バリ島観光旅行 成功を陰で支えるバリの女性たち

バリ島観光旅行 成功を陰で支えるバリの女性たち
INDONESIA TODAY

バ リは 訪れる人々を 心地よく 平安な 気持ちにさせる力 があり、それが 人々を 惹きつけて 止まない。その陰には、家族のためには 何をするのも 惜しまない 力強い バリ の女性たちが いる。彼女たちは いつも 宗教儀式のための 用意に 忙しい。彼女たちはどんな 作業であっても 引き受ける、それが バリ島観光旅行の 更なる 発展のため であっても。 彼女たちが 恒例の 儀式に 常に 参 加してきたことで、バリ島観光旅行 の更なる 発展に 彼女たちが 貢献できうるということを 証明したのだ。彼女たちは 様々な職業面で 企業家としての 素質を備えて いる。「 特に バリの観光を 支えるものを 語る際に 欠かすことができない 4人 のバリの女性たちの話を 取り上げたい」とウダヤナ大学 の Dr.カジアンの 講義で  Dr.イ・ニョマン・ダルマ・プトラ教授 は語った。

バリ島観光旅行 成功

バリ女性,バリ島観光、サポート「 バリ島観光旅行 成功を支える女性たち:バリ料理界の4人の英雄物語」と題されたレジュメで、2007年に「バリの観光業発展とテロ」という本をミヒャエル・ ヒッチコックと執筆したダルマ・プトラはバリの女性たちのバリ料理界での役割について語った。その女性たちとは、マデ・マッシュ(マデワルン)、アグン・ オカおばさん(バビグリンウブド)、ワルティ奥様(バリ料理界のボス)、そしてバリ東部ジュンブラナ地区のギリマヌ鶏の開拓者メン・テンペーだ。バリ料理 界の女性たちの事業はバリ島観光の後押しに貢献している。

こ の4人の女性たちの事業は小さいとはいえ、周辺地域に多くの仕事の場を作り出すという相乗効果が起こっている。彼女たちの成功はそれほど重要視されないに しても、インドネシアに、また世界にバリ料理を知らしめるという功績を残している。それで、資本主義と観光業によって持ち込まれた食のグローバル化という 恐怖を打ち消すことができるのだ。
バリの女 性たちは、地域社会において様々な宗教儀式を成功させる上で重要な役割を担っている。これらすべてを献身的に喜んで行っている。彼女たちは2013年の始 まりにあったシワラトリ(罪の黙想)、サラワティ(知識誕生の日)、信仰強化のパゲルウェシの日などを祝うことにおいて献身的に貢献している。

彼女たちは それらを 一人で 準備するのではない、夫や 家族にも 手伝ってもらうのだが、やはり 一番の 主役は 彼女たちなのだ。彼女たちは もちろん 幼少頃から 両親ら に宗教儀式について 教えられ 訓練 されている。 子どもを 教えながら 働くというのは とても 効果的で、喜びを 生じさせ、ついには 彼女たちは 儀式 を行うという 義務 に疲れや 不満 を覚えなくなるのだ。
報いを見 つめることで、彼女たちは 現代女性 として 適応している。彼女たちは 芸術家 にインスピレーションを 与え、作品対象として キャンバスに 描かれることにもなる。 もし 地元や 海外芸術家が 彼女たちを 描いたものの 作品木録を 作るなら、もう数え 尽くすことはできないであろう程 膨大な 数に なるだろう。ウブドを 拠点に 活動し ている 海外芸術家 W・ゲラルド・ホーカーは 民族衣装に 身を包んだ バリの 女性たちを 描くことに ただならぬ 情熱を 傾けている。
同 じく ウブド のピタ・マハ描きの 開拓者 ルドルフ・ボネット はあるがままの バリの女性たち、フランジパニを飾った長髪の女性たちを描いた。故マリオ・アントニ オ・ベランコでさえバリの女性たちのエロチシズムを描き、地元芸術家イ・ニョマン・ジルナは素朴なままのバリの女性たちを描いたのだ。

バリ島ニュース – 2013年05月

グリーンピース「虹の戦士号」、インドネシアに再航行5月31日
インドネシア家具の輸出成長る5月29日

インドネシア経済は強さを維持する5月28日
セイル・コモドとその長期的利点5月27日

儀式と文化の中のバリダンス 5月24日

インドネシアの石油とガスは投資家にとって魅力的 5月21日

バリで2013ミス・ワールドのコンテスト 5月20日
バリ島観光旅行成功を陰で支えるバリの女性たち 5月17日
バリの知事選挙5月15日
BNIは山口フィナンシャルグループと提携を結ぶ 5月14日

ガルーダ・インドネシアは世界の航空会社ベストリストに入った 5月13日
インドネシアへの観光客が増加 5月09日
バリマラソンへの準備 5月08日
日本 災害教育協力をオファー 5月07日
保健省はH7N9ウイルスを防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける 5月06日
ロンドン・コーヒー・フェスティバルとルアックコーヒー市場発展におけるインドネシア 5月04日
 シティ・リンク2013年に乗客780万 5月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.