バリは貧しい住民のためにインターナショナルスクールを拡大

バリは貧しい住民のためにインターナショナルスクールを拡大
INDONESIA TODAY

バリ政府 は バリ島 全体 で 学生のために 教育提供プロクラムを拡大する。貧しい住民のための 国際標準学校SMA バリマンダラ 高校開設の 成功に続き、政府は現在、国際 標準職業学校(SMK)の開設を 計画している。

バリ副知事は、SMKは今年SMA バリマンダラ高校と 同じ地域に開設される 予定であると述べた。新設されるSMKは、若い世代が より良い将来を 持てるようバリ全域で 熱望する貧しい学生のために 開設される。
バリ北部のブレレン群 クブタマバハン地域の 10ヘクタールに配置され、SMAバリマンダラは 低所得世帯からの 学生を優先的に、バリ全土から 参加する学生たちを 受け入れるため2011年に 開設された。SMAやSMK バリマンダラで学業に 専念する期間中、学生たちは 授業料を払っていない。

SMAバリマンダラ

バリは貧しい住民のためにインターナショナルスクールを拡大 , SMAバリマンダラこのうちの国内と 国際的な2つの カリキュラムは、州政府とプトゥラサムポエルナ 財団により提供された。昨年の時点で バリ政府が全面的に 提供し管理している。しかし、財団は学生奨学金を 提供し、サポートを続けている。

SMAバリマンダラは、国家カリキュラムと ケンブリッジ大学からのシステムである 中等教育国際 総合証書(IGCSE)が混在している。学生もビジネスマン 精神やリーダーシップ といったライフスキルを 教えられている。学校で勉強する 学生の成績は、昨年の若者第 20回国際会議で 銅メダルを 取るなど、全国的・国際的な賞を 受賞している。その他にも 多くの成果を収めている。

SMAバリマンダラ, バリインターナショナルスクールSMAバリマンダラ 高校の卒業生の 多くは、ロシアと米国など海外の 大学で勉強するよう 奨学金が 提供される。SMKバリマンダラは、SMAバリマンダラの 成功に倣う。低所得世帯からの学生の 多くが、卒業後に仕事を 得るため専門学校に 通うことを望むため、高等専門 学校が 必要となった。SMKバリマンダラの 建設費用は235億ルピア(US$1,930,000)かかると 予想される。政府は2014年度 予算から 資金を割り当てている。施設のため 追加資金が修正予算から 割り当てられる。

学校は エンジニアリングに 特化し、貧しい家庭の 生徒は将来的に この学校を 通じて成果を得ることが できる。現在プトゥラサムポエルナ 財団はSMA バリマンダラ高校で 学ぶ221名の 生徒に奨学金を 提供しており、奨学金は 2014年から2015年の 学年度授業料の 支払いに合計17億 ルピアかかる 計算である。

バリ 政府 は、その他多くの 民間機関が 奨学金を提供し、島の教育の 開発に 参加することを 期待している。

バリ島ニュース – 2014年02月

バリナショナルゴルフリゾート(2013年の改装後バリ最高のゴルフコース) 02月17日
バリ・ビヨンドトラベルフェアは観光プロモーションに確定 02月14日
バリは選挙を迎える準備をする 02月13日
トランスバス・サルバギタはバスを待っている 02月11日
ベノア港はクルーズ船のハブ港になる 02月10日
リージェントバリ サヌールのラグジュアリーリゾートホテル02月07日
インドネシアの日本料理 味と安全なメニューに焦点02月06日
バリは貧しい住民のためにインターナショナルスクールを拡大 02月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.