ) on Post  2015  Development Agenda”に関する 出版物や メディア分野の 技術調整会議で 伝えられる。27カ国 の うちの 幾つかの 国は、ヨルダン、ドイツ、日本、韓国、ナイジェリア、東ティモール、ロシアだ。この 会議の 主な 活動は、貧困削減 と 公衆衛生 の 改善の 働きかけ、その他の 問題の 分野でも ミレニアム開発目標 (MDGs)の達成を 含む、2015年 以降の 開発問題を 議論する ことである。

追加の活動がメインイベントの前に行われている間、HLPEPの主な集会は2013年3月25日~27に開催される。代表者団は、2013年3月23日に到着し始めます。彼は、そのバリ島で開催される活動は、ニューヨーク、ロンドン、モンロビアで開催された後、HLPEPの4つ目の活動であると付け加えた。そのイベントは、ただ集会のパネル国参加者よって出席されるだけでなく、非政府組織、学界の代表者も出席する。大統領の意図は、技術面の実施と物質的な面からこのイベントが成功することだ。今日の会議は、メディアチームの準備を安定させるための努力だ。コミュニケーションと情報省はTVRI、RRI、LKBN AP通信、PTテルコムセル、PTテルコムによって助けられる。このパートナーチームは情報サービスの側面から支持するだけでなく、外国の使節に、電話サービスとインターネットサービスを楽しんでもらい、快適さを提供する。この技術調整会議に、監督と開発制御のため大統領業務課のヤヌアル・ヌグロホ(Yanuar Nugroho)とTVRI、RRI、LKBN、テルコムセルとテルコムの指導者だけでなく、他の利害関係者が出席した。

ミレニアム開発目標

ミレニアム開発目標, 国際会議3月末の会合の中で、インドネシアは2025年以降の開発議題としてのミレニアム開発目標(MDGs)に対して、全体の改革を避けるポジションを取る。ポスト2015開発アジェンダのハイレベルパネルⅢ会議(HLP)の中で、モンロビア、リベリア、インドネシアでは2015年以降の開発議題の選択肢は、特定の先鋭化、新たな目標を追加し改革するというMDGsの企画を用いる。インドネシアは第三の選択肢を避けるように提案する。なぜなら、ミレニアム開発目標を達成するため、この期間中多くの国は既に懸命に働いたからだ。インドネシアはこの選択肢が混乱と不連続をもたらすと考えるため、MDGsの全体改革を避けた。

ミレニアム開発目標大統領は、この 2025年 以降の 開発議題に 関する 問題は、来たる 3月に 次回の バリ島 での HLP会合 で、引き続き議論できると 期待している。その報道の 説明中、スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は より 行政上の 特質を持つ 開発議会について 語った 他に、パネリストたちも 理想的な 世界の 貧困根絶を 考慮するための 任務を 与えられたと 発表した。参加者は 既に 国連により、知識と 経験と 誓約と 各々の専門分野で 仕事を 割り当てられ、一定の 期間内に、世界の貧困を 終わらせるために 大切な どんな要素があるか について掘り下げて 考慮する。そのポスト 2015開発アジェンダの ハイレベルパネルⅢ会議 (HLP )は、貧困撲滅のために 何を行うことが出来るかと言う 主要な 論題を 議論した。パネリストは、国家が 前面にあるべきであることに 合意した。そのすべての 合意とは、政府が 前面、また は角であることだが、それでも 他の要素から 支援と 協力を得ている。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.