インドネシアは スペインの注目 の的

インドネシアは スペインの注目 の的
INDONESIA TODAY

スペインの 副経済産業大臣、ジャイム・ガルシア・レガス(Jaime Garcia-Legaz)は、インドネシア と シンガポール は、今年の スペインの注目 の的に なっている 二国 だと表現した。この事は、スペインの マドリードの ジャイム・ガルシア・レガス によって 表現された。在マドリードインドネシア大使館の カウンセラー、セオドロス・サトリア・ヌグロホ(Theodorus Satrio Nugroho)は、シンコディアスフォーラムは スペインで 政府高官と 著名な 専門家を 招待する 月例 朝食形式の 活動である と述べた。そのフォーラムは、高レベルの ビジネスリーダーと スペイン王国の 認可された 外交官、経済機能参事官調整カウンセラーを務める 在マドリードインドネシア大使館 が参加する。ガルシア・レガスは、不可欠な 計画、貿易使命訪問、及び 両国の 市場に 浸透するための 資金を 準備するためである と語った。インドネシア では、スペインの 複数の 企業は、インフラ と テクノロジー分野で 産業を 拡大してきた。スペインの 輸出能力に 関係して、ガルシア・レガスは、2013年 1月の スペイン輸出成果は、昨年の 1月に比べて 8パーセント 向上した。この結果は、今年の スペインの 輸出向上目標 4,5パーセント に達するだろうと 楽観的だ。

欧州委員会は、今年スペインは、EU諸国家間で輸出向上を指導すると考えている。スペインの輸出は国内総生産(GDP)33パーセントの範囲で記録を公開し、国内市場需要の減少を相殺すると昨年言われていた。3,4パーセントの競争力と11パーセントの輸出を行うスペインの企業総数の向上は、スペインの輸出向上の2つの主な要因だ。スペインの競争力改善は、わずか0,2パーセントの 労働力減少より、3,2パーセント の生産性向上に 起因する。ガルシア・レガスは、スペイン企業が輸出を行う上で直面する主な障害は経費だ。それゆえ、5億ユーロの資本を用意した。さらに、経済競争力省の下で、国家の信用機関、セルバンテス·デ·クレディト 公式(ICO)は、同じ目的のために 40億ユーロ 相当の ローンを 取り分けた。欧州委員会は、今年スペインは、EU諸国家間で 輸出向上を 指導すると 考えている。スペインの輸出は国内総生産(GDP)33パーセントの範囲で記録を公開し、国内市場需要の 減少を 相殺すると 昨年 言われていた。3,4パーセント の競争力と11パーセントの輸出を行うスペインの 企業総数の 向上は、スペインの 輸出向上の 2つの 主な 要因だ。スペインの 競争力改善は、わずか 0,2パーセントの 労働力減少より、3,2パーセント の 生産性向上に 起因する。

スペインの注目

インドネシアスペイン, スペインの注目ガルシア・レガスは、スペイン企業が 輸出を 行う上で 直面する主な 障害は 経費だ。それゆえ、5億ユーロ の 資本を 用意した。さらに、経済競争力省の下で、国家の 信用機関、セルバンテス·デ·クレディト 公式(ICO)は、同じ目的のために 40億ユーロ 相当の ローンを取り分けた。例えば、経営のために政府の許可を必要としない、300平方メートル以内の面積を有する店を持つ中小企業のために、中小企業を支援する別のイニシアティブは、インターネットサイトを開き、ライセンス簡略化の技術提供をしている。ガルシア・レガスも、米国とオーストラリアに勝って、スペインは多国間機関からの投資アクセス権を所有しているOECDで最初の国であると伝えた。スペインは、世界銀行から7億3500万ドルの資金を受け取っている。さらに、スペインも1億2500万ドルに達するイベロアメリカーノ開発銀行と技術支援とコンサルティング契約を結んでいる。消費や購買、国内需要の低迷は、高い失業率をもたらし、ガルシア・レガスは、そのことは銀行にお金を貯金し節約するように一般大衆へ影響をもたらしたと表現した。インドネシアスペイン、企業、スペインの注意しかし、現在国民は、今キプロスが経験している危機を、スペインは脱したため、安心感を抱いている。スペインインドネシアの貿易副大臣の声明は、優先順位と主要な協力関係に注意を集中し、ジャイム・ガルシア・レガスによってインドネシアデゥブス会議で伝えられ、政府と民間、スペイン政府と資金供給の協力関係向上を努力するように同意した。

輸出促進プログラムと国外投資は、開発に拍車をかける政策の一部になった。スペインは資金供給を含め、インフラ整備の分野で特出している。そのため、スペイン側は、具体的な資金供給と、プロジェクト達成についてインドネシアと協力関係を結ぶ。インドネシア大使館の記録に基づき、元外国貿易分野国務長官、アルフレド・ボネット(Alfredo Bonet)は、25のスペイン企業と共に、2011年にインドネシアを訪れた。経済新聞や雑誌に載せられた幾つかの記事の中で、インドネシア経済については、アジアの新興経済大国の一つとして数多く取り上げられた。インドネシアへの投資アクセスと効果は、急速な発展を経験しており、価値があり、世界のスペイン企業にとって、今がインドネシアへ勢力を拡大する時である。

バリ島ニュース – 2013年04月

海上高速道路、地下トンネル、空港プロジェクト 2013年6月に完成 4月30日
バリで海草シンポジウム 50カ国が出席 4月29日
ジャカルタ観光 その2 4月27日
ジャカルタ観光 4月26日
アメリカとオーストラリア軍 バンドゥン製の弾薬を使用 4月25日
政府が3つのガソリン値上げ指針を準備 4月22日
インドネシアとデンマーク協力関係強化 4月19日
シティリンク ガルーダインドネシア傘下の格安航空 4月18日
日本からの投資簡易化 -日本はインドネシアにとって重要-4月17日
パリマラソンでインドネシア観光をアピール 4月16日
インドネシアの若い世代 外国語習得に意欲 4月15日
インドネシアはスペインの注目の的 4月11日
2014年のインドネシア経済成長目標は6,9% 4月10日
インドネシア中央銀行新総裁アグス・マルトワルドジョ 4月09日
米国フランチャイズ10店はインドネシアの新フランチャイズ規制に入る 4月08日
ハイレベル•パネル25から27バリ2013年3月 4月04日
バリ文化と観光は経済投資を促進する 4月03日
インドネシアのスマトラ島とカリマンタン島(ボルネオ島)における野生のオランウータン 4月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.