ジャカルタ観光 その2

ジャカルタ観光 その2
INDONESIA TODAY 46

ジャカルタ観光  あれこれ

タマン・ミニ・インドネシア

タ マン・ミニ・インドネシア・インダー(TMII)は、東ジャカルタ に位置する 娯楽パーク である。およそ 250ヘクタール の面積を 誇る。 このパークにある パビリオンにより インドネシアの 様々な 行政区の 日常生活を 収集された 建築物や 衣装、ダンスで惜しみなく 知ることができ、インドネシア文化 の 概観を 知ることができる 作りになっている。 それ 以外にも、パーク中央には インドネシアの 島々の ミニチュアがある 湖があり、ケーブルカー、博物館、 Imax Keong Emas映画館、我が祖国劇場と 呼ばれている 劇場などが、TMIIをもっとも 人気のある 娯楽施設としているのだ。

小規模で インドネシアを表現する というアイデアは、元 インドネシア大統領夫人 スハルト によって 考案されたものだ。TMII は 当初 145ヘクタール の 農地 であっ たが、後に 開発チームは この土地 を建設に 適した 場所に 作り変えることに 成功。 TMIIの地形は 丘陵になっており、まさに 建築業者が 必要としたものと 一致していた という。 この 丘陵地形を 利用するという アイデアが、興味深く 多様な 景色を 作り出し、また様々な 面を 携えた インドネシアをも 反映することも できるのだと 開発チームは 主張したのであった。インドネシアの それぞ れの 行政区が 独自の ユニークな 住居、衣装と方言を 持っているため、TMIIはインドネシアの 行政区から それぞれの モデル住居 を作り上げた。TMII は 様々 な 地方の 住居を 再建するだけでなく、インドネシアの 様々な 人々の 環境自体も 作り上げたのだ。湖に浮かぶ インドネシアの島々の ミニチュアに沿って それらをう まく配置していったのである。種々多用な 伝統衣装、結婚式衣装、ダンスコスチューム、また 武器といった 民族学品と 日常生活で用いられる 道具類も 展示してい る。伝統建築の モデルには その人々の 生活様式を 説明する パネルを 設置。それぞれの パビリオンには 小ステージ を用意し、日曜日には 伝統的な ダンス・パフォー マンス や音楽演奏の 催し物が 開かれる。いくつかの パビリオンには、伝統的な インドネシア料理を 堪能できる レストランや、工芸品や Tシャツ、記念品を 販売す る 店舗 が入っている。

コタトゥア・ジャカルタ

ジャカルタ観光、インドネシアコ タトゥア・ジャカルタはジャカルタにある小地域だ。オールド・ジャカルタ、オールド・バタヴィアとしても知られており、北ジャカルタと西ジャカルタの 1.3平方キロに渡る広さである。コタは都市を意味するインドネシア語でで、16世紀の植民地時代にはこのコタの外はただ村、畑、田んぼが広がっているの みであった。ほとんどの中国人はコタ中心部のグロドッ地区に住み着いた。

16 世紀のヨーロッパの水夫たちに「アジアの宝石」「東の女王」 と言われたオールド・ジャカルタ、またバタヴィアはその名の通り、良い立地条件と大量の資源によって、かつては全大陸の商業中心地だったのだ。バタヴィア の住民は、「バタヴィア人」と呼ばれ、後に様々な民族との混血人であるブタウィ人として人々に知られていくことになる。コタツア, ジャカルタツアー情報

1635年 に、チリウン川の西川縁の方に、元ジャヤカルタがあった場所にコタは拡大されていく。コタは、要塞用壁と運河を完備したヨーロッパはオランダのスタイルで 設計された。運河によってコタは幾つかの区画になっていく。バタヴィアのコタは1650年にめでたく完成、そして東インド諸島の市場本部になる。しかし劣 悪な衛生状態のため、都市壁内で熱帯病が大流行。そして1835年と1870年にも再流行したためコタは手狭になり、今度は南にあるベルターレーデン(現 在の独立広場付近)へと拡大していく。コタは後にオランダ統治の中心部となった。1942年の日本帝国統治中、バタヴィアはジャカルタと名称変更が行わ れ、今もインドネシアの首都として機能しているわけである。

972 年、ジャカルタ知事アリ・サディキンはジャカルタ・コタ区域を正式な文化遺産区域にするという法令を提出。この知事の決定で、コタのルート構造や、少なく ともその跡地を保存する必要が生じた。しかし今もなお放置されるがままになっているのが現状である。この法令を喜ぶ大多数がいる中で、オランダ統治時代の 遺産の保護や保存に実際乗り出す者は多くはない。

バリ島ニュース – 2013年04月

海上高速道路、地下トンネル、空港プロジェクト 2013年6月に完成 4月30日
バリで海草シンポジウム 50カ国が出席 4月29日
ジャカルタ観光 その2 4月27日
ジャカルタ観光 4月26日
アメリカとオーストラリア軍 バンドゥン製の弾薬を使用 4月25日
政府が3つのガソリン値上げ指針を準備 4月22日
インドネシアとデンマーク協力関係強化 4月19日
シティリンク ガルーダインドネシア傘下の格安航空 4月18日
日本からの投資簡易化 -日本はインドネシアにとって重要-4月17日
パリマラソンでインドネシア観光をアピール 4月16日
インドネシアの若い世代 外国語習得に意欲 4月15日
インドネシアはスペインの注目の的 4月11日
2014年のインドネシア経済成長目標は6,9% 4月10日
インドネシア中央銀行新総裁アグス・マルトワルドジョ 4月09日
米国フランチャイズ10店はインドネシアの新フランチャイズ規制に入る 4月08日
ハイレベル•パネル25から27バリ2013年3月 4月04日
バリ文化と観光は経済投資を促進する 4月03日
インドネシアのスマトラ島とカリマンタン島(ボルネオ島)における野生のオランウータン 4月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.