バリAPECサミット – インドネシア大統領準備

バリAPECサミット  – インドネシア大統領準備
INDONESIA TODAY

スシロ・バンバン・ユドヨノ 大統領は、来たる 10月に アジア太平洋 経済協力会議( APEC 首脳会議 )バリAPECサミット で使用される バリの施設や インフラを 確認した。
大統領は ングラライ空港に 着陸後、APEC 首脳会議の 実施を 後押しする インフラの 一つ である ベノア・ヌサドゥア 有料道路を 渡った。この 有料道路は ベノア湾の 海上に 位置し、南 デンパサール 地区の ヌサドゥア と ベノア ハーバーエリアに 接続される。全長 8.12 マイルで、ングラライ 国際空港にも 接続され、4輪車両だけでなく オートバイも 通行 可能である。

道路の 視察の 他に、大統領は、バリ・ヌサドゥア APEC 2013 の メインアリーナを 視察した。APEC メインアリーナを 視察中、大統領は、計画や インフラ整備の 完了に 関連した 指導を 与えた。視察後、大統領は、幾人かの 大臣、軍司令提督 アグス・スハルトノ、警察庁長官大将(Pol)ティムル・プラドポ、そして、来たる10月の APEC 開催準備の 発展と 関係のある 職員が 出席する、非公開会議を開催した。

バリ 有料道路の 試験を待つ

バリニューハイウェイ, バリAPECサミットバリの ベノア-ングラライ-ヌサドゥアを 結ぶ 水上の 有料道路の 料金の 設定は、2013年 7月 に行われる 予定の 試験をまだ待っている。有料道路の 料金は 試験後に 決定される 予定だ。この 試験は、公共事業省、 運輸省、 警察により 行われる。

バリ有料道路 ジャサマルガ社は、ジープや セダンなどの 車種の 4輪自動車の 通行料金は 10,000 ルピア、また オートバイは 4,000 ルピアと、今後 状況に 応じて 変更可能な 暫定料金を 提案した。来たる 環境試験は、有料道路の規定に 対応して、道路標示、 交通標識、 設備の 3つの 機関を 注目するため、路面が デコボコ であっては いけない。風速に 関しては、道路試験に 含まれていない。

バリ島新空港

今後、有料道路には、コンピュータシステムと直結した3ヶ所に、3つの風力計が設置される。交通に危険をもたらす強風が吹くと、機械が自動的に道路のゲートを閉鎖するよう係員に通知する。
ジャサマルガ社は、サイクリングや散歩の活動と同時に、有料道路の交通に関する教育と理解を通じて、始めて一般大衆にインドネシアで海上に建てられた有料道路を紹介した。全長約12キロの有料道路は、来たる10月の経済協力国アジア太平洋(APEC)の首脳会議に先立ち、8月に公開される予定である。

バリ島ニュース – 2013年07月

旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに 7月31日
政府が精錬所開発を支持する方針7月30日

日本とインドネシアは珊瑚を移植する 7月29日

アジア開発銀行 個人消費によるインドネシア成長を予想 7月25日

APECは大統領はバリでのAPEC首脳会議の準備と海上有料道路を確認7月23日

APECはインドネシアの優先事項を討議 7月22日

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ7月19日

財務部局と日本FSAが提携に合意 ト7月18日

政府は投資向上のためライセンス規定をカット7月17日

日本はインドネシア国民に対しビザ条件を緩和する 7月15日

燃料価格上昇 観光に影響懸念 7月12日

世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正 7月11日

航空輸送が国内観光の開発を促進 7月10日

燃料値上げに対し燃料消費量が増加する 7月04日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.