ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない

ブサキ寺院とアグン山 は常に神聖でなければならない
INDONESIA TODAY

バリ東部のカランガセム県に位置する ブサキ寺院とアグン山 を入れることについて 政府の計画を退けている。多くのヒンドゥー教の 祭司と地域支配者は、国家観光戦略 開発計画の中に。パサムハン・サブダ・パンディタ・パリサダ・フンドゥー・ダルマ・インドネシア( PHDI)と呼ばれるヒンドゥーヤンの 祭司たちのハイレベル会議で 祭司たちは、政府によって 提案されたKSPN または国家観光 戦略開発計画へ二つの聖なる 場所を変えるすべての 計画を拒否する 声明を発表した。

パリサダ・フンドゥー・ダルマ・インドネシアはスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領と
観光クリエイティブ経済省に 2010年から2025年に KSPNとしてブサキとアグン山を 2011年に発行された 省令第50号を 取り消すよう促した。PHDIたちも ブサキ寺院とアグン山の 神聖な場所を 保護するために地方条例 No 16/2009に基づき地方行政に 求めた。PHDIの代表者である イダ・プダンダ・グデ・クトゥット・スバリ・ティアニャール・アリンバワは、バリ政府は 政策とその地域の 二つの神聖さを 保護するための 措置を実施しなければならない と言う強力な 論議をした。

ブサキ寺院とアグン山

ブサキ寺院とアグン山, バリ寺院、アグン山、観光地ブサキは先史時代に 建てられたと考えられており、母なる寺院で、バリのヒンズー教徒に とって崇拝場所として 最大かつ最も神聖な 場所である。その寺院はアグン山の 斜面最大1000メートルに建てられ、その山は バリ人にとって神聖な 場所とみなされている。バリのヒンズー教徒に とって、アグン山と “フルニング・ジャガット・バリ”であるブサキ寺院は、宇宙の中心である。これは バリと人々を 保護する神の力の 中心であり、これらの人々を 観光計画へ導く全ての 努力はこの場所と 神聖さを汚し、バリのヒンズー教徒に 大きな影響を 与えている。

観光クリエイティブ 経済省は、以前KSPNの一部として カランガセムにある ブサキとアグン山、バンリにある キンタマニとバトゥール湖、プムトゥランとブレレンに あるムンジャンガン島、リゾート地で あるサヌール、クタ、ヌサドゥアを 含む、バリの幾つかの場所を 指定した。同省によると、KSPNは 特に自然や独特の 文化という特定の 特性を持つすべての 観光要素とコンポーネントを 持つ観光地を覆うだろう。

バリ火山、アグン山、アグン, バリアグン山全インドネシアでKSPNプログラムの中で計画されている88の場所のうち、バリにあるブサキ寺院とアグン山を含む16の場所のみが条件を満たしており、最優先されている。その他のKSPNは、北スマトラにあるトバ湖、中央ジャワのボロブドゥール寺院、千の島、ジャカルタの古い町、トゥンゲールのブロモ山、東ジャワのスメル山、東ヌサトゥンガラのコモド島である。
バリでベテラン観光実務者は、観光クリエイティブ経済省へ宗教的な場所に手を出すことについてより慎重になるようにと警告した。現在まで同省はKSPNが何であるか、またその開発計画に着手した後その地方がどのような影響を受けるかをはっきり説明していない。さらに、同省のスタッフはバリの観光実務者や宗教指導者、市民に関与したことがないため、実際の文化やバリ市民の現状について全く知らない。

マデ・マンク・パスティカバリ知事は以前、KSPNは中央政府のプログラムであると語った。ブサキ寺院またはアグン山はカランガセム県の観光開発であることを引き合いに出す特別な言葉はなかった。“我々は地方政府でありブサキ寺院とアグン山を調査したことがない。KSPNの中にアグン山は含まれる”とパスティカは主張した。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.