バリは海外就労者にソフトローン提供

バリは海外就労者にソフトローン提供
INDONESIA TODAY

バリ 地方政府は 全市民のため、特に 海外就職を 希望するが 資金調達問題に 直面している バリ人労働者 低所得労働者の ために ソフトローン提供 を計画している。 マデ・マンク・パスティカ 知事は、海外就職、特に クルーズライナーは、貧困家庭の 生活改善の ための良い方法 だと 述べた。この島の 貧しい人々へ 海外で 働くために 必要な諸費用、資金を 提供する ソフトローンプログラム は、貧困を 克服する 大きな チャンスだ。現在、410万人の バリ市民のうち3,95%が 貧困ライン以下の 生活を 送っている。これは ジャカルタ に 次ぎ バリ州を 全国貧困 第二位に している。貧困住民の 割合は 2008年の 約6% から 低下している。今年 政府は 貧困削減数を 人口の 3,28%に 目指している。

バリマンダラの 取組を通し 政府は、JKBMからなる いくつかの 貧困緩和 プログラム、登録された 全住民のための 無料 医療サービス “ プログラムベダルマー” 、貧困世帯のための 住宅改修支援 “プログラムシマントゥリー” 、オーガニック農業と 代替エネルギー 採用準備をしている 農家 グループのための 現金 及び 技術支援、恵まれない 学生のための 奨学金制度、伝統を守る村や農家、灌漑社会への 現金支援、コミュニティベースの 経済企業を 築く 各村のための 10億ルピア援助 “グルバンサドゥープログラム” を実行している。

バリは 海外就労者に ソフトローン提供

国際クルーズライン、海外労働者海外就職は 生活を 大きく 改善することが 出来る。多くの人が 海外で 働く 準備ができているが、勉強し 目的地へ 出発するための お金を 持っていない。島の 若者が 増加する 今日、将来を 向上させる 一番よい方法として 海外就職を 検討している。ホテル、スパ、海外クルーズ船の 位置づけは、旅行や他文化について 学ぶための チャンスを ただ 提供するだけでなく、観光施設の 給料水準も 提供している。海外の インドネシア労働者がクルーズ船で働くなら、月一千ドル以上を得ることが出来る。
地方の 人材機関は、2011年に1万4944人がバリを拠点に 海外で 働いていると 記録した。この 人数は 2012年に 1万2596人に 減少したが、今年は 大幅に 増加する と予想 されている。海外労働者の ほとんどは クルーズ業界 で 働いている。その他は アメリカ 、イタリア 、スペイン、ニュージーランド、インド、モルディブ、トルコ、キプロス、ロシア 及び その他の国々の ホテル、レストラン、スパで 働いている。

バリ人労働者, 海外労働者クルーズライナーで 働き始める人が 必要とする 総額は 約2千万ルピア に昇ると 推定される。この 数字は 学費、チケット代 及び 管理費 全般が 含まれている。2千万ルピアを調達するのは貧しい人、特に 農村地帯に 住む人にとっては 難しいだろう。これが理由で ソフトローンは 大いに 必要で 非常に 重要視されている。政府は ソフトローンプログラム を実行するために、バリ 地域開発銀行(BPD)、バリ 地域銀行、バリマンダラ地域ローン保証会社 ジャムクリダ株式会社と協力し、ローン提供のために BPDバリに近づき、バリマンダラジャムクリダ株式会社は 保証人になる準備をする。

バリマンダラジャムクリダ株式会社は、デンパサール市長、バドゥン県、ギャニャール、カランガセム、バンリ、タバナンと協力する 地方行政によって 設立された 融資保証機関である。526億7700万ルピアの 管理資本が 集められ、バリマンダラジャムクリダ株式会社が 2兆ルピア の 融資を 配当する。
2013年2月 の ある調査によると、バリで 働く 4万5380人、もしくは 労働人口の 1,89%が 失業している。これは2012年の 4万7330人、労働人口 2,04%の 失業率に比べ 減少した。

バリ島ニュース – 2013年09月

バリ島でユドヨノ大統領が正式に高速道路を開通9月30日
インフレ率上昇、バリ経済に影響9月27日
バリ島、15カ国の航空機を迎えるングラライ9月26日
国際線到着が新しいターミナルに移動9月25日
バリの自然保護 9月23日
観光のためホテル産業にてバリ文化紹介を義務付け 9月16日
APECのためにングラライ空港改装スピードアップ 9月13日
ミス・ワールド世界大会はインドネシア文化を紹介 9月12日

世界の指導者inバリ 9月10日

バリの低犯罪率 9月09日

バリは海外就労者にソフトローン提供 9月06日

カルマ・ビーチ・ホテル – 海辺の快楽詩 9月04日

バリの新名所 ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK) 9月02日
LOVEバリ: 観光村としてのサヌール復興 9月32日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.