バリの知事選挙

バリの知事選挙
INDONESIA TODAY

バリの知事選挙 に関し、バリ州政府は 安全環境を 維持するため、2013年 5月15日の バリ地方長 (Pilkada) 選挙実施を 見守り 参加するよう 全てのマスメディアに 呼びかけた。金曜日(5月10日)にデンパサールで バリ知事 チョコルダ・ングラ・プマユン は、良好な バリの 状況は、円滑で 正常で 平和的な 選挙の実施を 十分に 支援するよう 期待されている と述べた。バリ州地方長 チョコルダ・ングラ・プマユンは、すべての 当事者が 適用される 規則や 規定に 従い、バリの知事選挙 の施行を 成功させる事を 含め、貢献するよう 期待している。“2013年 5月8日 付の控訴番号481/704/Humasは、すべてのマスメディア、印刷メディア、放送メディア、オンラインメディアに伝えられた”と言った。東ジャワ地方警察(Jatim)の 担当者により 強化された バリ警察は、来たる 2013年 5月 15日 の バリ選挙の 安全を 確保し、望まれない 事柄を 予測する。東ジャワ 地方警察からの 支援部隊と、TNIの力で バリの 近隣地方は 強化され、バリ選挙は 安全かつ 円滑に行われるよう 期待されている。

デワタ島の 八つの 地方と 一つの都市の一つである ブレレン地区は、紛争が 発生しやすい地域 として判断し、その バリ島北海岸は バリ州で 最大の 人口を持つ 地域と 考えている。バリ自体は 既に 色々な措置と、活動前の 練習、キャンペーン 期間、沈黙期間、就任を含め 投票日と 開票日以来、動員され始めた 約8,500名 のスタッフの 力を持って 安全確保の 予測を 行なっている。 バリ州の 総選挙委員会(KPU)は 1,445,195名 の男性有権者と 1,473,629名 の女性有権者から 成る 合計 2,918,824名 の バリ地方選挙の 有権者の リストを 発表する。既に それを 保たれている DPTから、ブレレン地区で 記録されている 最大の 有権者は 538,564名。

バリで八つの地方と一つの都市の総投票所(TPS)は 6,371ヶ所。

バリ選挙, 知事選挙準備デンパサール – 地域警察(警察)は5月15日に開催される知事と副知事の選挙の安全を確保するためにバリ警察8,000人を設定する。2013年5月10日(金曜日)にバリ警察スポークスマンシニアのコンベス・ハリアディ氏は“私たちは、総人員を三分の二分割にする”と語った。ハリアディ氏は、警察側の安全の用意はできており2013年5月11日から14日の沈黙期間を待っているだけだ、と述べた。この選挙前の沈黙期間中、警察も引き続きバリ全地域の安全確保ための責任を負っている。この沈黙期間中、マスメディアの社会的なすべての形式を始め、キャンペーン活動は中止させられる。選挙の安全警備中は、警察は民間からの協力なしに一人で警備することが出来ない。“TNIとPecalang(税関警察)も直接監視するために関係している”と語られた。各選挙会場で、警察は、他のセキュリティ機器と共に、TNIとPecalangのように、一緒に警備を行う。この一人ひとりは、公式ユニフォームを着用する。
バリ島選挙, 選挙委員会インドネシア民主党DPPの会長(PDIP)メガワティ・ソエカルノプトゥリは、来たる5月15日の選挙で、選挙権を用いるようにバリの人々を誘った。“棄権はいけない、まして実用主義的な考えを持つことも。しかし、バリの将来のリーダーを決定するために、厳しく考えなくてはいけない”と、バリのチャグプ氏とチャワグプ氏夫婦とブレレン地区セリリト町プンガストゥラン村のアナック・アグン・ングラ・プスパヨガ氏とデワ・ニョマン・スカラワン氏のためにキャンペーン運動の際に語った。彼女はまた、投票所で投票する時にお金に誘惑されないように民衆に警告し、元インドネシア大統領は、“汚職をする候補者が未だに存在してはいけない”と述べた。

地方選挙、バリ選挙総裁、バリ選挙その機会にメガワティ氏は、選挙の成功は四つの事に掛かっている、つまり、主催者としての委員会、主な設備としての情報技術、当局の中立な態度、候補者の正直さだと述べた。 “村落指導下士官を含め、当局、情報官は民衆を怖がらせたり、欺いたりしてはいけない”とインドネシア共和国スカルノ宣言の娘は述べた。 彼女はまた、バリの摂政/市長に警告書を与える選挙管理委員会の措置に遺憾を示した。なぜなら、一候補者のキャンペーンに巻き込まれるからだ。“もし禁止されるなら、なぜ最初から伝えられなかったのか?”と彼女は語った。 メガワティ氏はブレレン県知事プトゥ・アグス・スラドニャナに付き添われ、プマロン村から漁船に乗ってプンガストゥラン村に到着した。プンガストゥラン村に着いて、スラドニャナ氏は監督委員会から警告を受けたため、プスパヨガ‐スカラワンのキャンペーンアリーナでメガワティ氏に付き添い参加できない許可を求めた。 メガワティ氏は5月8日水曜日の午後にブレレンに到着し、バンジャル・バレ・アグンの祖母ニョマン・スリムベン氏の家に滞在している。そのPDIP支持者一団の土壌で、選挙戦に失敗したくないため、メガワティ氏は投票までバリに滞在するよう計画されている。

バリ島ニュース – 2013年05月

グリーンピース「虹の戦士号」、インドネシアに再航行5月31日
インドネシア家具の輸出成長る5月29日

インドネシア経済は強さを維持する5月28日
セイル・コモドとその長期的利点5月27日

儀式と文化の中のバリダンス 5月24日

インドネシアの石油とガスは投資家にとって魅力的 5月21日

バリで2013ミス・ワールドのコンテスト 5月20日
バリ島観光旅行成功を陰で支えるバリの女性たち 5月17日
バリの知事選挙5月15日
BNIは山口フィナンシャルグループと提携を結ぶ 5月14日

ガルーダ・インドネシアは世界の航空会社ベストリストに入った 5月13日
インドネシアへの観光客が増加 5月09日
バリマラソンへの準備 5月08日
日本 災害教育協力をオファー 5月07日
保健省はH7N9ウイルスを防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける 5月06日
ロンドン・コーヒー・フェスティバルとルアックコーヒー市場発展におけるインドネシア 5月04日
 シティ・リンク2013年に乗客780万 5月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.