バリのギリマヌック港―帰省者と観光客で大混雑

バリの ギリマヌック港 ― 帰省者と観光客で大混雑
INDONESIA TODAY

バリ島の主要な玄関口の一つであり バリ島とジャワ島 をつなぐ ギリマヌック港 は、例年通り今年も イドゥルフィットリー休日期間中繁 忙だった。ジャワ東部バニュワンギ、クタパン港へフェリーサービスを 提供しているバリ西部ジュムブラナ県の港は、バリからジャワへ 数千人の帰省者とバリで休暇を過ごした ジャワ島からの国内観光客に サービス提供した。
バリ島各地からの 数千人の旅行者は 港を通り、8月1日から イドゥルフィットリー前の7日間、8月8,9日を 目指しジャワ島の故郷へ 旅行する。イドゥルフィットリー前の7日間で、36万9223人、8万9611台の オートバイ、3万5914台の 車がギリマヌックからクタパンへフェリーで バリ海峡を渡った。イドゥルフィットリー前後の 5日間は、相次ぐ乗船と 車両でおよそ 6キロメートルに及ぶ 渋滞を引き起こす。

イドゥルフィットリーにギリマヌック港―帰省者と観光客で大混雑

ギリマヌック港, バリ・ニュースバリを後にする 人の多くは長年バリ在住の ジャワ人かジャワに家族がいる人だ。イドゥルフィットリーはイスラム教徒に とって帰郷として知られており、家族と 再会するために家へ 戻るという伝統である。ギリマヌック港 運用管理マネージャーはギリマヌック港を 利用する乗客数は 昨年に比べ3パーセント増加したと 語った。さらに、オートバイを 利用する乗客は9パーセント、車を 利用する乗客は7パーセント 増加した。増加の可能性を 予測し、サービス向上と 乗客受け入れのために、41のフェリーを 用意した。しかし、実際には 32から36のフェリーが毎日運航するに 留まった。

ギリマヌクバリ, バリ港, ニュースイドゥルフィットリー後、乗客はバリ島へ 向けクタパン港からギリマヌック港へ 戻る。ギリマヌック港運用管理 マネージャーは、帰省者は来週末までに 段階的に帰省するだろう と予測している。ギリマヌック港は 常に多忙だが、バリでイドゥルフィットリー休日を 過ごすためにジャワの各都市から 来た多くの 国内旅行者は 今週ジャワへ戻るため、港と 交通はさらに 混雑するだろう。
ギリマヌックから バリ海峡を渡るインドネシア国内旅行者数は 増加している。通常は一日 あたり1500台から 2000台のオートバイと3000台の 車だが、2127台の オートバイと3931台の 車であった。お気に入りの 観光地への主要な 玄関口としてギリマヌック港は 休日常に忙しい。イドゥルフィットリー観光客数が まだ増えていないとしても、多くの 国内旅行者は 今週ジャワの 各都市へ 戻るため、港側としてはまだ 忙しい。その上、ジャワ島から バリ島へ仕事のために 戻る人たちとその 逆のバリ島から ジャワ島へ戻る 国内観光客で、ギリマヌック港は 乗客で溢れそうだ。同様に、バリの ギリマヌック港の 手前とジャワ島 バニュワンギにある クタパン港の 手前の陸路は、オートバイと 車で約6キロメートルの 交通渋滞を 引き起こす。

バリ島ニュース – 2013年08月

インドネシア 森林 警備増員の必要  8月26日
バリはE-ツーリズムサミットの ホストになる 8月23日

キンタマニ-バリ、 地域密着型の観光  8月20日

バリ 不法入国の 通過点と化す  8月19日

バリの小産業製品輸出量は 12.69%増加 8月16日

バリの若者はウブドの 田園に環境コンサートのため 集合 8月14日

バリのギリマヌック港 ―帰省者と観光客で 大混雑 8月13日

レバラン期間の バリ島 8月07日

バリ料理と ガムラン伝統音楽 観光促進に 期待8月06日

バリは帰省者へ サービス、イドゥルフィットリー 準備8月05日
APEC バリの 経済成長を 促進8月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.