バリは40万人の中国人観光客 を目標にする

バリは40万人の中国人観光客 を目標にする
INDONESIA TODAY

2012年の 30万人 から 10パーセント 増加の 約40万人の 中国人観光客  の訪問を 目指している。

「2013年、私たちは インドネシアへ 旅行に来る 中国人の 40パーセント、または 中国から 約40万人が バリ島を訪れることを 目標にしている」と 水曜日、デンパサールで バリ州観光局 代表の イダ・バグス・カーデ・スビクシュは 述べた。

彼によると、在スラバヤ 中華人民共和国総領事館からの 情報と 調和して、その 40万人は、その竹の国から インドネシアへ 訪れると 予想される 100万人の 中から 得られている。また その数は、年間 7500万人に 達する 中国人 海外旅行者の 数に 比べて、相対的に まだ かなり 少数であることを 明らかにした。
「スラバヤ 中国総領事館からの 情報によると、観光目的で 海外旅行をする 観光客は、年間 約 7500万人 であるが、インドネシアへは やっと 100万人に 達した」と彼は 語った。

中国観光客、バリ島へ訪問する中国人観光客 の関心を 惹くために、クンミン州で 数人の 重役と 観光振興のための 会議が 数回 行われた。
スビクシュは、およそ 10億人 以上の 人口所有国からの 観光客が、神々の島を 訪れる 観光客の 大部分を 占める と語った。
しかし、その多くの 観光客は、バリへ 到着する前に 必要とされる 多くの 乗換を 望んでいない。クンミン 州長は、「300万人の 市民は バリへ 観光旅行を することができるが、直行便が ない。このことが 障害に なっている」と 語った。

彼は、今日の 中国人観光客 の増加傾向が 見られるため、バリへの 観光市場の ターゲットの 一つに なっていると 明らかにした。バリ州中央統計局の統計データは、2013年 1月から4月に 神々の島を訪れた 中国人観光客の 総数は、12万8134人で、2012年の 同時期 12万 4293人から 3,03 パーセント 向上した。

その総数は、中国が オーストラリアからの 観光客に 次ぐ、第二位に 位置したことを 表している。オーストラリア からの 観光客は、2013年 1月から 4月は 24万2935人に 達し、2012年の 同時期 23万8003人と 比較すると 2,07パーセント 向上した。

バリと 中国文化の 類似点の他に、パンダの国から来た 観光客は、大自然の 眺め や神々の島 特有の 料理に 惹きつけられている。

中国人観光客も 文化と 自然を 好む他に、バリの 郷土料理、バビ・グリン( 小豚の 丸焼き )を好んでいると スビクシュは 述べた。

バリ島ニュース – 2013年09月

バリ島で ユドヨノ大統領が正式に 高速道路を開通 9月30日
インフレ率上昇、 バリ経済に 影響9月27日
バリ島、15カ国の 航空機を 迎えるングラライ 9月26日
国際線到着が 新しいターミナルに 移動9月25日
バリの 自然保護 9月23日
観光のため ホテル産業に てバリ文化紹介を 義務付け 9月16日
APECのために ングラライ空港 改装スピードアップ 9月13日
ミス・ワールド 世界大会は インドネシア 文化を紹介 9月12日

世界の 指導者in バリ 9月10日

バリの 低犯罪率 9月09日

バリは海外 就労者に ソフトローン 提供 9月06日

カルマ・ ビーチ・ホテル –  海辺の 快楽詩 9月04日

バリの新名所 ガルーダ・ウィスヌ・ クンチャナ (GWK) 9月02日
LOVEバリ:  観光村 としてのサヌール 復興 9月32日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.