クタ・アート・クロマティックはローカルアーティストを結集

バリ現代美術 として
クタ・アート・クロマティックはローカルアーティストを結集
INDONESIA TODAY

ウブド、サヌール、バトゥアンの村々は バリ現代美術 の発展を指導しており、クタの観光地に 独自のユニークな歴史を 持っている。1970年代から人気 サーフィンスポットとして有名な 白い砂浜ビーチや感動的な 夕焼けに加え、有名な主要地域は 現在、ショップ、ホテル、レストラン、バーなどが立ち並ぶ 商業地域である。訪問者は大抵、喜ばれる 芸術的な事柄に捧げられている ダイナミックでクリエイティブな コミュニティがある事に 気が付いていない。

クタ、レギャン、スミニャックは、価値があると 見なされず観光客から見過 ごされがちな、様々な商業美術を 販売しているショップが所狭しと 立ち並ぶ。またあまり気付かれていないが、クタには1990年代に 設立した活発なローカル現代美術の コミュニティが存在する。

クタ・アート・クロマティック展

バリ島ニュース, クタ・アート, アート・クロマティック展ウブドとサヌールには、似せて作られた 現代バリの伝統芸術だけでなく、芸術の豊かさを 人々に伝えるため備えられた いくつかのポイントがある。この地域や バリで芸術をサポートするインフラ不足がもたらす 課題に対処するための取り組みの中、2013年12月30日に クタ・アート・クロマティック展は オープンした。

イベントは年に2回開催され、観光客の 注目を集めるだけでなくクタ住民と 一般のため、より開かれた芸術活動を 提供し、大多数の人にとって 貴重な貢献をするために、エキスパートやローカル 芸術家にとって 絶えずプラットフォームであることを 目指している。

クタサンセット, クタ・アート, アート・クロマティック展地域としては 過去数十年間一貫して数々のアートギャラリーを 有していたが、展示会を含め地域社会に 十分に貢献しておらず、全体的に 排他的現代美術の 流行トレンドに対する 貢献のみと見なされてきた。

クタ・アート・クロマティックは、ラヤスミニャック通りの ビンタンスーパーマーケットの横に位置する 大きな会場アラス・アルムに 整えられ、絵画、彫刻、インスタレーション、ビデオアート、写真、スケッチ、グラフィック デザイン、壁画、最新 メディアなど、130名以上の 地元芸術家の作品を 結集させた。オープニングの夜は、アートとライブ 音楽演奏を伴って、ローカルアーティスト コミュニティとゲストが出席した。

イベント期間中、絵画美術用 モデルとスケッチの提示による 展示会や、現代フォトグラファーのバリ有数の 集団による通りの写真撮影などの 活動が行われた。
特に興味深いのは、1月11日にクウェテルの ベンタラ文化カルチャーセンターで 開催された現代アート碑文の ワークショップである。バリの芸術作家と 地元の芸大生の人数には 現在大きな不足があるため、こうしたワークショップの 重要性を軽視できない。 バリ芸術のインフラ中 「ギャップを埋める」ためのクタ・アート・クロマティックの 賢明な取り組みは 特別な賛辞に値する。 クタ・アート・クロマティック 現代美術展は、2014年1月26日まで 開催される。

バリ島ニュース – 2014年01月

出資者がサンゴ礁の保護を計画 01月31日
バリは国内で世界の観光プロモーションを準備 01月29日
バリはカラフルな中国旧正月を準備 01月28日
バリ州知事、バリ住民のための健康保険をカバーするため誓約 01月27日
クタ・アート・クロマティックはローカルアーティストを結集 01月23日
ヌサペニダは海洋保全省を取得 01月22日
バリの観光地見本プロジェクトとして選ばれた地域 01月20日
バリの新地域で高級ホテルとヴィラがターゲット 01月17日
バリ観光地としての100の村 01月15日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.