ヌサペニダは海洋保全省を取得

ヌサペニダは海洋保全省を取得
INDONESIA TODAY

ヌサペニダバリ は小さな島で、2つの小島ヌサレンボンガンとヌサチェニンガンの 近くに位置する。バドゥン海峡は この島々とバリ島を 隔てている。ヌサペニダは 標高524メートルの 丘があり、バリ近隣の 島よりも乾燥している。ヌサレンボンガン島 とは異なりインフラは少なく 人口は45,178人で島 面積202.6平方 キロメートルである。この島は10年前から 現在まで変化は 少ない。 ヌサペニダは、ペニダビーチ、バトゥランブン(マンタポイント)、バトゥメリン、バトゥアバー、トヤパケ、マリブポイントダイビングスポット を広範囲にカバーしている。ロンボック 海峡からの潮流の強さと 方向は、モンスーンの影響を 受けても全体的に 南傾向である。

南東モンスーンの期間、潮の流れは 南傾向にあり、東海気候の期間は 潮の流れは北になる 傾向がある。ヌサペニダ海峡北部 地域の潮の流れの パターンは、約スリーアンドワンハーフノットと 比較的単純だ。バドゥン海峡の 潮の流れは 半日周だが、ロンボック海峡の 南から北へ全体的に 湾曲した形状に なっているため、その性質はとても 複雑である。2009年の 調査に基づいて、水深3メートルでは 66パーセント、水深10メートルの地域は 74パーセントを占める サンゴ礁が約1,419ヘクタールある。

最近、海洋水産相は ヌサペニダをインドネシアで 最良の場所として、水保全 地域(KKP)に決定した。保全地域 ディレクターと魚の多様性の 奉仕者は、ヌサペニダは水の 保全と評価また小島の 評価に基づいた 効率的な管理プログラムに より受賞したと 述べた。

ヌサペニダ水保全地域

ヌサペニダ島, ヌサペニダ水保全地域20,000ヘクタールの ヌサペニダ水保全地域は、クルンクン地域の ヌサチェニンガンとヌサレンボンガン 海域を含んでいる。インドネシアは 中央政府と省と 地方が管理する1,600万ヘクタールの 76保全地域を所有している。コーラルトライアングルイニシアティブの 一部としてインドネシア政府は、フィリピン、マレーシア、東ティモール、パプアニューギニア、ソロモン 諸島の5か国と共に、各国の約2,000万ヘクタールの 水保全地域の保護を 約束している。

国家賞は、適切で効率的に 管理された会話地域を推奨するために 提示された。ヌサペニダは、パプアの ラジャア ンパット水保全地域と 競争しなければいけなかった上に、この賞は、十分な資金を 提供することを め、持続的に管理・保護するための 強い誓約を示すために バリ州政府とクルンクン地方の 両方を推奨するよう 期待された。
バリダイビング, ヌサペニダ島, ヌサペニダは海洋保全省を取得クルンクン海洋・漁業・畜産庁長は、地方行政は 現在、ヌサペニダの水保全の 取り組みを支援するため 引き続き資金調達体制を 準備していると 語った。ラジャアンパットの 節水資金モード以降、最初の選択 となるだろう。イリアンジャヤの ラジャアンパットでは、訪問者は 保全と資金調達活動に 十分活躍している。

ヌサペニダでは、訪問者(観光客)は短期旅行で訪れ、海岸線、海岸沿いの村、多額資金を 必要とするサンゴ礁のザ・バリ・マネージメント以外の 場所に宿泊する。クルンクン地方政府は 現在、観光業から新たに 料金を受け取れるように 動いている。しかし、政府はヌサペニダの 追加料金を徴収しないように 注意する必要がある。

コーラル・トライアングル・センター(CTC)は、科学的、技術的、包括的な調査と研究を通した政策作りを提供することに参加し、長期間継続する資金調達体制を含め、海洋観光コードの作成は重要であると述べた。ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)とCTCが行った調査に基づき、296種類の珊瑚と576種類の魚を得、5種類が新発見されたのはヌサペニダ海域だけである。ヌサペニダ海域はクジラ、サメ、マンボウ、イルカまた亀など大型海洋生物の家となっている。また、13種マングローブの森林230ヘクタールと1,459ヘクタールのサンゴ礁を所有している。

バリ島ニュース – 2014年01月

出資者がサンゴ礁の保護を計画 01月31日
バリは国内で世界の観光プロモーションを準備 01月29日
バリはカラフルな中国旧正月を準備 01月28日
バリ州知事、バリ住民のための健康保険をカバーするため誓約 01月27日
クタ・アート・クロマティックはローカルアーティストを結集 01月23日
ヌサペニダは海洋保全省を取得 01月22日
バリの観光地見本プロジェクトとして選ばれた地域 01月20日
バリの新地域で高級ホテルとヴィラがターゲット 01月17日
バリ観光地としての100の村 01月15日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.