バリ島でユドヨノ大統領が正式に高速道路を開通

バリ島でユドヨノ大統領が正式に高速道路を開通
INDONESIA TODAY

スシロー・バンバン・ユドヨノ大統領は バリ高速道路 を開通 されます。バリで初めてとなる 高速道路の公式開通を 指揮する ことが分かった。べノア~ヌサドゥア間を 結ぶ大通りは スミニャック、クタ、レギャン、サヌール、ヌサドゥア方面から 空港へ向かう 道の渋滞を 緩和してくれる ことを 期待されている。住民は 火曜まで待た なければならない。というのはこの 区画の清掃が行われ、インドネシアで 最も綺麗な高速道路だと 言われるようにするためである。
「式典の後、交通の 邪魔となるすべてのものを 除去、清掃が行われます。火曜朝に一般 開放され、一週間は無料で 利用可能で、高速道路 完全解放は 10月1日です」とジャサ・マルガ・バリ高速道路株式会社アハマド・ティト・カリムディレクターは 述べる。それ以降は 12.7キロの道路使用料 の支払いが生じる。

ユドヨノ大統領、高速道路, バリマンダラ インドネシア・オーソリティ 高速道路(BPJT)は 通行料をバイクは4000ルピア、トラックや バスを含む一般車両は 10000ルピアと設定した。大型トラックは車両の大きさに 合わせて15000ルピアから30000ルピア の通行料がかかる。料金所を スムーズに通過した い 利用者には、マンディリ銀行から ETCカードが発行される。会社は一日 3万9000台(その内56%は バイク)が利用すると 予測している。
高速道路は 海上道路で、3万3835本のコンクリート柱で 建造されており、そのうちの いくつかはマングローブ地域も 通っている。バイクと一般車両は 別車線を通る。海上高速道路は バリ以外にも すでにジャワとマドゥラを 結ぶスラマドゥ高速道路が 存在する。
投資損益分 岐点は15年と されている。ジャサ・マルガ・バリ高速道路 株式会社はすでに、45年間の 高速道路管理許可を 得ている。45年後政府に 高速道路が 返還される。その時に一般道とするか 高速道路とするかは 政府次第である。

バリの高速道路 ヒンドゥー教の儀式で祝福

バリマンダラ有料道路、高速道路、ユドヨノ大統領べノア~ングラライ国際空港~ヌサドゥアを 結ぶ新しい高速道路付近の 7つの村から、何百人もの バリヒンドゥー教徒が式典の中で タウル・グゥントゥ、プムラスパサンとして 地元で知られる儀式を行う。式典は 空港高速道路入り口近くの 新しい道で執り 行われる。
ヒンドゥー教の 牧師が新しい高速道路開通を 祝福、式典の最後にもヒンドゥー教の 儀式パケレムを行う。パケレムとは、海に生きた 動物の生贄を捧げる バリヒンドゥー教の 伝統的儀式だ。水牛、牛、ヤギ、白鳥、アヒル、鶏などの 動物がこの式典中に 生贄にされる。

バリヒンドゥー教の儀式に おいて動物の生贄は 重要な意味を持っている。ヒンドゥー教徒は それらの生贄によって 男神とブタ(超自然の力)を なだめることができ、物理的自然と 霊的領域の 均等が図れると 信じている。
この式典は高速道路建設によってできた 悪の力と霊的不均等を 中和することが目的だ。神がこの道路を 祝福し、この道路の利用者の 安全と保護を 与えてくださることを願っている。

バリ島ニュース – 2013年09月

バリ島で ユドヨノ大統領が 正式に高速道路を 開通9月30日
インフレ率上昇、 バリ経済に影響 9月27日
バリ島、15カ国の 航空機を迎えるン グラライ9月26日
国際線到着が 新しい ターミナルに 移動 9月25日
バリの自然保護 9月23日
観光のためホテル産業にて バリ文化紹介を 義務付け 9月16日
APECのために ングラライ空港改装 スピードアップ 9月13日
ミス・ワールド 世界大会は インドネシア文化を 紹介 9月12日

世界の指導者inバリ 9月10日

バリの低犯罪率 9月09日

バリは海外就労者に ソフトローン 提供 9月06日

カルマ・ビーチ・ ホテル – 海辺の快楽詩 9月04日

バリの新名所 ガルーダ・  ウィスヌ・クンチャナ (GWK) 9月02日
LOVEバリ:  観光村としての サヌール復興 9月32日

バリ島 オプショナル ツアーと アクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.