インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて

インドネシア・バリ島APEC 会議に向けて
INDONESIA TODAY

インドネシア 経済調整大臣 の ハッタ氏 は 2013年10月の

バリ島APEC  会議開催を記念して、ングラライ 国際空港( デンパサール )などの インフラ建設が 2013年 7月に 完成する計画を持った。2012年 12月 8日( 土曜日 )に、サバ村( ギャニャール )において「 アジア太平洋経済協力( APEC )会議 2013年 開催に 備えるために、この7月には 新しい ングラライ国際空港建設、水と 電気 インフラについても 整備が 完了する」とハッタ大臣は 述べた。

インドネシア・バリ島でのAPEC会議 に向けて

新しい有料道路プロジェクト , バリapec, バリ島apecバリ島は インドネシア国民と 外国の旅行者( 特に アジア太平洋地域 )にとっての 観光地としての 地位を 確立している。バリ島は インドネシアの 主要な 玄関口 として、2025年 までには 約20万人 の観光客を 迎えることとなるだろう。したがって、政府は ングラライ新国際空港、観光産業 をより 発展させるために 1、15MW の容量を持つ 太陽光発電所(SPP)の建設、タンジュンベノア 有料道路の 開通をはじめとする、ホテルや バリ島内の 様々な インフラ整備を 2013年 10月 の APEC会議 開催に向けて 進めている。

APEC会議 を迎えるにあたり、電気自動車を 政府公用車 として 準備する。とハッタ氏 は 1月9日に 改めて 発言した。電気自動車の 国内生産は 二酸化炭素排出量の 削減と グリーンエネルギー開発に 対する インドネシアの 姿勢を 示せることになる。

バリAPEC, バリAPEC会議準備新空港や 有料道路の 新設、電気自動車の 導入に 加え、インドネシア 国有企業体(BUMN)は ホテルの 準備も 進めている。
PT.ホテルインドネシア ・ 国有特殊 株式会社(PERSERO)は会議の 参加者や 報道人など、会議に 関わる 人々のために 新しく 約 460 の部屋を 準備すると 2月3日 に発表した。会議の 開催地となる ヌサドゥア( NUSA DUA )では 既に 新しい ホテルが いくつか 建設され 始動している。既存のホテルは 改修工事などを行い、受け入れ 準備を 進めている。前出の 約 460部屋 を足すと 合計 約 5、000部屋 もの準備が できる事となる。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.