コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート

コモド空港へ ガルーダインドネシア航空 新ルート
INDONESIA TODAY

ガルーダ・インドネシア 株式公開会社は、一般には ガルーダインドネシア航空 として知られており、インドネシアが 誇る存在だ。ガルーダという 名前はヒンドゥ神話に出てくる 巨大な鳥から取られている。ガルーダ・インドネシアは ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港を 拠点にしている。この航空会社は 東南アジア、東アジア、中東、ヨーロッパ、オーストラリアに 就航しており、その拠点が スカルノハッタ空港とハブ空港である バリのングラライ 空港である。ガルーダ・インドネシアは シーゲーム 2011のオフィシャルスポンサー、現在は リバプールFCのオフィシャル 航空会社であり、IATA運用安全監査 (IOSA)を2008年と 2010年に授与している。2012年には LCC子会社シティリンクを 生み出している。
ガルーダ・インドネシア株式会社は バリから東ヌサトゥンガラ(NTT)、コモド(ラブアンバジョ)、エンデ、タンボラカへ 新ルートを就航する予定だ。2013年12月 ガルーダ・インドネシアはバリのングラライ空港から ラブアンバジョのコモド空港と エンデ空港への日帰りフライトを 就航させる。今日ガルーダ・インドネシア 副社長が発表した。

ガルーダはコモドに飛ぶ

コモド空港、ガルーダ航空、ニュースコモド空港はインドネシア東 ヌサトゥンガラ県のフローレス島ラブアンバジョ 市近郊にある空港だ。空港の名前の 由来は、コモドドラゴン 生息地のコモド国立公園から 近い観光出発点が ラブアンバジョだからである。この空港は 海抜20メートルに位置し、幅30メートル長さ1650メートルの17/35アスファルト滑走路がある。2013年9月に滑走路は2150メートルに 延長された。小さな漁港町 だったフローレスの ラブアンバジョは今や 観光地として活気付いている。ここは コモドドラゴンのいる コモド島やリンチャ島に 行くための 出発点となる。コモドドラゴン以外では 最高のマリンライフが楽しめる。コモド群島は ダイバーやシュノーケリングを する者には天国のような 場所だ。コモド島から一時間の距離の島々は ダイビングとシュノーケリングをする 機会を提供してくれる。その島々とは、ビダダリ島、スラヤ島、サボロ島、カナワとスバユル島だ。リンチャ島から 一番近い島はカロン島で、オオコウモリの 棲家で、遠くまで飛んでいく姿を 目にするコとこができる。
コモドドラゴン、コモド、コモドナショナルパーク地元民と 観光客のバリ、東ヌサトゥンガラ間の 移動ポテンシャルは高く、特にコモド国立公園と鏡岩を含むエキゾチックな観光地がある西マンガライ県がそうだ。フライトへの 要望が増加したこと以外に、ガルーダ・インドネシアは同じルートを 持つ他の航空会社よりも良いサービスを 提供するとしている。初就航は2013年12月3日にATR-70/600型飛行機により行われる。このサービスによって国内外からの 観光客が、特に西マンガライとコモド群島に来ることが期待されている。
ガルーダ・インドネシアは西マンガライへ就航することで、国内はもとより海外観光客が増加する。というのはエキゾチックな景観と、外国での知名度があるからである。一方、西マンガライ副市長はバリまでの新ルートを開いたガルーダ・インドネシアを温かく迎えた。
西マンガライ地方政府はガルーダ就航を喜んで支持し、地元民も利用する気でいっぱいである。観光地としての我々の地域が進歩するための良い影響になるだろう。バリ、ラブアンバジョ及びコモドまでのフライトは乗客に満足のいくサービスを提供してくれる。このフライトをガルーダ・インドネシアが決定する前にはフライトに関する情報は一切なかった。そのため人々はコモド空港に到着した時点で心配していた。この経験から、ガルーダ・インドネシアは毎日就航することを決定したのであった。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.