バリ・オーガニック・ファーム

バリオーガニックファーム を育ってる
INDONESIA TODAY

有機作物を栽培する他に、バリ島での伝統的な家屋 バリオーガニックファーム でファームステイが提供されている。愛、それは私たちを この素晴らしい、損なわれておらず、人々を魅了する マンドゥック・ルンバンへと導く。この数十年間で米、果物、新鮮な 野菜を生産してきた。私たちは 農夫から、有機農法が規則や 規定などではないと 知らされる。これは自然との 生と信頼であり、この惑星のすべての 命を尊重する ということなのだ。
これはエコ・ツーリズムからの 収益によって 地元自治体を支援する ためである。これらすべては 生命の世界の一部であり、その愛は全てを 成長させるままにし、私たちの快適さで バリ住民の一部となって 経験するための 生命力なのである。訪バリの際、私たちは バリの心を見つけ、食べ、愛と自然の力を 体感できるのだ。

有機栽培商業の 中心地としてのバリを実現

バリ行政区政府は、中小企業(UKM)の有機作物や 商品の配給を 援助するという目的で、バリ・オーガニック・センター(BOC)の 建設具体案について 述べた。行政区政府経済 アシスタントは、現在の世界的な 金融危機にも 関わらず、小規模有機作物産業の 成長を継続的に 後押ししていると述べた。商品販売は UKMと農家にとって 主要な問題である。そのために 行政区政府の 有機栽培作物販売援助が 欠かせないのである。

バリ・オーガニック・ファーム

バリ・オーガニック・ファーム, オーガニック・ファーム, バリ・オーガニック・ファームオーガニック・センター建設はチャングー(バドゥン)に 計画されており、今のところ市場 センターはペゴッ(デンパサール)に 設置される予定。協同組合と UKMは指導、訓練、そして 協会を通じてUKMの 提携を結ぶための 資金を提供 する方針。この努力は2015年から 始まるASEAN自由貿易 商品の一部である 商品の品質向上のために 行政区政府が 計画しているものだ。

行政区政府は 統合された農業 システムを通して 農業生産向上のための 同様の段階を踏む。生産向上の他に、行政区政府は 従来の方法から有機農法へも 転換を模索している。バリの職員は地元生産物のために バリショッピングセンターでの販売を 義務付けることで 農家を保護する。行政区政府は ショッピングセンター、ホテル、レストランなどでこの 地域で生産された 果物や野菜を 活用するようにと 規則を作った。それにより有機作物を 生産し続け、彼らの家計を 助けることで農家を 保護かつ支援 できるのである。

バリオーガニック、バリオーガニックファーム協同組合とUKM所長は世界中に統合ビジネスサービスセンター(PLUT)を構築することを支援する意向を示した。PLUTはUKMの製品提供のための展示会場を持つよう期待されている。バリはこの目的のためにすでに30ヘクタールを用意、建設と初期運営のために40億ルピアあ(36万1827ドル)を投資している。一方バリ産業と通商代理店の産業区分所長は、バリには1000もの小規模な市場があり、その多くはギアニャールにあると述べる。中心地は7万5000の企業で、24万3000人もの従業員になる。

2013年、行政区政府商業体チームは手工芸品、衣類、食料、科学製品、建設材料、金属を生産する生産者を対象とした訓練プログラムを計画、このチームは合法材木確認システムについての情報の拡散もしている。アメリカ合衆国とヨーロッパは、職人が作り出す材木、現在ブレレンとギアニャールにある小規模企業しか行っていない材料を欲しがっている。今年、宣伝がカランアセム、バンリ、バドゥンで引き続き行われている。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.