バリ伝統アートと文化

バリ伝統アートと文化
INDONESIA TODAY

バリの現代美術 の発展はかつて団体観光客に よって妨げらた。その現代美術とは何ですか?現代美術は、ヨーロッパでの 印象の動きで1880年に始まった バリ現代美術とその 家系現象後の1960年代から 生じたと考えられている。これには 絵画、彫刻、インスタレーション、映像、パフォーマンスアートの制作が 含まれる。新たな媒体との 実験はその技術革新の 重要な部分である。現代の 芸術家たちの役割は 現代文化の中の大切な 道標として、世界で現在の流行と 機能的な観光を捉え、観察することだ。

バリ芸術-1930年代以降-は、商業上の 理由のために 制作された大規模な 絵画と彫刻を指す。現代の伝統として 片付けられ、この芸術は 外国人観光客の好みを 引くためにワヤン・クリットは 二次元を持っている バリのヒンズー教の芸術である という体裁から操られた。バリの近代の 伝統芸術の発展は 西洋の影響を 受けているため、近代的な 材料の使用と現代的な 地元の物語りが 含まれたと言える。

バリ伝統アートと文化

バリ・ニュース, バリアート、バリ文化, バリ伝統アートしかし観光と 芸術の商品化は 単に伝統芸術とするだけである。豊かで ユニークな美的品質と、この仕事のために 巨大な市場が作成されるのは 重要な事だ。インドネシア文化の アイデンティティは、伝統的に モデル化され、これは観光分野のために 取引されることに成功している。 一般的に現代美術は 地元住民には理解されず 感謝されない。 インドネシア観光とクリエイティブ 産業省による 新たなイニシアティブは、バリでユニークな 現代美術プログラム 開発をもたらした。そのキックオフはウブドで 10月17日に開催される。“バリアート”(伝統アートと文化)は様々な 展覧会とギャラリーでのイベント、バリ全土の 芸術家のスタジオで 11月22日まで開かれる。

バリ文化、バリ観光文化ウブドの アグンライミュージアムオブアートでの 開会式は、観光クリエイティブ 経済大臣マリエルカパンゲツ氏によって 執り行われるようだ。その夜は、ジルナマデパルグナと エラワンによって創られた バリのアーティストニョマンエラワンと 経験豊かな地元 アーティストニョマングナルサ、マデウィアンタの 作品展覧会へと 風貌を変える。 翌日は、デンパサールの ヌサインダー通りのインドネシア アートインスティテュートで ベテラン芸術家の アグンライ、ジムスパンカット、リズキザエラニ、ジェアンコントウ、ワリーウィサトゥサナ、プロフアフマンシャによる プレゼンテーションを 含む“文化と 伝統の芸術発展 ”セミナーが開かれる。

10月19日、バリACTの 一部としてクウェテルの IBマントゥラ通りにある 中央ブンタラ文化センターで、芸術大学と 専門学校の学生のために イルマダマヤンティと バリの有名 アーティストとワヤン 芸術教育者スクルスアジャナ によって“アートプロジェクト& 起業家精神 ”講座が開催される。

これらの一連の 展覧会、絵画、彫刻、写真、デジタルアート、インスタレーション、ビデオアート、パフォーマンスの 媒体で海外や 地元のアーティストの才能を 磨くこのイベントを 主要な観光業とするように 努める。インドネシア政府は このイベントを再び1014年に 続けることを 約束しており、地元の 現代社会はお祝いするための 正当な理由がある。

バリ島ニュース – 2013年10月

アートセンターバリ展示会はバリと日本の文化関係強化が目的 10月30日
保全地域に含まれるサーフポイント 10月29日
バリ島ホテルと観光情報10月28日
ウミガメ保護教育センター(TCEC) バリのウミガメを保護10月25日
バリ伝統アートと文化10月22日
バリヒンドゥー教 ガルンガンの儀式を祝う10月21日
バリ世界の会合の場10月18日
バリ観光の影響 10月17日
インターコンチネンタルがファミリーリゾートとしてトップ10入り 10月14日
ユネスコはバリのスバック保存を要請 10月11日
バリAPEC首脳会議で七つの合意に成功 10月10日
APEC開催中のためバリの観光客はギリ島へ移動 10月08日
オバマ大統領バリ訪問をキャンセル10月07日
リゾート地としてのロビナビーチ 10月04日
バリ新空港はAPEC代表者を歓迎 10月03日
ミス・ワールド2013はフィリピンのミーガン・ヤングさん 10月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.