バリ不法入国の通過点と化す

バリ不法入国の通過点と化す
INDONESIA TODAY

国際的に 有名な観光地バリ島 がオーストラリアなどを 目指す不法入国者お気に入りの通過点と化している。今バリは 不法入国という問題に 直面しており、その多く は中東からの 人身売買だ。今年5月に バリ海上保安庁は べノア沖で船を捕獲、95人もの 不法入国者を逮捕、その多くは 女性と子供でオーストラリアを 目指して いた。
ここ数年で バリ警察はオーストラリア を 目指す不法入国者の試みを 失敗に終わらせた。その多くは トルコ、イラン、アフガニスタンといった 中東の人々だ。不法入国者の 幾人かは観光客を 装い、オー ストラリアに 向かう前に何日かバリで 過ごした者もいる。バリの社会問題を 創り出しているものの、彼らを 犯罪者として扱うことは できない。彼らは 法律保護と 人権保護を 必要としているのだ。「我々は 適切に彼らを扱う必要がある」 とバリ知事マンク・パスティカ氏は 述べる。

バリ 不法入国の通過点と化す

バリ不法入国, バリ・トラベルバ リは420万人の 人口で、以前は 360万人だったのが 2008年以来4年間の間に 40万人増加した。急速な経済成長で ジャワ島やロンボク島、スマトラ島や  東ヌサトゥンガラ、アンボンやインドネシアのその他の 地域から出稼ぎ者が バリに押し寄せたのが 原因だ。2015年にASEAN 自由貿易協定が 行使される と、ASEAN加入国からの 専門家もバリに ビジネス参入してくるため、人口増加は 必至だ。

2008 年以降 サマー・インスティチュートは、多くが 東南アジアで働く 人権専門家たちで討議フォーラムを 提供している。今年、参加者は 主にASEAN事務局人権 (AICHR)に 関するASEAN政府間の 委任、季節労働者(ACMW)の ASEAN委員会と 女性と子供達(ACWC)の 権利の向上と保護に 関する ASEAN委員会出身だ。

バリニュース, バリ 不法入国今回が、インドネシアがサマー・インスティチュートの ホストを務める 第3回目となる。2009年と2010年 このプログラムはイ ンドネシア 全国人権委員会と 協力の下行われた。今年は 人権資源センター、ウダヤナ大学、東西センター、チューリッヒ大学、児童権利と 発展のための 国際学会 と戦争犯罪研究センターが 組織するようだ。
経済移動に関して方針レベルの議論に従事し、労働法、人の運送、市民権と難民権利と女性と子供達の権利のフィールドで働いている少数の重要な専門家の見方を考慮する機会をASEAN委員会のメンバーに提供するのが今回のワークショップの主な目的だ。

ウダヤナ大学からの法律専門家デワ・グデ・パルグナは、移民と人権に関して多くの国際的な法的手段があると述べる。ワークショップは各国の地域文化に関連する問題について多くを議論することになっている。

バリ島ニュース – 2013年08月

インドネシア 森林警備増員の必要 8月26日
バリはE-ツーリズムサミットのホストになる 8月23日

キンタマニ-バリ、地域密着型の観光 8月20日

バリ 不法入国の通過点と化す 8月19日

バリの小産業製品輸出量は12.69%増加 8月16日

バリの若者はウブドの田園に環境コンサートのため集合 8月14日

バリのギリマヌック港―帰省者と観光客で大混雑 8月13日

レバラン期間のバリ島 8月07日

バリ料理とガムラン伝統音楽 観光促進に期待8月06日

バリは帰省者へサービス、イドゥルフィットリー準備8月05日
APEC バリの経済成長を促進8月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.