バリは選挙を迎える準備をする 2014

バリではインドネシア選挙 を迎える準備する
インドネシア議会メンバーの国政選挙‐DPRとDPD
INDONESIA TODAY

バリではインドネシア選挙 を迎える準備する為に 地域代表者協議会(DPD)のメンバーと 人民代表会議(DPR)の560議席を 選出する2014年の インドネシア議会選挙は、来たる2014年4月9日に 開催される。 46の政党は既に 選挙に参加するため 登録し、15の政党(アチェ3政党を含む) は総選挙委員会(KPU) が決定した先回の選挙より 厳しい要件をクリアした。要件は インドネシアの各州の 代表をカバーし、最低30パーセント 女性議員が含まれている ことである。当初は人民代表協議会の 議席を持つ 全ての政党は、検証の 必要なしに選挙戦を 許されていたが、2012年8月29日に インドネシアの憲法裁判所は、過程を 通過する全ての 関係者に義務付けし 規定を覆した。

大統領チケット 要件は、議会選挙の 投票の20パーセント以上を 獲得した政党や 政党連合により支持される 必要があり、この選挙結果は 7月の大統領選挙のため 非常に重要 となっている。

バリは選挙を 迎える準備をする 2014

バリ島ニュース. バリは選挙を迎える準備をする15の政党は、以下の通り 13の政治政党と 3つのローカル政党から 成る2014年の 選挙に参加する。
政治政党
1.国民民主党
2.民族覚醒党
3.福祉正義党
4.闘争民主党
5.事業グループ党
6.インドネシア運動党
7.民主党
8.国民信託党
9.開発統一党
10.民衆良心党
11.月星党
12.インドネシア一致正義党
ローカル政党
13.アチェ平和党
14.アチェナショナル党
15.アチェ党

バリ島ニュース. 総選挙2014バリは、このイベントで 期待されている必要な 要件すべてを調整し、今後の議会選挙と 大統領選挙を迎えるために 準備を整えている。デンパサール総選挙委員会 (KPU)事務所は12の 政治政党は2014年の選挙戦の 準備をしたと述べた。 関係者は、市内全域の 1,131ヶ所の投票ブース(TPS) に配属する証人1,375人を 雇う予定である。関係者各人は 各TPSに一人の証人を付ける。監督チームの 人材不足により、投票証人の 存在は不正行為を防止し対立を 避けるため非常に重要 となっている。 各証人は選挙戦過程で使用できる要約結果を与えられる。委員会の全てのメンバーはバリにおける成功した選挙を持って準備を統合するため会合する。調整会議は議会選挙だけでなく大統領選挙に向けた準備ともなる。バリ州の議会選挙の全てのメンバー約3,000人が関与する。 デンパサール選挙監督委員会(Panswaslu)会長は、すでにチームメンバーの必要人数を募集したと語った。チーム形態と住民や大学生からのメンバーは発表されており、このフォーメーションはバリ島選挙監督委員会の指示に基づいている。

バリ島ニュース – 2014年02月

バリナショナルゴルフリゾート(2013年の改装後バリ最高のゴルフコース) 02月17日
バリ・ビヨンドトラベルフェアは観光プロモーションに確定 02月14日
バリは選挙を迎える準備をする 02月13日
トランスバス・サルバギタはバスを待っている 02月11日
ベノア港はクルーズ船のハブ港になる 02月10日
リージェントバリ サヌールのラグジュアリーリゾートホテル02月07日
インドネシアの日本料理 味と安全なメニューに焦点02月06日
バリは貧しい住民のためにインターナショナルスクールを拡大 02月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.