オーストラリア APEC 2013でインドネシアを支持

オーストラリア APEC 2013でインドネシアを支持
INDONESIA TODAY

オーストラリアは 10月にグローバル化エンジンと化した強力な アジア太平洋を テーマにした アジア太平洋経済協力会議2013 において、インドネシアを 優先 的に支持する意向を示した。在インドネシアの オーストラリア大使 グレッグ・モリアーティ氏は、あるインタビューで インドネシアがAPEC 加盟国内にて開け た自由な 商取引ができるようになるという 目的を達成できるよう オーストラリアは 支持すると述べた。インドネシアは 既にこの何年間かの間に、経済発展を通し て、また 生産性のある大きな 経済繁栄の中で 何百万という貧困層の人々を 救い出すことに 大成功を収めているのだ。

apec 2013, アジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力会議2013 会議は多忙な議題と 受け止められており、オーストラリアからの 使者はスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領が 会議を非常に実りの 多いものにし得るだろうと語った。グレッグ・ モリアーティ氏は既に、 インドネシアが アジア太平洋の グローバル化エンジンで あるというテーマに 基づいて3つの プライオリティを 確認してい る。モリアーティ氏は 多くの点でユドヨノ大統領が アジア太平洋地域を APECにおいて非常に 大きな役割を 担っているものとして 見たいとしているのではない かと 考えている。
オーストラリア が すべての議題を 強く支持しているのは、この地域での 商取引と投資開始が 安定性のある繁栄を生み、何百万もの 人々を貧困層から抜け出させることが できると 考えているからだ。インドネシアは既に この何年間かの間に、 経済発展を通して、また生産性の ある大きな経済繁栄の中で 何百万という貧困層の 人々を救い出すことに 大成功を納めているのだ。
インドネシア, オーストラリア, APEC 2013, オーストラリア APEC 2013オーストラリア政府は 他にも議論があるものの、 インドネシアの商取引について 優先的に集中したいとしている。またインドネシアと協力し、 インドネシアの地域を 発展させることも望んでいる。
インドネシアにとって 重要な連結性を 促進するために私たちが 再び焦点を合わせたのは インドネシアのインフラ建設と 投資、学生教育の遅れの 軽減、それをAPECの枠組みで 発展させていくことだ。ASEANの 論題及び東アジアサミットで既に 議論された事項の 優先順位である。
アジア太平洋経済協力会議2013
イ ンドネシアの 商取引優先を促進する他に、オーストラリアはまた インドネシアの経済発展と サ公益事業、それに金融市場と この地域のより一層の 統合に強い信頼  性を抱いている。というのも、オーストラリアは 現代の経済が 経済活動発展と 職場作りに大いに 依存しているからだ。APECは、インドネシアと オーストラリ アが 建設的に論題だけに 取り組むのではなく、目標達成い向け 相互に促進し合う 典型的な例と 言えよう。この二国は国連と 東アジアサミットで 協力し、強力な策 略上の 関係を築いていっている。

以 前この 二国の指導者たちは、商取引と 経済関係において中途半端で あるため、これらの点で 二国関係を 築き上げる必要性が あると述べていた。現在ではオースト ラリアとインドネシア間の 商取引は2010年時点と 比較して2011年には 15パーセント上昇しほぼ150億 オーストラリアドルとなっている。
イ ンドネシアは オーストラリアの12番目の 商取引パートナーであり、相互に 経済を補い合っている。オーストラリアと インドネシアはアジア 全域と太平洋地域の 経済発展での 繁栄において長年A PECで協力してきた 歴史がある。そしてもちろんインドネシアは経済発展と経済力アップにおいては地域で最も優勢である国 の見本である。
インドネシアが APEC年で ある間インドネシアと 協力する機会は 私たちにとって 重要である、というのは インドネシアは 機構を設立するのを 援助する上で大 変重要な役割を 演じているから であり、 ASEANと 東アジアサミットで 何年もの間 APECの論題を 作る上で 中心的な存在と なっていたからだ。オーストラリアも 現代をアジア時代と 呼べる だろうと 説明し、インドネシアの バリで 開催される APEC2013が 地域全体を 潤すものに なると述べた。

バリ島 ニュース –  2013年06月

FAO 賞はインドネシアの 宿題終了でない 6月28日
ハウスプレナリーは 改訂予算法案を 制定し 法律にする 6月27日
インドネシアは 飢餓克服に 成功する 6月25日
インドネシアは 潜水艦製造の インフラを 構築する 6月21日
アメリカ大使  アメリカとインドネシアの 軍事演習オープニングに 参加 6月20日
インドネシアは 森林と 海洋保護の指導を 期待される 6月19日
エアアジア・ カーゴ エミレーツ航空、 エティハド航空、バージン・アトランティック航空に 勝利 6月18日
インドネシア  ASEAN市場 にて9部門の 産業を優先する 方針 6月17日
バリは40万人の中国人観光客を目標にする 6月12日
インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性 6月04日
オーストラリア APEC2013でインドネシアを支持 6月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.