ベノア港はクルーズ船のハブ港になる

ベノア港はクルーズ船のハブ港になる

ベノア港はクルーズ船 のハブ港になる
INDONESIA TODAY

バリのメインポートは ベノア港はクルーズ船 の入り口で、空港滑走路に近い 東側の広やかな湾だ。ここは 日帰り観光、漁港、プライベートマリーナ、またインターアイランドフェリーが 停泊するほかマグロやイカなど 水揚げ、漁船の停泊港となっている。バリで一日観光の乗客を 乗せたバリを訪れる 巨大なクルーズ船が停泊している。
このように観光目的で ますます人気が 高まっており、ベノア港はクルーズ船の ハブ港になるため 事業拡大を目指している。ハブ港になれば、ベノア港は 観光客が訪れる場所 となり、クルーズ業者がバリを 拠点として世界中からのクルーズ船の 発着点となる。クルーズはこの 港から出発し旅を 終えたら戻ってくる。

現在ベノア港は、バリ島を楽しむ 乗客を降ろすクルーズ船を 受け入れている。乗客たちは 旅行を続けるために 同じ船に戻っていく。バリ島南の 港も、クルーズ船がバリで 休暇を楽しむ乗客を降ろ すターンアラウンドポートとして 人気が高まっている。島を去る際に 別の交通手段を 取る乗客がいる一方で、クルーズ船は 次の目的地に向けて 出発する前に 他の乗客を乗せる。

ベノアハーバープラン

クルーズ, クルーズドッキング, ベノア港ハブ港になるには、港湾当局は 承認を得るため バリ州政府とデンパサール行政に マスタープランを 提案する 必要がある。マスタープランはその後、ジャカルタの インドネシア運輸省に 提出される予定だ。同省がこの 計画に賛成後、プリンドと省は 共同でハブ港になるための 条件を満たすため施設を 改善する。施設改善は 10か月を要し、2017年には ハブ港としての始動を 目標としている。改善の必要な 個所は、埠頭、ポート流域 および導管である。埠頭は、3隻のクルーズ船が 同時に停泊で きるよう拡張する 必要がある。

2009年以降、プリンドⅢは バリに基盤を築くために クルーズラインを誘致 しようとしてきた。このバリ南部ベノア港 施設の最近の 改善はクルーズ船の 訪問数増加を示している。昨年を通じ、港は41隻の クルーズ船を受け入ており、2012年の39隻から わずかに増加している。今年クルーズ事業 58社は、航海中ポートへ 呼ぶよう確認した。

ベノア港, クルーズ客ベノア港は支援施設を 含め港の改善が行われた 結果、クルーズ事業者の間で 人気が急上昇している。さらにベノア港は インドネシアで人気クルーズ船の 港の一つでもある。今年さらなるアップグレードが 予定されており、最南端の桟橋を 修理しターミナルを建設する。ベノア港を訪れるクルーズ船の乗客のほとんどは オーストラリアとアメリアからで 訪問客の60パーセントを占めており、残りの40パーセントは ヨーロッパやアジアからとなっている。

適切なドッキング施設、旅客ターミナル、国際海事機関により認定されたセキュリティシステムによりインフラが改善された他、地理的にも戦略的な港である。それはクタ、サヌール、ヌサドゥアなどバリ島で有名な観光スポットに近いからだ。また、ングラライ空港と有料道路の近くに位置している。ベノア港は、数千名の海外観光客を受け入れており、バリ観光地へ積極的な貢献をしている。

今月初めに、ターンアラウンド訪問のため1,200名の乗客を乗せたオーストラリアからのシルバーシャドウを歓迎した。到着して3日後に、船は他の乗客を乗せて出発した。

バリ島ニュース – 2014年02月

バリナショナルゴルフリゾート(2013年の改装後バリ最高のゴルフコース) 02月17日
バリ・ビヨンドトラベルフェアは観光プロモーションに確定 02月14日
バリは選挙を迎える準備をする 02月13日
トランスバス・サルバギタはバスを待っている 02月11日
ベノア港はクルーズ船のハブ港になる 02月10日
リージェントバリ サヌールのラグジュアリーリゾートホテル02月07日
インドネシアの日本料理 味と安全なメニューに焦点02月06日
バリは貧しい住民のためにインターナショナルスクールを拡大 02月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.