バリ観光の影響

多くの観光客訪れ: バリ観光の影響
INDONESIA TODAY

きらびやかな バリ島観光産業 は正と負の二面性があるゆえ、観光計画を する際、他の州はよく考慮し 慎重でなければならない。
バリ州の 政治経済情勢は、様々な 観光関連プロジェクトの 投資洪水が、文化的、社会的、環境に多大な 悪影響をもたらしたと 警告した。すべての州はその地 域で観光開発プラン 前に文化や 自然保護のため、関連する法的 要求事項の制定のために 強力な誓約を 交わさなければならず、政府は 特に観光施設で バリの資産所有に 対し懸念を 抱いている。
この性質の多くは 外部の投資家に 帰属する。多くのホテル、ヴィラとバリ南部にある他の 資産はバリ以外の 投資家によって 運営され、その中の幾人か は外国人である。

バリ開発と観光効果

バリ島観光、開発、バリ観光事業の効果それらのホテルとヴィラの 従業員も他の島出身で、仕事の機会がない バリ市民を見放した。自体の悪化は 仲介人と資産エージェントが値段を 操っているゆえ、土地と 資産価値が 高騰している。以前土地を 所有していた地元の 人々は、凄まじく高騰した 固定資産税を支払う 余裕が無いため自らの 資産を放棄しなければならない。島の海岸線に 沿った観光施設開発は 彼らの宗教儀式から 住民を阻んだ。バリ市民にとって 海岸は彼らの魂と霊の身体を 清めるための神聖な 場所である。多くの新しい 建造物ゆえにビーチへの アクセスが出来ず、地域住民に とって制  限されている。

ビジネス目的への 肥沃な水田と農業用地変換は 憂慮されている。過去コンバージョン 率は年間350ヘクタールで、現在年間 1000ヘクタールに達した。彼らは 観光がバリ島とその 島民へ繁栄を もたらしたという事を 否定していないが 富と開発の配分は 平等とはほど遠い。観光地に 住んでいる幾人かが その観光から最も益を 受けている。

バリ観光の影響, バリ島ニュース, バリは約400万人の 人口のうち、3,95パーセントが未だ貧困線以下の 生活を送っており、2,04パーセントという 高い失業率だ。独自の観光プランを 適用しても構わないという 地方自治政策の実施は、地方の 規則や法律を 無視したため状況を悪化させた。他の州は バリから教訓を 学ぶべきである。現在のバリ島のケースは、ヌサトゥンガラの ラブアンバジョやコモド島などの 一部の場所で 再現されている。投資家はすでに 海岸線に沿って戦略的に 土地を取得している。

バリとヌサトゥンガラ地方の インドネシア中央銀行(BI)の頭取は、地元住民が 観光活動に関与すべきであることに 同意した。地元住民は観光産業の 監視者になるべきではなく、BIは地域住民に 直接利益をもたらす観光を 促進するように住民を 支援している。インドネシア中央銀行はまた、事業活動を 確立するために地元の 起業家とパートナーシップを結んだ。さらに都市部と農村部の 住民を援助するために インクルージョン金融体制を導入する。

バリ島ニュース – 2013年10月

アートセンターバリ展示会はバリと日本の文化関係強化が目的 10月30日
保全地域に含まれるサーフポイント 10月29日
バリ島ホテルと観光情報10月28日
ウミガメ保護教育センター(TCEC) バリのウミガメを保護10月25日
バリ伝統アートと文化10月22日
バリヒンドゥー教 ガルンガンの儀式を祝う10月21日
バリ世界の会合の場10月18日
バリ観光の影響 10月17日
インターコンチネンタルがファミリーリゾートとしてトップ10入り 10月14日
ユネスコはバリのスバック保存を要請 10月11日
バリAPEC首脳会議で七つの合意に成功 10月10日
APEC開催中のためバリの観光客はギリ島へ移動 10月08日
オバマ大統領バリ訪問をキャンセル10月07日
リゾート地としてのロビナビーチ 10月04日
バリ新空港はAPEC代表者を歓迎 10月03日
ミス・ワールド2013はフィリピンのミーガン・ヤングさん 10月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.