マレーシアの国境紛争

マレーシアの国境紛争
INDONESIA TODAY

ラハド・ダーツ・サバーの ココナツ農園 で 働く 約162人 の インドネシア国籍を持つ 労働者は 紛争 中心地から 遠くへ 避難させられた。彼らは 紛争中心地から 約6マイル( 約 9,6 km )の距離の 避難場所に居る。この事は マレーシアの ラハド・ダーツ・サバー地域の 紛争後の 状況と 関係する。だが 一般的に 本来は 安全である と助長されている。17 の ココナツ農園 のうち162人の 労働者は 現場から 約6マイル 離れた エンバラ集合地に 避難させられている。マレーシアの 治安部隊と ラハド・ダーツ・サバーの スル・クスルタナン 武装勢力 の 間の 対立は、ココナツ農園の インドネシア国籍を 持つ 労働者を 他の場所へ 避難させた。ソエペノ氏(Soepeno)は インドネシア国籍の 労働者の 状態は 安全な 状況にあると 確認した。KJRI は地方当局との コミュニケーションと 追跡を 続けている。インドネシア国民は 自身を 危険に さらしたり 犠牲に ならないように 提案された。現在、船は その 地域付近に 停泊したり、航行することは 許可されていない。インドネシア国民と 乗組員 は マレーシアの国境紛争 により 一時的に 休業に 追い込まれた。

ぶつかり合っているマレーシアのサバー州で防衛の進展を警戒し、インドネシア・マレーシア国境国軍TNI本部は、ヌヌカンと東カリマンタンの警備を強化している。現在、活動中のその職務部隊は、歩兵大軍407人/パドマクスマ(Padmakusuma)である。その安全保障は、そこでマレーシア警察と敵対している南フィリピンの南スルのサルタン王宮の武装グループの侵入を防ぐためだ。サバーはヌヌカンと直接国境に接しているため、インドネシア政府は国境駐屯地を注意を怠らずに見張り、望まない事柄を避けるよう希望している。その監視の中にある29の国境駐屯地中、23の駐屯地はマレーシアのサバーと直接国境に接している。

マレーシアの国境紛争

マレーシアの国境紛争, マレーシア、マレーシア国境政府は既にヌヌカンとサバー間の国境のある駐屯地を見張っている成員へ、人々の出入を監視し、きつく取り締まるように命令を与えた。彼は、このサバー紛争はヌヌカン県を通ってインドネシア地域へ入り広い地域に広まる可能性を締め出せないことを認めている。二日前、国境駐屯地を守るマレーシア軍を攻撃するために、インドネシア・マレーシアの国境地域へ近づいたフィリピン武装グループの情報を入手する機会があった。入口の一つになると考えられている国境駐屯地は、スバティック島とセイ・ムンガリス島にある。なぜならこの地域は彼らも通ることのできる沢山のねずみ(武装グループの人々)の通り道があるからだ。
その他に、警察と軍はマレーシアと国境を接するヌヌカン地域、北カリマンタンのセキュリティを強化し、サバー州で起きている紛争を追跡する。安全面では地方地域(タワウ)と中央TNIと調整し、そこで安全を確認した。ヌヌカン県はマレーシアのタワウ地域と領海を接している。一方タワウはサバー州の地域へ接近している。適確な配置の形で警戒を強化した。国境線からの距離は100-150キロメートルと当然遠い。マレーシアの国境, マレーシア国境紛争警察によると、マレーシアに一番近い地域はタラカンとヌヌカン。安全はTNIのスタッフとブリモブのスッタフによって行われる。サバーのココナツ農園の労働者はインドネシア国籍を受ける前、その活動をやめなければならなかった。なぜならその紛争は命を危険にさらし、サバーからマレーシアのタワウへ至る難民の波をもたらしたため、最終的にヌヌカンに滞在している。周知の通り、サバー州を襲った紛争はマレーシアでまだ続いている。マレーシア軍はフィリピンのスル武装グループとの争いを終わらせるために空爆と地上攻撃を続行している。その紛争は3週間続き、27人の犠牲者を出した。その上、少なくともマレーシアの爆撃機2機が衝突地域になったタンドゥオとサンポルナ周辺で空中を周回しているのが見られた。そのことはその地域の住民によると、タンドゥオ町から20キロメートルほどの距離で大きな爆撃音が聞かれるほどである。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.