ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持

ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持
INDONESIA TODAY

バリヒンドゥーバリ住民 の大多数が信仰しているヒンドゥー教だ。ヒンドゥー教は インドから西暦5世紀に インドネシアへ渡ってきた。そして14世紀にイスラムが 伝えられるまで徐々にスマトラとジャワの 主要宗教であった 仏教に取って替わっていった。しかし「伝統の防壁」のために バリはインドネシアで唯一ヒンドゥー教のままとなった。 ヒンドゥー教遺産の 神聖さを守るため、バリヒンドゥー教保護同盟に 参加している若者らは、バリのすべての 寺院への観光客 アクセスを制限する計画を支持することを 明らかにした。

ヒンズー教組織の声明

バリ島ニュース、バリ・ヒンズー教寺院この声明は バリDPRD事務所のヒンドゥー教徒団体に よって届けられた。バリ人は寺院が 観光地の一部で あることを理解している。この島の 寺院の神聖さを 固守するため、バリ住民は 観光客の寺院への アクセスを制限する 断固たる措置を要求。我々は 寺院中心部にある ウタママンダラへの立ち入りを 禁止、観光客は寺院の 外側へのみ入場 することができる。

ヒンドゥー寺院の 建築と哲学は 3つの区域い 分けられ、ジェロアンまたは ウタママンダラ(内側にある寺院の 最も神聖な場所)、ジャバトゥンガー(中央部分)、そしてジャバルアール (寺院の庭)となっている。いくつかの グループ、例えばプスコル・ヒンドゥー・インドネシア、ウダヤナヒンドゥー 大学学生フォーラム、その他とLSMから 成り立っている同盟は 中央政府の 国立観光戦略地区計画(KSPN)に ついて全面的に 支持する ことを明らかにした一方で、寺院に それを適応しないように 求めた。
ヒンズー教の寺院、バリ島ニュース、ヒンドゥーバリ人は、なぜ神聖な寺院の 地区にもこの政府の 計画があるのかに 疑問だという。結局バリ人はKSPNを バリのために拒否はしない。しかし神聖な 寺院に 適応しないように と訴えているのだ。

観光と創造的な 経済相は、インドネシアとバリの ブサキーやカランアサムのアグン山、キンタマーニやバングリに あるバトゥール湖プムテランや ブレレンにあるムンジャンガン 諸島サヌール、クタ、ヌサドゥアのリゾートなどが KSPNに該当すると 決定。インドネシアの88の 該当地域のうち11が バリにある。
問題はマデ・マンク・パスティカ 知事が 寺院を、しかもブサキーを 観光地にするこの 政府の計画を 支持しているということだ。
バリヒンドゥー教徒に とって最も神聖な 崇拝場所であり、バリ最大で母なる寺院で あるブサキー、この寺院は 神聖とされている アグン山1000メートルに 位置している。パスティカ 知事もすべての バリ寺院で、観光客アクセス 制限することを提案。
ウダヤナヒンドゥー大学 フォーラムは観光地としての 寺院に賛成、しかしジェロアン、主要な 場所については立ち入り禁止を 支持。バリDPRD委員会は、議会が 住民を招いて 国のKSPN計画を 説明すると述べた。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.