バリE-ツーリズムサミットのホストになる

バリツーリズムサミット のホストになる
INDONESIA TODAY

バリは、9月4日から6日まで、クタのラマヤナ・リゾート&スパで 開催される、第四回インドネシアE- バリツーリズムサミット のホストに なる予定だ。このサミットは、観光、旅行市場の 変化、将来の機会を 識別する分野で、現在の流行について 討議する。討議者は、統計解析、新しい 電子観光旅行の 動向、デジタルマーケティングの概要を 紹介する。約150のシニア市場 とイノベーション戦略は、中央ネットワーク セッションで、25以上の 業界専門家から学び、交流する 機会を持つ事になる。
インドネシア観光クリエイティブ経済省に よると、観光戦略開発の 中で、E-ビジネスとE-マーケティング開発は、より広範な 国内・国際市場に 到達するためである。一日半の 会議以外に、IETS2013も 一般マネージャーと討議者間で、ネットセッションの ゼネラル・マネージャーフォーラムを 前進させるだろう。この分野での 大手オンライン旅行代理店との 会議とプレゼンテーションは、OTA(オンライン旅行代理店)の ビジネスセッションの間に 準備され、観光分野の E-マーケティングについての様々な 事柄を討議する。

2013年APECにトップセキュリティー

バリトラベル, バリE-ツーリズム, バリトラベルニュースマンク・パスティカ知事は、近づく 10月のアジア太平洋経済協力会議 (APEC)の際、安全確保のため社員 やスタッフを登録するために、ヌサ・ドゥアで 作動している全てのリゾート、ホテル、ヴィラ街を 望んでいる。イベント中、各ホテルは 正確に従業員すべてを 登録する必要があり、経営者は 従業員の指紋を取ることが できる。ホテル、空港、港の経営者と他の 利害関係者との 厳重な調整期間、バリの マンク・パスティカ知事は、ヌサ・ドゥア 住宅街はしっかり 警備されると主張した。APECサミット 規模の国際的イベントの ホストとして、バリの 名前とイメージは委ねられる ことになる。会議を成功させる ために、すべての準備に 気を配らなければならない とパスティカ知事は 述べた。

APECセキュリティ, Eツーリズムバリ警察署長も、警察が 島とAPEC会議会場を 警備する準備ができた ことを確認した。警察は、陸軍安全組織、BINその他、地域の セキュリティーグループを含め、安全な 地域としてバリを 警備するため、高い保障を 持っているプチャラン(バリの伝統的な 警備員)と協力する。
セキュリティーは、島の海岸線に 沿って、トゥバンのングラライ国際空港、ベノアの港、ギリマヌック( 西バリ)とパダンバイ(東バリ)のフェリーポート、伝統的な 漁港を含め、バリ島へ入る主な 玄関口に配置されている。ベノア港は、ヌサ・ドゥアのリゾート 住宅街の近くに 位置している。出来る限りの セキュリティー維持のため、港や港と 会場間の地域へのアクセスは必ず “滅菌”されなければいけない。
一方、ングラライ空港で 続いている、数十億の価値の 改修作業は完成に 向かっている。現在、国内と 国際ターミナルは、公式オープンに向けて 試験運転中である。近づくAPECの 際に、ガルーダ・インドネシアを 含めいくつかの航空会社は、フライトスケジュールの 調整を行う。 アメリカの オバマ大統領のような 他の重要人物を含め、世界の 指導者が円滑に バリの空港に到着するために、この空港は 10月の数日間、特定の時間に 定期便が一時的に閉鎖される予定だ。この期間、すべての場所が安全で清潔であるよう全道路を警備するため、地元交通機関が停止する数時間のあいだ、バリを訪れる観光客すべては、状況の理解を期待されている。

バリ島ニュース – 2013年08月

インドネシア 森林警備増員の必要 8月26日
バリはE-ツーリズムサミットのホストになる 8月23日

キンタマニ-バリ、地域密着型の観光 8月20日

バリ 不法入国の通過点と化す 8月19日

バリの小産業製品輸出量は12.69%増加 8月16日

バリの若者はウブドの田園に環境コンサートのため集合 8月14日

バリのギリマヌック港―帰省者と観光客で大混雑 8月13日

レバラン期間のバリ島 8月07日

バリ料理とガムラン伝統音楽 観光促進に期待8月06日

バリは帰省者へサービス、イドゥルフィットリー準備8月05日
APEC バリの経済成長を促進8月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.